トヨタの技術。これまでの安全装置の格上と言えるシステムを作ったようですね。

スポンサーリンク

これすごい。
他のメーカーの安全技術の拡張版と言えるものですね。
安全装置に関しては一歩で遅れてきたトヨタですが、一気に巻き返しました。

トヨタ自動車は10月1日、『クラウン』シリーズを一部改良して発売した。新たな安全技術として国内のITS(高度道路情報システム)専用の周波数である760MHz帯を使った運転支援システム「ITS Connect」をオプション設定した。

ソース:レスポンス
このシステムの革新的なところは、なんといっても以下の通りです。

「ITS Connect」は、クルマに搭載されたセンサーでは捉えきれない、見通し外のクルマや人、信号の情報を道路とクルマが通信するもの。
または、通信用アンテナとECU(Electronic Control Unit)を搭載したクルマ同士が直接通信することにより安全性を高めるというシステムで、インフラ(路車間)と車車間通信を活用した現時点で理想とされる安全システムといえます。

ソース:クリッカー
今までの安全装置は、ステレオカメラ、赤外線センサー、ミリ波レーダー等を駆使してそれぞれの装置における限界、メリットを活用することで衝突回避、レーンキープといった機能を確保していました。
代表例では富士重工のアイサイトですね。
トヨタの装置はそれに加え、新たに信号情報、搭載車と直接通信という手法で安全装置の性能を拡張しているもののようですね。
これによって、交差点での事故率を大幅に下げる効果や車々間での事故率をぐっと下げる効果があるようです。
これらの車々間通信による効果はどの程度なのか?どの程度の距離から通信できるのか?
また、このシステムは無線機や感知器といったインフラ設備に加え搭載車自体が増えないとメリットがありません。
先ずは普及、ということもあり価格が安めなのかもしれません。
安全装置、自動運転はどのメーカーでもセットで開発しており
今や軽自動車をメインとしている企業らも搭載しております。
自動運転へのロードマップを見てみると、安全装置は完全自動運転までの基礎技術の一つです。
一部のメーカーは2020年に完全自動運転を目指すとのこと。後5年しかありません。
ロードマップにおける課題としては、完全自動運転の前にレベル3の「すべての制御を自動車が行い、緊急時のみ運転手が行う」という大きな課題も残っております。実質、ほぼ完全に自動運転ですね。
これから5年間でどこまで前倒しにできるのか?
世界中のメーカー、サプライヤーの技術力に期待です。