CTがフルカモフラージュされスパイショット!これは一体……?

スポンサーリンク

画像を見る限り現行と同型ですが……。

以下翻訳

プロトタイムのCTは何かが進行中?

レクサスは新しい助けを求めています。CT200hはレクサスのエントリーモデルですが、選択肢が少なくハイブリッドである上エンジンも非力です。こちらはイギリスにて撮影されたスパイショットです。

こちらのCTは恐らく新型ではありませんーーーですが、完璧にカモフラージュされているということは、何かしらのテコ入れがあるかもしれません。それは時間が教えてくれるでしょう。

参考までに、2011年頃CTはデビューしました。それまでエントリーモデルであった、HSと引き換えに。そして2013年頃、レクサスはCT300hとCT400hを商標登録しているにもかかわらず実際にそのモデルは発売されておりません。
car scoopより

画像はこちら。

ct200h-facelift-8

Spied-5

ソースを見る限り後ろから撮影された写真しか存在しません。

ですが、リアを見る限りホイール以外現行に近いように見えますね。

現行はこちら。

10051008_201101bk

テールランプがまさしく同型です。

シャークアンテナやリアワイパーがありませんが、プロトタイプや撮影用車両ですし省略されているのでしょう。

現行CTの特徴的な、小さなリアワイパーがスパイショットには存在します。

ホイールアーチ等も見えないので、ワゴンであることは間違いないですね。

レクサスCTは、もしかしたら今代限りの車種となるかもしれません。

レクサスは次のCTを全く別物にすることを考えているようです
悪い車じゃないと思うのですが……。 1代限りとなってしまうのでしょうか。

CTは実質的に派生車種もなくこのまま消えていく……わけではなく、何かしらの手入れがされるようです。

これがCTのホットハッチ化なのか、ビッグマイナーチェンジなのか、もう少ししたら情報が出てきそうですね。