トヨタグループから新発売される”タンク”、”ルーミー”、”トール”、”ジャスティ”まとめ!11/9に発売決定!

スポンサーリンク

2016/11/9 正式発表されました。

現在、Aセグメント車でのトールワゴンは、実質的にスズキのソリオに限られています。

マイルドハイブリッド搭載!スズキ 普通車 ソリオの車種情報ページです。普通車 ソリオの様々な情報がご覧いただけます。

ソリオの強みは軽自動車のようなコンパクトでありながら、背の高いワゴンであることで狭さを感じさせない車作りであることでしょう。

更にスライドドアを採用することで、ファミリー層に対する大きな訴求力となっていました。ギラギラしたBANDITもかっこよく、誰が乗っても自然な良い車ですね。

しかし、このソリオの独壇場は決して長く続かないようです。ついにトヨタグループ全体がソリオと徹底的にバッティングする車を発売するようです。

トヨタグループで発売って?

トヨタグループとは、トヨタ・ダイハツ・スバルの3乗用車メーカーの総称です。

つまりこれから発売される車は、トヨタ・ダイハツ・スバルでそれぞれ別の味付けが施されています。

食品で例えると、同じパスタでもカルボナーラ・明太子・ペペロンチーノといった具合ですね。(笑)

より多様性を持つことによって、まるで別の車でありながら共通の部品を共有するので、メーカーとしては仕入単価を下げる効果があります!

それではいよいよ、それぞれ発売される名前と画像を公開します!

トヨタで発売される新型トールワゴンのデザインと名前は?

トヨタで発売される新型トールワゴンの名前は、”ルーミー”、”タンク”です。

なんで2つついているのかというと、ルーミーはトヨタ店、カローラ店限定です。

トヨペット店、ネッツ店はタンクとなり、それぞれ別のデザインが搭載されるそうです!

残念ながら、現在はイラストしか公開されていないようです。

画像はこちら!

201611051049147fe

こちらの右下にある、リトルジャイアントというデザインコンセプトの車がルーミーで間違いないでしょう!

ツートンカラーで両側スライドドア、1.0リッターのバランスがよく、オシャレなジャストフィットな車ですね!

ダイハツで出る新型トールワゴンは?

ダイハツバージョンは、”トール”という名前で発売されます!そのままですね。(笑)

トールはなんとデザインが公開されています!

画像はこちらです!

20161025222630d9c 201610252226294ef

20161025222627500 20161025222626a7b

1枚めのデザインはカローラのようなデザインですね。

おそらくトヨタカローラで発売されるタイプに対しダイハツの味付けを行っているのでしょうね。

また、2枚めのデザインはルーミーのようなデザインです。こちらがソリオで言うところのBANDITなのでしょうね。

スバルで出る新型トールワゴンは?

スバルからでる新型トールワゴンの名前は、”ジャスティ”となります!

こちらもカタログ画像がすでに流出しております!画像はこちらです。

b3f4471b b59c8864 d1d0fc25

ジャスティはスバルのアイデンティティである、中島飛行機から引き継いだ飛行機の羽のようなデザインがグリルの横に施されていますね!

このエンブレムの左右にメッキを施すデザインは、新型インプレッサにも搭載されています。

新型インプレッサまとめ!価格、ボディカラーその他更新中!
2016/9/23 加筆しました。新型インプレッサのまとめです。

ヘキサゴングリルが搭載されていないのはOEMの都合でしょうね。(笑)

ジャスティ限定でインテリアも!

ジャスティのみ、カタログが完全にリークされたこともありインテリアも判明しております。

画像はこちら。

ed8b3bf1 a5d36659 182a84a6

カタログに表記されている価格も!

ab20c2bc d67383fd

カラー一覧!

リークされたカタログより、カラーが判明しました。

c26f09ec

ツートンも含め12色も存在します!

これなら同じ色を気にする必要もなさそうですね。

現在公開されているスペック情報のまとめ!

まず、1枚めの熊本トヨタからリークされた情報をまとめますと、

  • 燃費性能24.6km/L(JC08)
  • 最高ランクの衝突安全性能(スマートアシストⅡ)
  • コンパクトトップクラスの取り回しの良さ(最小回転半径4.6m)
  • 堂々迫力のスタイリングとワイド感
  • カスタムには細部までこだわった質感の高いインテリア
  • 多彩なシートアレンジ(ダイブイン可能なリヤシート)
  • 快適なドライブと心地良いくつろぎを提供する装備
  • 1.0Lの両側スライドドア

となります。1.0Lという点ではソリオよりも200cc少ないこととなりますが、税制は最も効率の良い税制となりますね!またターボグレードも存在するようです!

燃費については、熊本トヨタの情報に比べるとソリオのほうがマイルドハイブリッドが搭載されていることもあり3kmほど有利です。

諸元表

現在判明しているサイズやエンジンは以下のとおりです。

これらはそれぞれのブランドで違いはないでしょう。

  • 全長 3700mm
  • 全幅 1670mm
  • 全高 1740mm
  • ホイールベース 2500mm

エンジン

  • 1.0L直3気筒エンジン(NA)
  • 1.0L直3気筒ターボ(ターボ

1.0Lターボが果たしてどこまで訴求できるのかがカギとなりそうですね!

価格

リークされている情報によりますと、価格は以下の通りとなっています。

尚、以下の価格はトヨタのルーミーです。
2WD

  • X 146万3400円
  • X”S” 152万8200円
  • G 162万円
  • G”S” 168万4800円
  • G-T 183万6000円
  • カスタムG 177万1200円
  • カスタムG”S” 196万5600円
  • カスタムG-T 196万5600円
4WD
  • X 162万6200円
  • X”S” 170万1000円
  • G 179万2800円
  • G”S” 185万7600円
  • カスタムG 194万4000円
  • カスタムG”S” 200万8800円

価格帯は相当ソリオにぶつけております。

1.0リッターターボエンジンが強いか?1.2リッターマイルドハイブリッドが強いか?

気になるところですね。

見積書のリークも!

口コミサイトより、メーカーオプションの見積書のリークがありました。

c7cf4f11

いかがでしたでしょうか?

詳細は追って追記します。