北米ベストカートップ10が発表!なんと日本車が上位6種を独占!

スポンサーリンク

コンシューマーリポートにおけるセグメント別ベストカーが発表されました。

本リポートはセグメント別ですから、順位ごとに記載しているのではなくそのセグメント毎のベストチョイスとされている車が評価されております。

それでは見ていきましょう。

autoguideより、

スポンサーリンク

概要

コンシューマーリポートより、2016年に発売されたセグメント別ベストカーが発表されました。このリポートはこのスコアは、コンシューマー・レポートの4つの重要な柱であるロードテストのパフォーマンス、信頼性、オーナーの満足度、安全性からもたらされます。

パフォーマンスについては調査者が327点の評価対象を計測し、50回以上のテストによって計測されています。

各車両の信頼性は、50万台を超える車両の2016年の自動車調査で、加入者が実際に報告した問題に基づいています。

満足度については、調査対象所有者に対し「もう一度この車を買いたいか?」という質問に対しYESと答えた割合に基づいて所有者の満足度を評価します。

安全性は自動ブレーキシステムの能力によって判別されています。

1.ベストサブコンパクトカー:トヨタヤリスiA

サイオンiAはトヨタヤリスiAと変更され、マツダ2のOEMです。このモデルは信頼性は落ちるものの、ロードテストにおいてコンパクトカーで最も高い60点を記録しました。

スカイアクティブによる4気筒エンジンは非常にスムーズで、このセグメントにおいてあえてATを展開していることも加点されています。

2.ベストコンパクトカー:シボレークルーズ

シボレー:クルーズはコンパクトで非常にできが良いです。このセグメントのライバルはホンダシビックやトヨタカローラがあります。

ロードテストでは77点、ターボチャージャー付4気筒エンジンはかなりの高評価です。内装もコストパフォーマンスに優れていて、燃費もかなり良いのです。

3.ベストコンパクトハイブリッド:プリウス

このセグメントはプリウスしかないでしょう。その圧倒的な燃費性能は追随を許しません。

また驚くこともないですが、信頼性の点でも他車を圧倒しています。前世代に比べ大幅に運転性能が向上したからか、ロードテストにおけるスコアは75点を記録しました。

4.ベストスポーツカー:マツダロードスター

自動車愛好家達がロードスターを愛するのは理由があります。エンジン自体のパワーは控えめであるにも関わらず、そのエンジン、軽さ、パワーバランス全てにおいて完璧です。ロードスターのロードテストスコアは80点でした。

5.ベストミッドサイズセダン:キアオプティマ

このセグメントは最も人気な部類ですが、今年は珍しくアコードでもカムリでもありません。

コンシューマー・レポートは、オプティマの対応、安定した乗り心地、快適なパワートレイン、短い停止距離、使いやすいコントロール、広いバックシートなどの特長を生かしています。そのロードテストのスコアは86と高かったようです。

そして、Kiaの優れた信頼性と広範な保証範囲は、かつてアコードやカムリに支配されていたこのセグメントにおける王者になるかもしれません。

6.ベストラージセダン:シボレーインパラ

このセグメントはそもそも希少価値が高く、人気はあるのですが所有者は多くありません。ロードテストでは91点を記録しています。広々としたシートは非常に乗り心地が良いのです。そのサイズによって圧倒的な安全性を誇ります。

7.ベストスモールSUV:スバルフォレスター

スバルフォレスターは沢山の人において基準となるスモールSUVです。広いトランクや座席、燃費効率、高い信頼性。このセグメントはクーペ形状が多いのですが、あえて箱型にすることで窓のサイズを最大限広く、そして見通しの良い作りとなっています。アイサイトによって安全性が大幅に引き上げられています。 ※翻訳者注:ロードテストスコアは記載されておりませんでした。

8.ベストミッドサイズSUV:トヨタハイランダー

ハイランダーはいくつかの部門で最高の栄誉を獲得しています。ロードテストスコアは84と、SUV最高クラスです。高い信頼性、燃費効率、3列シート、広々としたシートとトランク。そして高い安全性能をもつ装置を全てのグレードに搭載していることも評価されています。

9.ベストラグジュアリSUV:アウディQ7

最も高いロードテストスコアをとりました。96点です。3列シートを備え、高い品質と高級製を惜しげもなく搭載されています。まるでロードノイズを受けること無く、シートは突き上げを感じず、最高級のアメニティを搭載しています。

10.ベストコンパクトピックアップトラック:ホンダリッジライン

ホンダはついにリッジラインをフルモデルチェンジさせました。非常に厳しいアップデートでしたが、ホンダはやり遂げて評価されています。ロードテストスコアは80点です。

ピックアップトラックでありながらまるでセダンのような乗り心地、小型なのにまるでミッドサイズのような広さを兼ね揃えています。

理由を見てますと、ロードテストスコアにはロードノイズや風切り音といったロードスターの弱点とも言えるポイントがあり、そこで大きくスコアを落としているようです。

但しスポーツカーにおいてロードテストスコアが80点は圧倒的な点数で、過去最高クラスのポイントであるとのこと。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする