ENEOSガソリンカードを徹底分析!ガソリン代はまだまだ安くなるかも?

スポンサーリンク

ENEOSカードというカードがあります。

ENEOSスタンドで給油するとき、カードの特徴次第で数円引きしてくれる特典があります。

更にすべてのカードにロードサービスが自動付帯されます。

ENEOSといえば、日本中どこを見てもあるスタンドですよね。

それもそのはず、ENEOSは国内店舗数No1の会社なのです!

国内でどこでもENEOSがあるというのは安心できますね^^

sc0005

また、本ブログを見てくださっている方々は高速道路をよく使う人も多いと思います。

高速道路を使うのなら、ETCを使うことでスピーディでかつ、割引もあります。

しかも、実質年会費無料で使えるカードには珍しく、ETCカードもなんと無料です!!

日本中どこにでもあるガソリンスタンドの割引が受けられて、ETCやロードサービスが無料で使える……。

車に乗る人なら、今すぐ持たなければ損となるカードであるといえます。

ENEOSカードの特徴は?どれだけ安くなるの?

ENEOSカードは、3種類のカードに分かれていて、それぞれ割引率が異なります。

それぞれの特徴は以下の通りです。

sc0001

これだけ見るとCが一番オトクで、Sが一番損しちゃうんじゃないの?と思うかもしれません。

しかしそれぞれ個性があり、給油量が少ない人から多い人までカバーできるようになっています。

ENEOSカードCENEOSカードPENEOSカードS
年会費
  • 本人会員/1,250円(税抜き/初年度無料)
  • 本人会員/1,250円(税抜き/初年度無料)
  • 本人会員/1,250円(税抜き/初年度無料)
  • 年1回以上利用で次年度年会費無料
 割引額1リッター/1~7円
※給油量によって変動
 1リッター/3%還元 1リッター/2円引き

この通り、割引額はCやPが多く、Sは年会費が実質的にいつまでも無料です。

Sは万人にとって便利ですが、たくさん使う人はCやPがいいということですね。

Cの割引額は、以下のようになります。

sc0001

ある程度給油する人なんかは、ENEOSカードCがいいかもしれませんね。

自分がどれだけオトクになるかわからない!という人は、カード診断が用意されているのでこちらを使ってみるとわかりやすいと思います。

なお、私がざっと計算するとENEOSカードPがENEOSカードSよりも安くなるためには

1リッター辺り120円として、年間758リッター給油すればオトクになります。

変動もありますから、余裕を持って年間800リッターも使えばENEOSカードPのほうがオトクです。

年間800リッターですと、一月67リッターです。

2台以上の世帯や、趣味がドライブの人はあっという間に使っちゃいますね^^

gahag-0026713350-1

他にどういった特典があるの?

ロードサービスが無料!

私がENEOSカードをイチオシする理由は、なんといってもロードサービスが無料であることです!

普通、ロードサービスは有料です。保険会社がたまに付帯してくれているぐらいでしょうか。

そんな中、無料で使えるENEOSカードはなんとロードサービスが無料!!

全国9600箇所の出動拠点とネットワークで、なんと連絡してから30分~1時間で到着します!

すぐに駆けつけてくれる無料のロードサービスがあるなんて、ガソリンを入れるだけでオトクになるのに申し訳なくなってしまいますね^^

サービス内容は以下の通りです。

サービス項目サービス内容ENEOSロードサービス
レッカーサービス※1レッカー車による移動10km までは無料
路上修理(30分以内)キー閉じ込み開錠サービス30分以内は無料
バッテリージャンピング
タイヤパンク時の交換作業
落輪時の引き上げ作業※2
ガス欠時給油作業
その他30分以内の作業

「カーコンビニ倶楽部」で愛車のキズ・ヘコミの修理費用が5%割引!

車を運転していると、不可避な事故や、飛び石によるキズやヘコミが目立ってきますよね。

愛車が傷ついているところを見ると、車好きでしたら誰でも悲しいです……。

そんなキズやヘコミも、ENEOSカードがあればカーコンビニ倶楽部で修理費が割引されます!

carcon_2

どれだけ気をつけていても、キズやヘコミは回避できない場合もあります。

そんな修理も安くしてくれるなんて、うれしいですね^^

レンタカー優待もあり!

このブログの読者の方々は、大抵自分の愛車を持っていると思います。

ですがなれない雪道に行くとき、いくらスタッドレスタイヤを装備しているとはしても2WDじゃ怖いですよね?

でも1年に2,3回しか行かないスノースポーツのために4WDにするのはなあ……。タイヤだって場所もお金もかさばるし……。

ですから私は、スノーボードをする時はいつもレンタカーを借りています!

ENEOSカードなら、全国約800ヵ所のオリックスのレンタカーネットワーク〈オリックスレンタカー、レンタカージャパレン、エックスレンタカー〉で10%割引のご優待が受けられます!

全国800箇所もあるなら、自分の家の近くにもありそうですね^^

レンナビなら、最安値も調べることも出来ますよ^^

私のように、目的別にレンタカーを利用したい人にはありがたい優待ですね^^

ポイントはどうやって使うの?

ENEOSカードPや、一般加盟店で利用した場合にポイントがたまります。

ポイントは、1P=1円でキャッシュバックされます!

ENEOSカードPの場合には、1リッター辺り3ポイント付与されます。

1リッター辺り120円の場合には、なんと2.5%の超還元率となります!

ほとんどのクレジットカードが0.5%である中、ENEOSカードPはなんと5倍もオトクになっているわけですね^^

デメリットはないの?

ENEOSカードPとENEOSカードCは必ず年会費が発生します。

ENEOSカードSは前年度に一度も使わなければ年会費が発生します。

年会費は1250円+税となりますから、あまり使わない人はENEOSカードSを選べば値引き+ロードサービス+優待を無料でうけることが出来ますね^^

まとめ

ENEOSカードの素晴らしさがわかっていただけたと思います。

クレジットカードは怖い…という方も、これを機に始めてみてはいかがでしょうか。

私も初めてのクレジットカードはENEOSカードSで、ドキドキしながらネットから応募しました。(笑)

色々クレジットカードを使い分けており、解約、契約を繰り返していますがENEOSカードSはその優秀さから、今でも手放せないカードです!

スポンサーリンク