トヨタ、サイオンブランドから撤退へ……。

スポンサーリンク

C-HRコンセプトがこの先生きのこるには。


2015年のデトロイトモーターショーにて、トヨタ内のブランドであるサイオンブランドでSUVのコンセプトカーがリリースされました。
米トヨタ内ブランドであるサイオン。デトロイトモーターショーにて、初のSUVを投入するようです

996312.jpg

トヨタ、米サイオンブランドの廃止を発表…13年の歴史に幕
トヨタ自動車は2月3日、米国の若者向けブランド、「サイオン」を廃止すると発表した。
サイオンブランドは、2003年に米国に設立。販売のピークは2006年で、年間17万3034台を売り上げた。以後、販売は減少傾向。2015年は、5万6167台にとどまっていた。
サイオンブランドの顧客の平均年齢は、36歳。トヨタによると、米国の自動車ブランドの顧客の年齢層としては、最も若いブランドであり続けてきたという。ブランド立ち上げから13年間の累計販売台数は、109万2675台と、100万台を突破。全体の70%の顧客が、トヨタ車は初めてで、全体の50%の顧客が35歳以下など、若い顧客へのアピールに一定の効果があったと、トヨタは分析する。
現行のサイオンラインナップは、2016年8月に導入する2017年モデルから、順次トヨタブランド車に変更。既存のサイオン車の顧客については、トヨタの販売店でサービスなどが受けられるよう、対応していく。
北米トヨタのジム・レンツCEOは、「これはサイオンにとって、後退ではない。トヨタにとって、前進だ」と述べている。

ソース:レスポンス
ご覧の有様だよ
というわけで、サイオンブランドがなくなりました。
サイオンブランドは特殊で、レクサスとは違い独自のディーラー網がなく、トヨタディーラーの中でサイオンブランドが併設されていたようです。
ラインナップはこちら
デミオのOEMセダン、カローラルミオン、オーリス、86、マークXの2ドアクーペ?
ここにこれからC-HRコンセプトがラインナップされる予定だったようですね。
流行のSUVが一台もなく、ピックアップトラックもなし、メッキ分も少ない小型車のみ……。
10年以上あるブランドにしては、正直このラインナップ……かなり弱いです。
どちらかと言うと日本のほうが向いているのではないかと思います。小型車多いですし。

全体の70%の顧客が、トヨタ車は初めてで、全体の50%の顧客が35歳以下など、若い顧客へのアピールに一定の効果があったと、トヨタは分析する。

この文章をそのまま読むとそれなりに若者への訴求力のあるブランドだったのではないのでしょうか。
販売台数は全然稼げなかったようですが……。
サイオンブランドは順次トヨタブランドへと変更されていくようです。
bBやカローラルミオンにサイオンバッチをつけておきたいみんなー!
今のうちにヤフオクかどこかで買っておこうね!☆(ゝω・)v