トヨタ、EV量産へ!FCVはトーンダウンに……?

スポンサーリンク

FCVは夢の技術の一つですが、如何せんインフラ整備が難しい点があります。

トヨタだけではなく様々なメーカーがFCVを利用して初めて国もインフラに着手する以上、現状はトーンダウンせざるかもしれません。

まず、日本経済新聞社より一部引用

トヨタ、EV量産へ 各国環境規制に対応 20年メド検討

トヨタ自動車が2020年までに電気自動車(EV)の量産体制を整え、EV市場に本格参入する方向で検討に入った。世界各地で自動車への環境規制が強まっているため。これまでエコカー戦略の中核としてきたハイブリッド車(HV)と燃料電池車(FCV)に続き、EVも主要製品として品ぞろえに加える。

1回の充電で300キロメートルを超える距離を走行できるEVを開発する。HVの「プリウス」や主力車「カローラ」などと同じプラットホーム(車台)を使い、世界で人気が高まっている多目的スポーツ車(SUV)とする案などが出ている。

20年に東京五輪で世界の注目が集まる日本に加え、EVの普及を図る世界の主要市場で販売する。米国ではカリフォルニア州が一定の割合でEVなどを販売しなければならない規制を設け、中国も手厚い補助金で普及を後押ししている。

トヨタのEVでの実績は、12~14年に米テスラモーターズと共同開発したSUVを米国で販売したことなどにとどまる。電池のコストや航続距離の短さといった問題から、本格普及は難しいと判断。日産自動車などがEVに傾斜するのとは一線を画してきた。

ところが、各国がEVを重視した規制や普及策を相次いで導入。航続距離や充電インフラなどの問題も改善に向かっており、EVを含む全方位のエコカー戦略に傾いた。

96958a9e93819688e2e79ae6878de2e4e3e3e0e2e3e49f9feae2e2e2-dsxmzo0921953006112016mm8001-pb1-6

トヨタはEVは電池コスト、充電時間といったデメリットが目立つため普及しないであろうと考えたようですが

実際には国が後押しすることもあり、メーカーやユーザーがEVを優先的に選択する傾向があるようですね。

その結果技術革新も始まり、様々なEVが発売されるようになりました。

テスラモーターズによる、手に届きやすい量販車となるであろうモデル3なんかもそうですね。

EVの長、テスラ・モーターズの大本命。モデル3が遂にワールドプレミアしたようですね
モデルS、モデルXと続きコンパクトセダンの大本命です。 価格帯、スペック、そしてデザインはどうでしょうか。

また、スティーブジョブズの後釜と言われるテスラモーターズ社長のイーロン・マスクは、10年位内にEVの走行距離は大幅に増えるだろうという示唆もしています。

テスラの社長は、10年以内に航続800キロメートルのEVが出来ると考えているようです。
FCVと電気自動車。どちらが次世代エコカーとなるのでしょうか。

確かに、テスラモーターズが参入してから、EVの技術革新はより早く進むようになっていますね。

一方のFCVは現状参入メーカーはトヨタとホンダの2社です。コストダウンや国の支援を勝ち取るには、より多くのメーカーがFCVに参入しなければなりません。

また、この日経の報道に対し外国のニュースサイトでは以下のような記事がありました。

概要

以下翻訳

『トヨタは2020年、EVを本格的に稼働させる。FCVはなかったことにするのか?

トヨタはEVに対し、プロセスの再定義を行ったようです。

トヨタは様々な理由から、EVに対しネガティブでした。しかしそれは見誤っており、このままではぞっとするようなMIRAI(翻訳者注:ソース上でMIRAIと記載)が訪れてしまいます。

何がトヨタを見誤らせたのか?それはバッテリーの進化です。トヨタはホンダ以外にもFCVに参入する企業があると考えていましたが、実際には国も企業もEVへと参入を決めていました。それによって、バッテリーが大幅に進化したのです。

トヨタはそれを黙ってみている訳にはいきません。巨人でありながら柔軟であるトヨタは参入を決めました。ライバルであるVWはディフィートデバイスの影響で負傷しましたが、EVへと注力することでその傷を癒し、更により強靭となろうと考えています。

それに加えて、様々な国でEVメーカーのためのインセンティブを提供しているかだけでなく、電気自動車をリリースするようにメーカーに強制されています。その国々は米国や中国などのトヨタにとって、重要な国であるほどその傾向があるのです。

ただし決しておそすぎることはありません。

EVの市場は潜在顧客は多かれど、市場シェア自体は大きくないのです。序盤はフォルクスワーゲンやベンツに後塵を拝することになるとはいえ、挽回できるでしょう。』

mirai-pricing_1

autoevolutionより

トヨタはこのFCVを開発するために相当の資金と時間をつぎ込んでいるでしょう。

少なくとも現在のインセンティブ制度がEVのほうが有利である以上、そちらを優先したほうが得策ですね。

……FCVのインフラ整備にはまだまだ時間がかかりそうです。