プレミオとアリオン兄弟がまさかのマイナーチェンジをしたようです

スポンサーリンク

なにげにこの車、このモデルでそろそろ10年です。
大したものですね。

TOYOTA、プレミオならびにアリオンをマイナーチェンジ
-フロントなどデザインをダイナミックに変更、安全装備も充実-
主な特長
フロント周りからサイド、ランプを中心に高級感・スポーティなイメージを付与したエクステリア
インストルメントパネルの意匠変更や加飾など、上質で洗練されたインテリア
衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」や「インテリジェントクリアランスソナー」を標準装備*するなど予防安全装備を充実
TOYOTAは、プレミオならびにアリオンをマイナーチェンジし、プレミオは全国のトヨペット店、アリオンは全国のトヨタ店を通じて、6月13日に発売した。
プレミオならびにアリオンは、1957年にトヨペット・コロナとして誕生し、その後、コロナ/カリーナと、時代に沿って進化してきた。フォーマルにもカジュアルなシーンでも使え、また、取り回しの良い5ナンバーサイズや上質で落ち着いたデザインなど、あらゆる面でバランスのとれた日本の正統派セダンである。
今回のマイナーチェンジでは、高級感とスポーティなイメージを付与した大幅な意匠変更に加え、安全装備を充実させた。

ソース:トヨタグローバルニュースルーム
画像はこちら。
アリオン
002.jpg
プレミオ
001.jpg
え!?マジで!??!?
現行はこちら。
アリオン
10101058_201409.jpg
プレミオ
10101057_201006.jpg
トヨタいいデザイン作るじゃーん!!!
かなり流行に適したデザインといいますか、
トヨタブランドにおけるセダンのフラグシップであるクラウンを意識した
フロントグリルとヘッドライトですね。
かなりスポーディで、とてもアリオンやプレミオとは思えません。
サイオンブランドが生きていればサインブランドで普通に売れそう。
プレミオとアリオンと言ったら5ナンバーセダンの代表格。
5ナンバーセダンは若い人向けというよりも
どちらかと言えば中高年にニーズのあるセグメントです。
……若い人はセダン自体を忌避する傾向にありますが……。
そのニーズにあわせ、標準装備にトヨタセーフティセンスCを導入。
価格はその分アップしますが、間違いなく英断です。
尚、金額はともに220~250万程。
このセグメントは実質的にライバルは同ブランドのカローラアクシオ、ホンダグレイス、日産ラティオ辺りですが
金額的にはグレイスだけになります。
そのグレイスはハイブリッド専用車なので(ある意味)寡占状態ですね。
てっきり、最近のキーンルック+アンダープライオリティは
TNGA(トヨタニューグローバルアーキテクチャ)の都合上あのようなデザインに
なってしまうのだとばかり思っていましたが……。
今回のプレミオとアリオン、かなりイイカンジ!
トヨタに拍手です!