レクサス、GSをフルモデルチェンジせず廃止へ!?

スポンサーリンク

ここ数年で、レクサスはラインナップを大きく変更するかもしれませんね。

先日、レクサスはC-HRをベースとしたコンパクトSUVと思われる、UXの製品版開発を始めたという報道がありましたね。

レクサスにはないコンパクトSUVですが、どうやら実際に市場投...

しかしこのUXはレクサスのエントリーモデルである、CTと代替されるのではないか?という報道もあります。

悪い車じゃないと思うのですが……。 1代限りとなってしまう...

CTがUXに代替される噂と同じように、GSがどうやらある車種と代替される噂が立ち込めているようです。

スポンサーリンク

レクサス・GSってどういう車?

GSは、以前はトヨタ・アリストとして国内販売されており、レクサス導入と同時にトヨタ・アリストからレクサス・GSへと名称が変更されました。

アリスト時代は、トヨタの高級セダン基幹車の一つであり、1980年代中盤〜2000年代初旬の高級セダンに採用されていたターボモデルがアリストにも採用されていました。

特に最高級モデルに採用されたエンジンはスープラと共有しており、国内最速セダンとしての名誉と内外装の高級志向から非常に高い人気を博していたモデルでもあります。

現在でも根強いファンがおり、カスタムやVIPカーとしての需要や、ドリフト走行するためにマニュアルトランスミッションへと換装するマニュアルが有るほどの人気車種です。

2005年よりレクサスが国内向けに販売されたのと同時に、アリストはGSへと引き継がれました。

GSとなった後、日本版レクサスの一番最初の車としてリリースされます。

国内向けレクサスとして最初に販売されたことを考えると、国内でレクサスを販売する上で中核モデルとしてリリースしたのではないかと考えられます。

2005年から2012年と、7年間活躍したモデルとして現在でも人気のある型です。

また、GSはレクサスのセダンにおける中間グレードとして販売されています。

フラッグシップモデルであるLS、中間グレードのGS、エントリーモデルのISです。

GSとは、Grandtouring Sedanの略です。

スポンサーリンク

現行モデルは?

現行モデルは2代目であり、2012年にデビューしました。

現行モデルのレクサスGSはマイナーチェンジを経て、レクサスの共通アイデンティティであるスピンドルグリルを搭載しました。

アリスト時代に比べデザインはよりアグレッシブとなり、非常に力強いデザインとして変化しています。

2017年時点では、大きく分けて2つのモデルが販売されています。

GSの通常モデルが1種類と、

グリルデザインがメッシュデザインとなっているGS Fの2種類があります。

サイズは?

全長/全幅/全高は、4,880 / 1,840 / 1,455 となっており、Eセグメントセダンとしてちょうどいいサイズです。

ホイールベースは2,850mmですから、後部座席も非常に広々としていて高級車らしさがありますね。

搭載エンジンは?

搭載エンジンはハイブリッドモデルがV型6気筒3500ccエンジンと直列4気筒2500ccエンジンの2種類です。

非ハイブリッドモデルはV型6気筒3500ccエンジンと直列4気筒2000ccターボエンジンの2種類、合計4種類が搭載されています。

ハイブリッドモデル、非ハイブリッドモデル、ターボが選べるのがGSの特徴の一つです。

スポンサーリンク

リーク情報の概要

auto evolutionより、

レクサスはGSをラインナップから外す計画を進めているのか?

レクサスの経営スピードは早い。アメリカで成功したGSを切り捨ててしまうのだから。

以前から疑惑はあった。GSはLSから顧客を奪っている、という疑惑だ。LSはフラッグシップモデルだからこそ、安々とモデルチェンジが出来ない一方でGSは素早く、迅速に新要素を取り入れることが出来る一方、価格はフラッグシップモデルよりも安い。

この疑惑について会社は否定も肯定もしていない。しかしながらLSのフルモデルチェンジによって状況が変わってきたようだ。

LSがダウンサイジングしたのだ。LSはV型8気筒からV型6気筒へと変わった。これはGSと完全にバッティングしているのだ。

GSが生き残るとしたら、ISから見るESのような廉価モデルだが、LSそのものの価格が下がり、ISの価格が上昇すればGSの隙間そのものがなくなってしまう。

結局のところ、現在の状況ではGSの場所はない。

以前新型LSが発表されて時、新型エンジンが開発されたことが発表されていましたね。

この新型V6 3.5Lエンジンはハイブリッドにもターボにも対応しており、レクサスもダウンサイジングターボに注力しています。

V6エンジンですとGSと完全にバッティングしていますから、新型エンジンの開発なのか、GSもダウンサイジングするのか、この先どうなるのでしょうか。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする