トヨタ&ダイハツ、東南アジア攻略に小型プラットフォームを開発!日本への展開も!?

スポンサーリンク

以前完全子会社にしたものの、その後一切内容が出回りませんでした。

遂に出てきたようですが……?

トヨタグローバルニュースリリースより、

トヨタ自動車とダイハツ工業、新興国小型車カンパニー設置に着手

 トヨタ自動車(株)(社長 : 豊田章男、以下、トヨタ)とダイハツ工業(株)(社長 : 三井正則、以下、ダイハツ)は、今後の新興国小型車事業の強化に向け、両社の役割分担を決定した。これに合わせて、2017年1月を目処に、新興国小型車担当のカンパニーの設置を進める。

設置の目的・概要は以下のとおり。

目的
成長が見込まれる一方で、競争が激化する新興国市場において、ダイハツの良品廉価なモノづくりをベースとした競争力のある商品を展開する。
概要
2社の役割分担
新興国向けの小型車の開発・調達・生産準備を、基本、ダイハツに一本化し、ダイハツが進める新アーキテクチャー「DNGA」を展開。トヨタはこの推進を知見・リソーセスの面からサポートする。
商品企画、事業企画は、トヨタとダイハツが一体となって策定・共有。
生産については、両社の既存拠点を相互に有効活用していく。

 なぜDNGAを展開するのか?

以前、トヨタがダイハツを完全子会社とし、スズキを協業するという飛ばし記事がありました。遂に日本車メーカーも統廃合が進むのかと思いましたが……。

ダイハツ、遂にトヨタの完全子会社化へ。スズキとの連携関係はどうなるのでしょうか。
スズ菌に感染している私にとってはダイハツは長年の宿敵です。 ライバルが良い車を出したから自分はより良い車を出す。 このサイクルがあるから...

考えてみると、トヨタ傘下であるダイハツとスズキは国内でバッティングしていますし、廉価な小型車がメインであるということもあり、かなり近しい存在です。

特にスズキは新たなプラットフォームの開発も進めており、インドでの圧倒的なシェアを確保しております。もちろん、ダイハツが得意とする東南アジアへも進出中。

スズキは本当にインドで売れているのか?
マツダとスバルに引き続きスズキです。 修ちゃんがいなくなった後でも果たしてうまくやっていけるのか? 最近のコンパクトカーラッシュは意図的...

こんなこともあり残念ながら現在のところスズキとトヨタの協業の話はありませんが、日経の飛ばし記事はもう一方の「トヨタがダイハツを完全子会社とする」ということは本当でしたね。

これまでトヨタの弱点であった、「新興国向けの小型車作り」という弱点を潰す協業となります。

ニュースリリースにあるように、ダイハツ主導で作られる、新たなプラットフォームであるDNGA。

トヨタグループの傘下であることを考えると、DNGAは「Daihatsu New Grobal Architecture」の略でしょうね。

トヨタが新しいプリウスより導入した、TNGAの小型車版というポジションでしょう。

トヨタはTNGAを開発することによって、優れたドライビングフィールや組み合わせ可能なモジュールプラットフォームを得ましたがその代償として、車両本体価格が上昇することと、車両が大型化しました。

TNGAといえば第二弾として、トヨタが温めに温め尽くしたC-HRが間もなくデビューしますね。

トヨタの新型コンパクトSUV、C-HRが遂に日本仕様を公開!今ある情報を全てまとめました。
トヨタはこのC-HRに相当気合を入れて熟成させております。デザインは流行りの鋭いSUVというよりも、どちらかというと独特なデザインで...

このように、TNGAは構造的に成熟国向けであり、新興国には向いていない性質があります。

その弱点を、DNGAによってカバーする、という戦略となるわけですね。

そういえば以前、ダイハツはとてもかっこいいSUVコンセプトを新興国向けに作っていましたね。

ダイハツの底力。かっこいいコンパクトSUVを出している件について
実はダイハツは、日本では軽自動車メーカー同然ですが インドネシア、マレーシアといった東南アジアでも頑張っている会社なのです。

こんなかっこいい車なのになぜこんな中途半端なスペックなのか……と思いましたが、その理由は東南アジアではスコールで道がぬかるみやすい上、低燃費&低価格を求められ、一人でも多く人数が乗せられる車が求められるという理由がありました。

同じコンセプトでホンダも新興国向けに7人乗りSUVをリリースしています。

ホンダの新型SUV、「BR-V」がタイモーターショーで公開されたようですね
日本には無いモデルですね。 東南アジアでのブームに乗ったクルマづくりです。

ですからDNGAに求められる性能は、価格が安く、頑丈で、7人乗りが可能な小型車のプラットフォームとなるわけですね。

日本での展開は?

なんと……。このようなレスポンスから、こんな記事がありました。

当面は中国を除くアジアで展開…トヨタとダイハツの「新興国小型車カンパニー」

両社は16年1月にトヨタによる完全子会社化(8月実施)で合意。その際、トヨタの新興国での小型車事業を基本的にダイハツに委ねる方針を示していた。新興国小型車カンパニーの設置は、その方針を具体化させるためで、両社内にまたがるカンパニーとして発足させる。

注目は具体的な事業展開の地域だが、トヨタによると「まずは中国を除くアジア諸国」(広報部)を対象にする方針。両社が強みを発揮している東南アジアのほか、インドやパキスタンも対象になるという。

ダイハツが欧州市場へと進出するのはまだまだ先のようですが、中国を除くアジア諸国であるとするならば、日本への展開が期待できますね!

一体どのような車が登場するのでしょうか!?DNGA関連の話題が出ましたら、追って記事にします!