レクサス、新型SUVコンセプトをパリモーターショーにて出展!このデザインは……!?

スポンサーリンク

噂の次期CTポジションのSUVでしょうか?

※ 2016/9/29 追記しました。

まず、トヨタニュースリリースより

l_ys_160909lexus_01

LEXUSは、フランス・パリで9月29日(木)~10月16日(日)に開催される2016年パリモーターショー*1に、コンセプトカー「UX Concept」を出展する。

UX Conceptは、次世代LEXUSの力強く大胆なエクステリアデザインの方向性を示し、伝統的な匠の技と先進技術を融合したインテリアと共に独自の世界観を演出。都市生活における先進的なドライビング体験の提供を目指した。デザインは、フランス・ニースに拠点を置くED2(EDスクエア)*2が担当。

また、2016年4月に開催された北京モーターショーに出展した、マイナーチェンジの新型スポーツセダンISの欧州初公開や、2017年春頃に発売予定の新型ラグジュアリークーペLCなどの展示を予定している。

LEXUSは、現地時間9月29日(木)13時30分(日本時間の同日20時30分)より、モーターショー会場ホール4内のLEXUSスタンドにてプレスカンファレンスを実施予定。

トヨタニュースリリースより

 エクステリア

こちらのUX conceptにおいて注目する点は、これからのレクサスブランドにおける新しいデザイン哲学をリフレッシュすることです。

つまり、新しいデザインへと移行することとなります。

また、新しい要素も組み入れております。ズーム画像をどうぞ。

0_468_700_http-cdni-autocarindia-com-extraimages-20160909060503_lexus-concept 0_468_700_http-cdni-autocarindia-com-extraimages-20160909060503_lexus-zoom

お分かりいただけるでしょうか?

あくまでもコンセプトですが、サイドミラーが電子ミラーとなっております。

以前レクサスは、サイドミラーの存在しない車のコンセプトカーを出展したことがあります。

レクサスの新たなフラグシップセダンのコンセプトカーが出たようですね
これは……!? NX以降のキープコンセプトですね。

こちらは現状、市販化はされておりませんが……。こんな噂もありました。

日本は世界で最も早く、ドアミラーレスを導入するのかもしれません
サイドミラーって運転する上で必須ですが形状的にものすごい風の抵抗を受けるって聞きますね。そのサイドミラー、技術革新でそう遠く...

噂では8月にデビューする車とのことでしたが、8月に実際にデビューすることはありませんでしたね。

年月日は書いてなかったので、来年8月のことだったのでしょうか?

ソリッド感がつよくわかりにくいですが、リアのドアハンドルが見当たりませんね。

隠しドア形状にもなっていないようです。どうなるのでしょう?

インテリア

内装はこちらです。001

インテリアにおいては、ヒューマンマシンインターフェイス技術を採用し、三次元による先進的なドライビング体験を提供する。運転席のインストルメントパネルには、透明な球体ホログラムが浮かび上がり各種情報を表示。また、センターコンソール上では、切子面のあるクリスタル形状の中のホログラムがエアコンやインフォテインメント情報を表示し、運転席・助手席両方から情報確認が可能となっている。

さらに、電子ミラーや調光ガラスといった最新の電子技術を搭載している。電子ミラーカメラにより、従来型ミラーより小型・薄型化が可能となり、車内スクリーンでミラーに映った状況が確認できる。全てのスイッチ類はセンターコンソール上の透明カバー内に収められている。

そして、フィン形状にデザインされたAピラーや助手席側インストルメントパネルの取り外し可能なオーディオスピーカーが、インテリアのデザイン性を高めている。

電子ミラーであるのはもちろん、ホログラムを使った内装であるとのこと。

こちらのズーム画像における、右下のLEXUSと表記されている部分ですね。

lexus-ux-concept-1

コンセプトカーであるからこそという意味でも、非常に未来志向、近未来的なインテリアデザインです。

新コンセプトシート

lexus_ux_concept_2016_paris_motor_show_011

シートがすごい個性的ですね……。

新しいコンセプトシートである、「キネクティックシートコンセプト」と呼ぶらしいです。

シートが腰の動きと連動して動くようです。

Kinetic Seat Conceptは、長時間運転による疲労の低減や、旋回時の運転しやすさ向上を目指してデザイン・開発された全く新しい形状・機能を有しており、乗員の腰の動きに合わせてシート座面と背面が動き、歩行やジョギングに近い人体の動きをシート上で実現する。これにより、旋回時や凹凸のある路面を走行した際、乗員頭部の動きが抑制され目線が安定し、運転しやすさや快適性が向上。また、腰の動きが身体に適度な刺激を与えるため、長時間運転時の筋疲労を抑える。

LEXUSは、お客様の期待を超える驚きと感動を提供し続けるラグジュアリーブランドとして、創造的な先進技術をいち早く提案してきているが、本シートもその一例である。

LEXUSは、フランス・パリで9月29日(木)~10月16日(日)に開催される2016年パリモーターショーに、乗員身体にかかる負担を軽減する新コンセプトシート「Kinetic Seat Concept」を出展する。

ちなみに、運転席のみがこのシートであり後部座席は普通です。

008

007

このAピラーは強度的につらそうです。コンセプトカーだからこそ出来たデザインですね。

フロントマスクが遂に判明!

フロントマスクが公開されました!こちらです!

lexus_ux_concept_2016_paris_motor_show_001

lexus_ux_concept_2016_paris_motor_show_004

004

005

006

このホイールデザインは攻めていますね。オフロードのような力強さがあります。

UX conceptに搭載された新しい概念とのことですが、それは「エクステリアとインテリアが強い相乗効果を生むインサイド・アウトコンセプト」とのことです。

削ぎ落としたような鋭いソリッド感のあるエクステリアをインテリアにも落とし込んでいるこということですね。

また、リアハンドルは隠しデザインとなっていることが判明しました。

以下翻訳

UX-conceptには従来のガソリンとハイブリッドモデルが期待されていますーーーなぜなら、今後のトヨタCH-Rとプラットフォームを共有コンセプトであるからです。しかし残念ながらパワートレインはワールドプレミア中に判明しませんでした。 UXコンセプトは、レクサス中のデザイン言語を徹底的に先鋭化させてそれぞれ組み合わせています。エイリアンの宇宙船のコックピットのように見えるほどです。この異質で非伝統的なシートは、従来の座席よりも優れたドライバーの体に形成するであろうということで考えて、より多くのハンモックのような座席を作るために、スケルトンに織られています。レクサスは、これをキネティックシートコンセプトと呼んでいます。

このUXコンセプトはあらゆる面でトーンダウンし、来年に発売することが期待されます。

噂通り、C-HRとプラットフォームを共有化するようですね。

トヨタの新型コンパクトSUV、C-HRが遂に日本仕様を公開!今ある情報を全てまとめました。
トヨタはこのC-HRに相当気合を入れて熟成させております。デザインは流行りの鋭いSUVというよりも、どちらかというと独特なデザインで...

SUVのような力強さ×車高を落としたクーペのようなスタイリングを混ぜたデザインです。

C-HRのレクサス版とまさしくいえますね。

ちなみにこのUXは、CTと代替されるという噂があります。

レクサスは次のCTを全く別物にすることを考えているようです
悪い車じゃないと思うのですが……。 1代限りとなってしまうのでしょうか。

しかしながら、つい先日、現行のCTと思われるカモフラージュされたハッチバックがスパイショットされております。

CTがフルカモフラージュされスパイショット!これは一体……?

CTとUXの情報が錯綜していてどうなっているのかさっぱり分かりませんね……。

スポンサーリンク