2018年新型自動車モデルチェンジ最新情報まとめ

シェアする

※文字数が多いため上記の目次をご利用ください。

昨今ではどのメーカーも大ブームのSUVやコンパクトクロスオーバーSUVが数多くリリースしラインナップを拡充しています。

また、売れ筋商品のモデルサイクルを短くし早めにフルモデルチェンジやマイナーチェンジを行っており、より競争が激化していますね。

本記事では2018年にモデルチェンジ・年次改良されるスケジュールをご紹介します♪

また、2019年に行われるモデルチェンジ一覧、2020年に行われるモデルチェンジ一覧のページも更新しています。

こちらも合わせてご覧ください♪

それでは改めて2018年に行われるフルモデルチェンジ・マイナーチェンジ・年次改良される車種を見ていきましょう。

スズキ新型ソリオ ソリオバンディットが2018年8月マイナーチェンジ

スズキ新型ソリオ ソリオバンディットのカラー

スズキ新型ソリオ、ソリオバンディットが2018年8月マイナーチェンジとなります。

初のマイナーチェンジとなることから様々なアップデートが予定されており、デザインの変更、カラーの変更、利便性向上と大規模なマイナーチェンジとなります。

昨今では軽ハイトールワゴンの勢いが増す中、スズキ新型ソリオではどういったアプローチが出来るのでしょうか?

マツダ新型デミオが2018年8月マイナーチェンジ

マツダ新型デミオ ノーブルクリムゾンの画像

マツダ新型デミオが2018年8月マイナーチェンジとなります。

今回のマイナーチェンジは初の大規模なマイナーチェンジとなり、ガソリンエンジンの排気量の変更やデザインの変更が行われる模様です。

デザインの変更があるとは言え現在のマツダデミオのデザインに対する評価は非常に高いことから大きな変更は無いと言われています。

トヨタ新型シエンタが2018年9月マイナーチェンジ

トヨタシエンタの画像

トヨタ新型シエンタが2018年9月マイナーチェンジとなります。

トヨタ新型シエンタではデザインの変更やボディカラーの変更といった、目に見えてわかりやすいマイナーチェンジ内容となるでしょう。

また、インテリアにも様々な変更が行われる予定であり、非常に大規模なマイナーチェンジとなります。

トヨタ新型プリウスが2018年9月マイナーチェンジ

トヨタプリウス

トヨタ新型プリウスが2018年9月マイナーチェンジとなります。

トヨタ新型プリウスではエクステリアデザインが一新され、トヨタプリウスPHVのようなデザインへと変更される予定です。

また、最新鋭のトヨタセーフティセンスへと代替され全車速対応型ACCの他、レーンキープアシストといった先進運転支援システムがアップデートされるでしょう。

トヨタプリウスも発売されてはやくも3年です。どのようなデザインとなるのか楽しみですね♪

三菱新型アウトランダーが2018年夏マイナーチェンジ

三菱新型アウトランダーのデザイン

三菱新型アウトランダーが2018年夏頃マイナーチェンジとなります。

三菱新型アウトランダーでは主にPHEVのシステムや4WD制御に大きな変更が行われ、バッテリー容量が大きくなり、雪上でも駆け抜けることの出来るモデルへと変更されます。

走る楽しさや運転操舵性にも手入れが行われており、ドライビング能力を中心に大幅なアップデートが行われる予定です。

また、わずかにデザインが手直しされより精悍なデザインへと変更されました。

ベンツ新型Aクラスが2018年夏フルモデルチェンジ

現行Aクラス

ベンツ新型Aクラスが2018年夏頃フルモデルチェンジとなります。

ベンツ新型Aクラスでは高級コンパクトカーらしく、素晴らしく先進的なインテリア”MBUX”が搭載されます。

また、エクステリアデザインも新しいベンツデザインへと変更され、スポーディかつ高級感あふれるデザインへと変更されプレミアムコンパクトカーを牽引するモデルとなりそうですね。

ホンダ新型CR-Vが2018年8月国内販売再開

ホンダ新型CR-Vのデザイン画像

ホンダ新型CR-Vが2018年8月にフルモデルチェンジし国内販売が再開します。

ホンダCR-Vは2016年に一旦モデル廃止となったものの、フルモデルチェンジを機に国内販売が再開となりました。

ホンダ新型CR-Vは新型ハイブリッドとダウンサイジングターボエンジンを搭載し、スキのないエンジンを採用しています。

また、ホンダ新型CR-Vは持ち前の広さを活かして5人乗りモデル他、7人乗りモデルも国内販売されます。

スズキ新型アルトが2018年9月マイナーチェンジ

スズキ新型アルトの画像

スズキ新型アルトが2018年9月マイナーチェンジ予定です。

スズキ新型アルトではデザインの変更といった目に見えてわかるような変更点はないものの、
セーフティサポートの採用や3D全方位モニターパッケージが搭載される情報が入っています。

格安軽自動車でありながらハイテクを両立させる日本を代表する一つの車となりそうですね。

スバル新型XVが2018年下旬マイナーチェンジ

スバルXVのマイナーチェンジ

スバル新型XVが2018年下旬マイナーチェンジとなります。

スバル新型XVはマイナーチェンジを行うものの、発売して1年ということもありデザインに大きな変更はありません。

しかしながら”E-BOXER”ハイブリッドエンジンの追加やアイサイトツーリングアシストの搭載等、中身以外に大きなテコ入れが行われます!

果たしてスバルの新型ハイブリッドエンジンはどのような性能なのでしょうか?楽しみなマイナーチェンジですね♪

アウディ新型A1が2018年下旬フルモデルチェンジ

現行型アウディA1

アウディ新型A1が2018年下旬フルモデルチェンジとなります。

アウディ新型A1では、兄弟車であるVWポロと共通のプラットフォームやエンジンが搭載されます。

一方エクステリアデザインやインテリアデザインは大きく変更され、雰囲気が大きく変わることになるでしょう。

トヨタ新型カローラが2018年下旬フルモデルチェンジ

トヨタ新型カローラ サイズ

トヨタ新型カローラが2018年下頃フルモデルチェンジとなります。

トヨタ新型カローラではグローバル版カローラと統合するため、国内向けに5ナンバーサイズで抑えてきた過去と決別し3ナンバーサイズへと拡大します。

また、新型プラットフォームのTNGAを採用し全長・全幅・ホイールベースが拡大します。

デザインも他Cセグメントと劣らないデザインへと変更され、現在のトヨタカローラの印象を大きく変えるゲームチェンジャーとなるでしょう。

トヨタ新型プリウスαが2018年中頃フルモデルチェンジ

トヨタ プリウスα

トヨタ新型プリウスαが2018年中頃フルモデルチェンジとなります。

トヨタ新型プリウスαでは新型プラットフォームであるTNGAが採用される他、ハイブリッドエンジンもトヨタプリウスと共通のエンジンへと置き換えられます。

また、トヨタ新型プリウスαはトヨタのロールーフミニバンのラインナップを統合する車種となり、様々な特徴を引き継ぐことでしょう。

ダイハツ新型タント/タントカスタムが2018年下旬フルモデルチェンジ

ダイハツ タント デザイン

ダイハツ新型タント/タントカスタムが2018年下旬フルモデルチェンジとなります。

ダイハツ新型タントではプラットフォームが一新され軽量化される他、軽自動車初のフルハイブリッドが採用されます。

フルハイブリッドはトヨタプリウスのようにEV走行も可能ですから、燃費が跳ね上がると考えられるでしょう。

マツダ新型CX-5が2018年11月マイナーチェンジ

マツダ現行型CX-5の画像

マツダ新型CX-5のマイナーチェンジでは念願の直列4気筒2500ccガソリンターボエンジンが搭載され、素晴らしいスポーツ性能へとアップデートされるでしょう。

デザインに対する変更は現在のところ判明しておらず、これからが楽しみなマイナーチェンジですね。

マツダ新型CX-8が2018年11月マイナーチェンジ

マツダ新型CX-8

マツダ新型CX-8が2018年11月マイナーチェンジとなります。

マツダ新型CX-8はマツダ新型CX-5同様、2500ccガソリンターボエンジンが搭載される模様です。

マツダCX-8はディーゼルエンジンのみしかラインナップされていなかったため、ちょい乗りユーザーにとっても最高の選択肢となるでしょう。

マツダ新型CX-8のマイナーチェンジではデザインの変更はないとされているものの、2018年下半期において楽しみなマイナーチェンジのひとつです。

ホンダ新型ヴェゼルが2018年11月マイナーチェンジ

ホンダ新型ヴェゼルのデザイン

ホンダ新型ヴェゼルが2018年11月マイナーチェンジとなります。

ホンダ新型ヴェゼルでは新しく直列4気筒1500ccガソリンターボエンジンが搭載される模様です。

ハイブリッドエンジンに比べアグレッシブでパワフルにセッティングされ、新しいホンダヴェゼルの価値観を生むモデルとなりそうです。

三菱新型デリカD:5が2018年12月マイナーチェンジ

新型デリカD:5のデザイン画像

現在のところ確定的な発売時期ではないと考えられるものの、三菱新型デリカD:5が2018年12月マイナーチェンジ予定です。

確定的な発売時期でない理由は、三菱社内が非常に混乱しており自体が流動的となってしまっていることに由来します。

三菱新型デリカD:5はディーゼルエンジンと1500ccターボエンジンが搭載され、唯一無二のミニバンとして存在し続けるでしょう。

また、今回の三菱新型デリカD:5は三菱における最後の独自開発モデルとなります。

2019年以降に行われるモデルチェンジ情報

2019年に行われるモデルチェンジ一覧、2020年に行われるモデルチェンジ一覧のページも更新しています。

こちらも合わせて御覧ください♪