新型BMW5シリーズセダンがリーク!7シリーズの自動運転技術も採用決定へ!

スポンサーリンク

最近少しずつ薄くなってきたカモフラージュですが、遂にフルヌードの5シリーズがリークされたようです。

以前記事としました、BMW5シリーズのスパイショット画像。こちらは先月でしたが、ガッチガチにマスキングで隠されていましたね。

次期型BMW5シリーズがスパイショット!
なにげに現行型かは2009年にデビューしております。そろそろ7年ですから、モデルチェンジの時期ですね。

少しずつマスキングが剥がされたスパイショットもリークされるようになりましたが、フロントマスクとリアデザインは完璧にマスキングされており、見ることができませんでした。10月半ばにワールドプレミアするためです。

そんなBMW5シリーズですが、どうやら新デザインのエクステリアとインテリアをリークされたようです……。

現行の主要諸元表及びデザイン

主要諸元表

現行の主要諸元表は以下の通りとなります。

sc0001

サイズは現行と次期型、ほぼ同等となるとのことです。

現行のデザイン

デザインは以下の通りとなります。

wallpaper-07-5-series-sedan-1920-1200-jpg-asset-1428667930782

wallpaper-11-5-series-sedan-1920-1200-jpg-asset-1428667934453

wallpaper-14-5-series-sedan-1920-1200-jpg-asset-1428667933941

マイナーチェンジを繰り返し古臭さを感じさせないように調整しているとは言え、このデザインはとてもじゃありませんが2009年に作られたデザインではありませんね……。BMWはデザインにおいて時代を先取りしています。

このデザインが新型BMW5シリーズと言われても信じてしまいそうです。

新型BMW5シリーズのリーク画像

リーク画像はこちらになります。

bmw-5-series-2017-205 bmw-5-series-2017-1 bmw-5-series-2017-3 bmw-5-series-2017-4

ナンバリング部分が潰れているので分かりませんが、4ドアセダン型でありながら3シリーズでも7シリーズでもないようですしこちらが新型5シリーズである可能性が高そうです。

現行との比較

ドイツ御三家はフルモデルチェンジをしたとしてもエクステリアは大きく変えず、最終モデルイヤーに近いデザインを新型に搭載させる風習が有ります。

大きく変えてしまうと一気に古くなってしまうので、少しずつ変化させることでいつ買っても古くないプレミアムブランドを購入できるという仕組みですね。

最終モデルイヤーとの比較は以下のとおりです。

bmw-5-series-2017-205 sc0001

横に並べますと、大きな違いが分かりますね。

新型はキドニーグリルが大きくなり、太いメッキで囲われており、センターエアーダクトの形状が異なるので表情が変化しています。

やはりといいますか、新型5シリーズは7シリーズの影響を色濃く搭載しています。

まずはフラグシップモデルの7シリーズから、トップダウンのように5シリーズ、3シリーズと搭載していくのでしょうね。

g11_g12_gallery_5-jpg-asset-1474369061601 g11_g12_gallery_17-jpg-asset-1474369602551

(7シリーズ)

概要

G30とコードネームの付けられた5シリーズが遂にリークされた!

2017年にデビューするとされている、G30がワールドプレミア前にリークされました。

2013年にコンセプトカーとして作成されたGran Lusso Coupéを現代的、かつ5シリーズに合わせてアレンジしたもののようなデザインです。

また、7シリーズに比べてサイズ的・傾斜をつけることで、よりスポーディなデザインへとアレンジされています。

ダッシュボードは良いか悪いかーーー7シリーズと酷似しています。7シリーズと同様のインフォテイメントシステムが導入されていると考えられますね。

car scoopより

次期型5シリーズには半自動運転技術も搭載!

レスポンスより、このような記事が公開されました。

BMW 5シリーズ セダン新型、自動運転機能を採用へ

BMWが10月13日、欧州で発表する新型『5シリーズ セダン』。同車に、自動運転機能が採用されることが判明した。

これは10月9日、BMWが公式Twitterページで明らかにしたもの。BMWは「新型5シリーズセダンに、自動運転機能が搭載される」と発表している。

すでに、BMWは新型『7シリーズ』において、自動駐車機能を実用化済み。新型5シリーズセダンの自動運転機能は、主に高速道路でドライバーに代わって、ステアリングホイールやブレーキ、アクセルの操作を行う部分的な自動運転システムになるもよう。

競合するメルセデスベンツは、新型『Eクラスセダン』に、「ドライブパイロット」を初搭載。混雑時や高速道路での渋滞時、自動運転によりドライバーにかかる負担を軽減する技術を導入している。
responseより

去年ワールドプレミアしたEクラスを強く意識した自動運転技術を搭載するようですね。

デトロイトモーターショーにて新型Eクラスがワールドプレミアしたようですが、苦しんでいる様子ですね。
最近、異常なスピードだなあと感じる所はありました。 それは私よりもメーカーのほうが遥かに厳しかったのでしょう。 車は命を預けるものであり...

高級車限定と思いきや、ほぼ同等の技術を日産は量販車かつ低価格で実現しています。

日産、プロパイロットを搭載した新型セレナを販売開始!金額は231万円~!
思った以上に安いです。日産の意気込みを感じますね。

BMW5シリーズがワールドプレミアするのは明日の予定です。

追って追記、もしくは記事とします。