三菱とスズキの燃費確認試験が公表!まだ世に出ていない謎の車種も……?

スポンサーリンク

結構時間が経ちましたが、スズキと三菱の燃費確認試験が終わったようです。

これまでのまとめです。

今回の、三菱自動車の一連の動きについて。
こちらの続報です。 →三菱自動車が燃費問題でやらかした件について。 僕はてっきり今回は最終的に三菱自動車工業集団となって落ち着くとばかり...
スズキの燃費データ偽装問題ですが、何やらややこしいことになってきましたね
んー……。 これはどう反応すればよいのでしょうか?

これを受け、国土交通省主導で確認テストが終了したようです。

以下引用

国土交通省は8月30日、三菱自動車およびスズキの燃費不正を受け、自動車技術総合機構で実施した燃費・排出ガスの確認試験の結果を発表した。

確認試験は、三菱自動車の軽自動車4車種を除く現行車9車種21台と、スズキの現行車26車種28台を対象に実施。調査結果によると、スズキは26車種28台すべて車両で燃費値が諸元値を上回った。一方、三菱は8車種15台で燃費値等が諸元値に達していないことが確認された。

三菱のガソリン車で確認試験結果が諸元値をクリアしたのは、『アウトランダー』のみ。『ミラージュ』『RVR』『パジェロ』『デリカD:5』は諸元値に届かなかった。その中で諸元値と試験結果の乖離が最も大きかったのはRVR(3台中の1台)で、諸元値16.0km/リットルに対し、試験結果は14.6km/リットル、乖離率は8.8%だった。

またディーゼル車ではパジェロが諸元値を達成、デリカD:5は未達。『アウトランダーPHEV』は、CDレンジ(外部充電による電力を用いて走行可能な距離)やハイブリッド走行時の電力消費率などは諸元値を達成したが、ハイブリッド走行時の燃料消費率は未達。EVでは『i-MiEV』(2台中1台)と『ミニキャブMiEVトラック』の一充電走行距離が未達となった。

レスポンスより

詳細はこちらにあります。

三菱はクリアした車種が新型アウトランダーのガソリンとパジェロのディーゼルのみで、他の車種は全て引っかかっている状態です。アウトランダーもPHEVはひっかかっているようです。

なぜこのような結果となってしまったのでしょうか……。

その一方で、スズキは全ての燃費値が上回っている様子。

これからカタログを修正することになるのでしょうが、その費用はバカにならないでしょう。

以前通りがかったので見てみましたが、実際にスズキの相良テストコースは立地が丘の上であり、相良地区自体が海沿いで強烈に風が吹いている事は間違いないありません。

しかし法で定められている以上、それを違反していることは決して褒められることではないでしょう。本来であれば壁を作るなり場所を変えるなりするべきだったのだと思います。

ところで、口コミによるとソリオの欄に存在しないはずの型番があるようです。

sc0001

一番下のソリオです。

確かに型番で検索しても表示されませんね。

数値も通常のソリオよりも高く表示されております。

これはまさか、ストロングハイブリッドのソリオなのでしょうか……?