トヨタ、超小型EVのi-TRAILコンセプトをワールドプレミア!

スポンサーリンク

トヨタはUberと連携し開発を行っているようです。メドが立ってきたのでしょうか?

最近研究開発合戦となっている自動運転技術についてです。

先日、googleから独立し”Waymo”という会社が自動運転車を開発中という記事がありましたね。

どうやらwaymoは、現在のところFCA(フィアットグループ)とホンダが利用する予定とのことです。

これからも範囲を広げていくでしょうから、アメリカのメーカーも提携していく事となるのではないのでしょうか。

また、EV×自動運転車はアルゴリズムは複雑ながら参入障壁が低いため、電機メーカーであるパナソニックも参入しています。

特にパナソニックはこの分野において注力しており、ゆくゆくは主力分野として成長させる予定とのことです。

何度かIRで公言しておりましたが、遂に目処が立ったのでしょう...

EV×自動運転車はEVにおけるデメリットである充電をクリアできますから、爆発的な普及が見込める市場ですからね。

そんなEV×自動運転車ですが、トヨタも2020年に向けてコンセプトカーをジュネーブモーターショーにリリースするようです。

スポンサーリンク

概要

トヨタニュースリリースより、

トヨタ自動車、2020年頃の実用化をめざした自動運転実験車を公開
-自動車専用道路での合流、車線維持、レーンチェンジ、分流を自動運転-

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、2020年頃の実用化をめざし開発中の自動運転実験車(Highway Teammate)を使い、首都高速道路での合流、車線維持、レーンチェンジ、分流を自動運転で行うデモ走行を実施した。
また、トヨタがこれまで取り組んできた自動運転の考え方を「Mobility Teammate Concept」と命名し、今後広く使用していく。今回公開した「Highway Teammate」は、このコンセプトの具現化の第1弾となる。

「Highway Teammate」
Lexus GSをベースに改造した「Highway Teammate」は、自動車専用道路において入口ランプウェイから出口ランプウェイまで自動走行することを可能としている。実際の交通状況に応じて車載システムが適切に、認知・判断・操作することにより、自動車専用道路での合流、レーンチェンジ、車線・車間維持、分流などを実現した。

具体的には、ETCゲート通過後の入口ランプウェイ内において、ドライバーのスイッチ操作により自動運転に切り替え、自動走行を開始する。車載システムは、高精度地図情報との照合により自車両の位置を高い精度で把握する。また、周辺障害物や周辺車両の状況を、車両の各所に搭載した複数のセンサーにより認識し、目的地に応じたルート選択やレーン選択を行う。これらの入力情報に基づき、「Highway Teammate」は、あたかも人が運転するかのように、走行ラインと目標速度を生成した上で、ハンドル、アクセル、ブレーキを自動で操作する。

これにより自動車専用道路でのジャンクションの分流、その後の合流、出口に向けたレーンチェンジ、車線・車間維持などを安全かつ、スムースに実現する。

「Highway Teammate」は自動運転における、3つの重要なプロセスである、認知・判断・操作を高い次元で行うことで、安全かつ、スムースな自動運転を実現している。トヨタは、すべての人に安全でスムース、自由な移動を提供するため、「Highway Teammate」を2020年頃に実用化することを目標に、自動運転の研究開発を加速する。

「Mobility Teammate Concept」
トヨタは自動運転技術の研究開発を、1990年代から取り組んできた。その目的は、モビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロ」への貢献と、高齢者や身体の不自由な方も含めた、すべての人に自由に移動できる手段を提供することである。これまで取り組んできた、トヨタ独自の自動運転の考え方をこのたび「Mobility Teammate Concept」として発表した。

「Mobility Teammate Concept」とは、人とクルマが同じ目的で、ある時は見守り、ある時は助け合う、気持ちが通った仲間(パートナー)のような関係を築き、クルマを操る楽しさと自動運転を両立させるトヨタ独自の自動運転の考え方である。ドライバーの状態や道路状況に応じて、クルマがドライバーの運転サポートや自動走行することで、すべての人が、「安全」、「スムース」、「自由」に移動できる社会の実現に貢献する。

トヨタは「Mobility Teammate Concept」を実現する重要な技術の柱として、①高度な認識・予測判断を行う「運転知能(Driving Intelligence)」、②車車間・路車間通信を活用し、安全運転を支援するITS Connectを始めとした「つながる(Connected Intelligence)」、③ドライバーの状態認識、ドライバーとクルマの運転の受け渡しなどを行う「人とクルマの協調(Interactive Intelligence)」の3つの領域を考えている。トヨタはすべての人が、安全、スムース、自由に移動できる社会の実現を目指し、これらの自動運転技術の開発を強化していく。

動画

スポンサーリンク

日本では発表されていないが海外トヨタからリーク!

公式発表では過去の自動運転車コンセプトを発表していますが、海外ではジュネーブモーターショーに”i-TRAILコンセプト”を公開する、とリークされています。

概要

carscoopより、

トヨタ、i-TRAILコンセプトをジュネーブモーターショーにデビュー。

トヨタは、2017ジュネーブモーターショーでデビューする全く新しいコンセプトカーの最初のティーザー画像をリリースしました。

トヨタは、i-TRILという名前で、「都市車、その他の電気自動車とバイクの代替品」として位置付けられ、「都市周辺では小さなスピードで運転しても楽しいことを望む人々を対象としています。あなたが期待しているように、自律運転技術も備えています。

フランスのニースにあるED2デザインスタジオと協力して、自動車メーカーのヨーロッパ支店で開発された、1 + 2の座席レイアウトとコーナリング中に角度をつけて安定性を高めるシステムがあります。これは「アクティブリーン」技術と呼ばれます。 新しいトヨタi-TRILの詳細については、2週間後に始まるスイスの自動車イベントで発表される予定です。

画像はこちら。

3人乗り、ちょい乗り需要、自動運転技術と自転車と自動車の間を埋めるような車としてリリースされるようです。タクシーをより身近なモノとするような車となるのでしょうか?

スポンサーリンク

ついに公式発表へ!

ジュネーブモーターショーを経て、ついに発表されたようです。

トヨタグローバルニュースルームより、

TOYOTA、ジュネーブモーターショーで
近未来の都市型モビリティのコンセプトモデル「TOYOTA i-TRIL」を初披露

TOYOTAは、スイス・ジュネーブで3月7日~19日に開催される第87回ジュネーブ国際モーターショー*1にて、近未来の都市型モビリティライフを提案するコンセプトモデル「TOYOTA i-TRIL*2」を世界初披露した。

TOYOTA i-TRILは、「走る楽しさを追求する近未来の都市型モビリティ」をテーマに掲げ、新しい乗り味と使い勝手のよさによる楽しさを提供するとともに、都市生活者のニーズに応える小型EVコンセプトである。

同コンセプトモデルは、コンパクトなボディサイズにより車体の取り回しが良く、左右前輪が上下して車体の傾きを最適かつ自動的に制御するアクティブリーン機構を採用したことで、快適性・安定性を両立し、意のままに操れる一体感のある爽快な走りが実感できる。

また、クルマの中心にドライバーを配置する「1+2レイアウト」によって、3人乗車が可能なパッケージとし、ドライバーと同乗者の絶妙な距離感を実現することで、心地よい車内空間を創出。さらに、ドアがフロアの一部を構成しており、開くとフロアのステップ部分が空くため、楽な乗降を可能としている。

TOYOTA i-TRILのデザインは、フランス・ニースに拠点を置くED2(EDスクエア)*4が担当。将来、欧州では小・中規模都市の発展が見込まれており、小さなコミュニティにおける30-50代の子育て世代のライフスタイルを想定し、便利で快適な新ジャンルの都市におけるモビリティの進化を具現化したものである。

どうやら超小型EVとして売り出す車のようです。

運転する楽しさについての記載があるので、完全自動運転ではないのか、それとも自分の判断で自動運転/手動運転を切り替えることの出来るものなのでしょうか?

日本ではその市場は軽自動車があるため売ることはないかもしれませんが、欧州ではEVへの補助金が多いため有利な選択肢になるかもしれませんね。

画像

画像はこちら。

エクステリア

インテリア

ステアリングホイールが見当たりませんが、ディスプレイの左右にある黒いハンドルのようなものがステアリングホイールの代替でしょうか?

諸元表

諸元表はこちらです。

サイズは本当に小さいです。軽自動車よりも小さいのではないのでしょうか。

その一方で、ピュアEVながら200kmも走れるようです。街乗りEVとしては十分ではないのでしょうか。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする