2017年北米カーオブザイヤーのノミネート車が発表されました

スポンサーリンク

マイバッハがあるのですが……。

北米カー・オブ・ザ・イヤー 2017のノミネート車43台が発表

北米カー/トラック/SUV・オブ・ザ・イヤー 2017のノミネート車、43台が発表された。

1994年以降、これまでピックアップトラックやクロスオーバー、SUV、商業用トラック、ミニバンが1つの同じ賞を競ってきた。そのため、昨年はボルボのSUV「XC90」日産のピックアップトラック「タイタンXD」のような奇妙な組み合わせが同じ部門で競い合うということもあった。そこで今回から、ピックアップトラックと商業用トラックを審査するトラック部門と、クロスオーバーSUVとミニバンを対象にしたSUV部門に分けて選考を行うことになったのだ。

ノミネートされたモデル名のリストを見ると、いくつか特徴的な点に気付く。まず、今年はその多くが高級車であるということだ。全43台のうち、ほぼ半数は高級ブランドである。

今後、3回にわたる選考が行われ、まずは9月に恒例のミシガン州ヘルで試乗が行われる。米国とカナダの自動車ジャーナリストが審査員を務め、12月6日に今年のファイナリスト9台(各カテゴリー3台ずつ)を発表する予定だ。

<乗用車部門>
アキュラ「NSX」
アルファロメオ「ジュリア」
アウディ「A4」
アウディ「R8」
ベントレー「ミュルザンヌ」
ビュイック「カスケーダ」
ビュイック「ラクロス」
キャデラック「CT6」
シボレー「ボルト」
シボレー「クルーズ」
フィアット「124スパイダー」
ジェネシス「G90」
ヒュンダイ「エラントラ」
インフィニティ「Q60」
ジャガー「XE」
起亜「カデンツァ」
リンカーン「コンチネンタル」
メルセデス・ベンツ「Eクラス」
メルセデス・ベンツ「S550 マイバッハ」
メルセデス・ベンツ「SLクラス」
メルセデス・ベンツ「SLCクラス」
BMW「MINI クラブマン」
三菱「ミラージュ」「ミラージュG4」
ポルシェ「718ボクスター」「718ケイマン」
ロールス・ロイス「ドーン」
トヨタ「ブリウス・プライム」
ボルボ「S90」

<SUV部門>
アウディ「Q7」
ベントレー「ベンテイガ」
ビュイック「エンビジョン」
キャデラック「XT5」
クライスラー「パシフィカ」
GMC「アカディア」
インフィニティ「QX30」
起亜「スポーテージ」
メルセデス・ベンツ「GLSクラス」
ジャガー「F-PACE」
マツダ「CX-9」
日産「アルマダ」

<トラック部門>

フォード「Fシリーズ スーパーデューティー」

フォード「F-150ラプター」

ホンダ「リッジライン」

日産「タイタン ハーフトン」

autoblogより

太字は日本車です。
北米……というかアメリカは販売台数的にピックアップトラック>SUVのイメージが強かったのですが
案外2016年に出たピックアップトラックの数は少ないですねえ。
北米でもそれだけSUVへとシフトしているのかもしれません。
ちなみに、前回の北米カーオブザイヤーはシビックでした。
この時には超売れ筋セダンのシボレー:マリブと世界中の注目を集めたロードスターと競っています。
シビックやロードスターが劣るわけではありませんが、あくまでも北米基準であるため
サイズやパワートレイン、GMグループという点でもマリブだろうなあ……と思っていましたがシビックの優勝。これは驚きました。
ロードスターは北米カーオブザイヤーでは惜しくも優勝を逃しましたが……。
アメリカの別のカーオブザイヤーを受賞しております。
この時のライバルはGLCとA4と、売れ筋中の売れ筋かつ高級車との対決でした。
肝いりでFMCしたロードスター、世界でしっかり評価されています。
流石ですね。
これから半年かけて絞られていき、最終的に12月に各部門3台、合計9台となるとのこと。
次は一体どこのメーカーになるのでしょうか。