トヨタの86、次期型はまさかのロードスターベースに……なるのかも?

スポンサーリンク

まさかの兄弟車続出。
ロードスター、引っ張りだこですね。

トヨタ 86 次期型はマツダ ロードスター がベースに!?
3月にも現行モデルのフェイスリフトが噂されるトヨタ『86』。早くも次期型に関する情報が、レンダリング・スケッチと共に欧州から聞こえて来た。
改良型では5から10ps程度の馬力アップ、フロント&リアバンパーのリフレッシュが予想されるが、気になるのはやはりフルモデルチェンジとなる次期モデルだろう。
情報元によれば、次期86はマツダ『ロードスター』とFRプラットフォームを共有する可能性が高いと言う。トヨタは2015年にマツダとの提携拡大を発表しており、マツダ側から見ても、さらなる兄弟モデルの誕生により、コストダウン強化に繋げたい所だろう。ちなみにロードスターといえば、コンポーネンツを共用した兄弟車、フィアット『124スパイダー』の登場も記憶に新しい。
トヨタ×マツダ「86」が実現した場合、心臓部にはダウンサイジングされた1.5リットルの次世代SKYACTIVエンジンの搭載が予想され、オープンモデルに生まれ変わる可能性が高い。また、トヨタはロードスターのプラットフォームでのテストが最終段階に入っているという情報もある。
スケッチによるエクステリアは、新型『プリウス』やレクサス『LC500』などに見られる、ヘッドライトからフロントバンパーへの一体化デザインが採用されているようだ。
トヨタ86次期モデル、世界初公開は2018年頃が有力だ。

ソース:レスポンス
画像はこちら。
1022939.jpg
フィアット、アバルト、トヨタが同じベースを使うとしたら
ロードスターも開発費回収の期間が短くなりそうですね。
……しかし具体的な内容は一切出てこず
「環境関係など、幅広い部門での業務提携」というおおざっぱな内容だったので
こういった方面で連携するとは思いませんでしたね。

【新聞ウォッチ】豊田社長“相思相愛”アピール「ロードスター 早く乗ってみたい」
きょうの各紙も「トヨタ・マツダ提携発表、環境・安全対策で先手」(日経)などのタイトルで1面や経済面で大きく取り上げていたが、気になるのは資本提携の可能性。豊田社長は「今回の提携はマツダにとっても『大きな財布』のような存在ではなく、目的はもっといいクルマを作ること」と述べ、「持参金」目当てではなく”相思相愛”の関係を強調した。

ソース:レスポンス

また、会見後に別室でセットされた囲み取材では、「一番好きなマツダ車はロードスター。近く新型ロードスターが発表されると聞いており,早く運転するのが楽しみ」と、上機嫌で語った。ちなみに、小飼社長は「好きなトヨタ車は86」と答えていた。

さすがにこの発言は今回の件を示唆していたとか……ないですよね。笑