レクサス、LS500hをワールドプレミア!新世代ハイブリッドを搭載へ!

スポンサーリンク

まだ新型LSのハイブリッドはリリースされておりませんでしたから、初披露となります。

以前、アメリカのデトロイトモーターショーにて、新型LSが公開されました。

この時新たなプラットフォームの搭載、よりハイテクな予防安全技術の搭載、3.5Lツインターボエンジンの搭載とフラッグシップらしさを兼ね備えた新型LSが初披露となりました。

今回は、新型LSのハイブリッドモデルが初披露となったようです。

スポンサーリンク

概要

トヨタグローバルニュースルームより、

LEXUS、ジュネーブモーターショーでLS500hをワールドプレミア
-次世代パワートレーン“マルチステージハイブリッドシステム”を採用-
V型6気筒3.5Lマルチステージハイブリッドシステムを採用
日本の匠の技を見どころとした、繊細で個性的なインテリア
新開発GA-Lプラットフォームにより実現した流麗なクーペシルエット
最先端の予防安全パッケージによる安全運転支援

LEXUSは、スイス・ジュネーブで3月7日~19日に開催される2017年ジュネーブモーターショーにおいて、フラッグシップセダン「LS500h」を世界初披露した。

LS500hは、2017年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で発表したLS500のハイブリッドモデル。LS500と同様に、セダンとして十分な居住性を確保しながら、斬新なクーペシルエットを両立したスタイリングや数々の先進技術により、LEXUSの象徴として大きな変革を果たした。

LS500同様、新開発GA-Lプラットフォームが、これまでの4ドアセダンとは一線を画すデザインやLEXUS独自の「すっきりと奥深い」走りを実現。さらに、V型6気筒3.5Lエンジンと走行用モーターに自動変速機構を組み合わせたマルチステージハイブリッドシステムを採用。ドライバーの操作や車両のGから走行状態を判断し、変速を制御することによって、ハイブリッドが持つモーター駆動による応答性の良さを最大限に活用し、ダイナミックなドライビングテイストを実現した。

LS500h マルチステージハイブリッドシステム主要諸元
2GR-FXS
V型6気筒3.5Lエンジン
総排気量(cc)3,456
最高出力(kW)220
最大トルク(N・m)350
システム全体最高出力(kW)264

今回のLS500hでは、LS500との差別ポイントはやはりハイブリッドですね。

LS500はツインターボですが、LS500hは最新式のハイブリッドが搭載されており、これまでの最高出力・トルク性能に比べて段違いにパワーがあります。

LS500とは別方向の車種とは言え3.5Lツインターボに匹敵する訴求力がありそうですね。

スポンサーリンク

画像

画像はこちら。

エクステリア

エクステリアは大きな違いがないようですね。

インテリア

インテリアはLS500も素晴らしかったですが、LS500hはよりサルーンなデザインとなっています。

高級な素材をふんだんに使っているだけあり、なかなか真似出来ないデザイン性ですね。

スポンサーリンク

動画

動画もあります。

諸元表

諸元表こちら。

全長、全幅、ホイールベース全てが大きくなっています。

3mのホイールベースですと、後部座席は相当広いでしょうね。

日本での発売は?

これまで全てのモデルが発売されており、まず間違いなく日本でも発売されると考えられます。

発売時期、金額等は未定です。続報は追って追記します。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする