2016年度レクサスの販売台数が判明!3期連続で過去最高!!しかし……

スポンサーリンク

さすがレクサスですね。

エリアポートフォリオもいい感じにバラけております。

LEXUS、2016年1~6月の全世界販売実績を公表

2016年1~6月の全世界販売実績は、2015年後半に投入した新型ES、RX、そしてLXが販売を牽引し、約31.9万台(前年比105%)と前年同期実績を上回り、3年連続で過去最高の販売実績となった。

Lexus Internationalの澤 良宏 Executive Vice Presidentは、「2016年上半期の好調な販売実績は、我々のクルマづくりが多くのお客様に認めていただけた結果であり、感謝申し上げる。LEXUSは、今後もエモーショナルな走りと魅力的なデザイン、先進技術、そして匠の技を積極的に採り入れて、お客様の期待を超えるクルマづくりを継続していきたい」と述べた。

2016年1~6月の主要地域別の販売実績は以下の通り。
北米 約16.2万台(前年比96%)
中国 約4.7万台(前年比126%)香港を含む
欧州 約3.6万台(前年比116%)
日本 約2.8万台(前年比126%)
中近東 約2.2万台(前年比99%)
東アジア 約1.2万台(前年比119%)台湾を含む

トヨタグローバルニュースリリースより

23779c09

レクサスのエリアポートフォリオを始めてみましたが、なかなかにバラけていますね。

元々レクサスの生い立ちとして北米エリアへの営業利益率を向上させるために発足させたという話もあるぐらいですから、北米がもっとも強いのはやはりという感じです。

また、一時期日本車というだけで破壊された中国市場や、世界中の高級車メーカーが集まっていてかつ御三家であるアウディ、ベンツ、BMWの存在する欧州市場をも販売実績を確実に伸ばしています。

一方で、お膝元である日本で販売実績は伸びているものの、販売台数は他国に比べ際立って高いわけではありません。

それに加え、北米で最も売れている車種であるRXがリリースされたにも関わらず販売台数は前期比で微減しています。

この比較は面白いですね。

上半期の販売台数実績が31.9万台とのことですが、仮に下半期も同数を販売した場合には通期で63.8万台となります。

2015年度のドイツ御三家(単体実績)の販売台数は

1.BMW:190万5234台

2.ベンツ:187万1511台

3.アウディ:180万3250台

である為、販売実績が3期連続で過去最高を更新しても3倍近くの差がある状態です。

これら御三家は高級ブランドでありながらマスマーケティングを行っている為、レクサスよりも車種が多く消費者から見ると選択肢が多様とはいえこの差はなかなかつらいですね……。

レクサスが今必要なことは、欧州市場や日本市場でも人気の高いCセグメント車の拡充では無いのでしょうか。

唯一のCセグメント車であり、エントリーモデルのCTが次はSUVになる……という噂があります。

それに対し、レクサスの欧州担当営業責任者は警告を出しています。

レクサスは次のCTを全く別物にすることを考えているようです
悪い車じゃないと思うのですが……。 1代限りとなってしまうのでしょうか。

中国市場はどうでしょうか?

以前の報道で、中国市場を意識したデザインへとシフトするという報道もありましたね。

今こそ好機。レクサス、インフィニティ、アキュラは中国市場を意識したデザインを優先するようです
日々大きくなっていく中国の高級車市場ですが 現状、中国市場ではドイツ御三家に敗れています。 まだまだ富裕層は増えている。速くテコ入れをす...

これからレクサスはどういった車種を出し、どういったアプローチをしていくのか。

注意深く見ていきたいところですね。