テスラの社長は、10年以内に航続800キロメートルのEVが出来ると考えているようです。

スポンサーリンク

FCVと電気自動車。どちらが次世代エコカーとなるのでしょうか。

テスラのイーロン・マスク、10年以内に航続距離800km以上のEVが登場すると発言
テスラ・モーターズのイーロン・マスクCEOが、明るい未来を予言してみせた。同社は現在、クロスオーバー電気自動車「モデルX」の生産に力を入れつつ、安価な(少なくとも「モデルS」に比べれば、だが)「モデル3」を今後2年以内に実現させる準備を整えている。そんな中、マスク氏は臆することなく大胆な未来予想を展開し、将来的な電気自動車が積むバッテリーについて嬉しい数字をはじき出した。
エコカー専門情報サイト『Green Car Reports』によれば、マスク氏は”バロンズ・インベストメント・カンファレンス”に出席した際、自動車業界は今後10年以内に1回の充電で500マイル(約805km)の距離を走れる電気自動車の発売を実現させるだろうと述べたという。モデルSの航続距離がEPA(米国環境保護庁)の検査値で最大265マイル(約426km)であることを考えると、かなり強気な発言に思える。だが、これに続いて、ゼネラルモーターズ副社長のマーク・ロイス氏も先日、2017年型のシボレー「Bolt(ボルト)」のリチウムイオン・バッテリーは1kWhあたり145ドル(約1万8,000円)になるとコメントしている。
テスラは、ネバダ州リノのギガファクトリーが稼働を開始すれば、バッテリーの生産コストを30%ほど下げられるとしている。リチウムイオン・バッテリーは、この20年間で、平均して年におよそ7%ずつ価格が低下してきた。これらの事実を踏まえると、価格は今後も下落傾向にあると見られ、2025年までに1kWhあたり100ドル以下になるというのは決して非現実的ではない。つまり、自動車メーカーは、現在の250マイル(約402km)が走行可能なバッテリーパックと同じコストで、2025年には航続距離500マイル(約805km)のクルマが生産できることになるのだ。この未来予想、ぜひとも当たることを期待しよう。

ソース: Engadget Japanese
そんなわけwと思いますが、考えてみると今から10年前は2005年です。
そうすると今、大抵の人が持っているであろうスマートフォンの走りである初代iphoneが発売されていない時代なんですよね。
まだパカパカケータイやスライドケータイなんかが主流の時代。
10年後には皆当時のノートPCレベルの端末を持っているなんて誰が考えたのでしょうか。
そのガラケーも、1995年から2005年でもんすっごい進化を遂げております。
ムーアの法則ってすごい。
更にそのスマホ、こんな記事があるぐらいです。→スマートフォンは5年以内に時代遅れになる?

スウェーデンのエリクソン社が40か国10万人に調査をしたところ、スマートフォンは5年以内に時代遅れなものになると考えていることが分った。
スマートフォンが抱える問題は、より大きなスクリーンで操作したいという要望で電池の消耗を防ぎたいという矛盾した要望を消費者が抱えていることにあるとエリクソン社は分析している。
多くのスマートフォンユーザーは、ウェアラブル端末や人工知能を備えた家電製品がスマートフォンに取って代わると考えている。調査の結果、44%の人は人工知能は先生のように優秀と考え、29%の人は健康状態について、医者に相談するよりも、人工知能に頼った方が快適だと答えている。

ソース:Blogos
そのスマートフォンも、ウェアラブル端末類に脅かされることとなるだろうとのこと。
……ウェアラブル端末っていまいち時計ぐらいしか思いつかないのですが
あれってどうなんですかね?画面めっちゃちっこくて使いにくそうです。
ランニングをするのでヘルスケア用に一つ買おうかな……なんかは思いますが
時計だとファッションとの兼ね合いもあるので難しい所であります。
静岡だと使う人なんていないし浮いちゃうしね。笑
煩わしさなんかも改良され、一気に普及する時が来るのでしょうか。
そう、iphoneならね。
EVの話に戻しまして、航続距離はモデルSが航続距離を500kmまで伸ばしたとはいえ→日本カーオブザイヤーが決まったようですね
800キロにはまだまだ遠く及びません。
現在のバッテリーの大量積み方法で800キロを目指すのか、他に方法を考えているのかわかりませんが
これから先の10年間で、一体どこまでこの差を縮め、価格が安くなるのか、楽しみですね。
以上、イーロンマスク氏のポジショントークでした。