トヨタ、新型ノア、ヴォクシー、エスクァイアへマイナーチェンジ!エスクァイアは高級志向へ!

スポンサーリンク

トヨタのノア、ボクシー、エスクァイアのマイナーチェンジ情報です!

トヨタは今年の商戦に向けて、様々な車種のマイナーチェンジを行うようです。

最たる例がハリアーですね。

デビューして暫くたちますが、遂にマイナーチェンジの情報が囁か...

他にも、アクアもマイナーチェンジの噂があります。

トヨタのコンパクトカーの屋台骨であるアクア。どうやらマイナー...

更にどうやら、ミニバン3兄弟のノア/ヴォクシー/エスクァイアもマイナーチェンジがされるようです。

特にエスクァイアのマイナーチェンジは大胆に行われるようで……?

スポンサーリンク

トヨタのヴォクシー、ノア、エスクァイアはどういう車?

トヨタのヴォクシー、ノア、エスクァイアはトヨタにおける量販車のミニバンです。

この3車が兄弟車として扱いされる理由は、プラットフォームが共有化されており、金額も近いため兄弟車として扱われることが多いのです。

全てトヨタで開発されておりますが、ディーラーが異なるためそれぞれライバルでありながら兄弟車という、面白い関係です。

それぞれの車の特徴を見てみましょう。

ノアとは?

まずはノアから見てみましょう。

ノアは2001年にデビューし、現行モデルである3代目は2014年にデビューしています。

2001年に発売されてから常にノア・ヴォクシーは同時にフルモデルチェンジ・リリースされており、運命的に競い合っているモデルであるといえます。

ノアの特徴はメッキを多めに、かつ押し出しの強いグリルを搭載しており、ミニバンの堂々としていて圧倒的な存在感のあるデザインとなっています。

また、ヘッドライトとの一体感もあり、非常にサイズ感のあるデザインに仕上がっていますね。

ヴォクシーとは?

ヴォクシーはノアと同様に2011年にデビューし、現行モデルである3代目は2014年にデビューしています。

2001年に発売されてから常にノア・ヴォクシーは同時にフルモデルチェンジ・リリースされており、運命的に競い合っているモデルであるといえます。

ヴォクシーの特徴はワイド&ローでよりスポーディ、ヘッドランプと連続する上下2段構成のフロントグリルを採用して独特の美意識を徹底した”毒気”のあるカッコ良さを追求したデザインとなっています。

エスクァイアとは?

最後にはエスクァイアから見てみましょう。

エスクァイアは他2種と異なり、2014年に初めてデビューしたモデルです。

エスクァイアはノア、ヴォクシーよりも高級感あふれるデザインとして設計されています。

フロントグリルはアンダーグリルまで広げてある広々したグリルデザインとなっており、中心部から両端部にかけてパターンを変化させた縦基調のグリル内デザインを保有、グリルバーとヘッドランプにスモーク加飾を施されています。

全体的なデザイン設計はノアに近いですね。

エスクァイアには、ノア/ヴォクシーと異なるポイントが2つあります。

ノア/ヴォクシーと異なり、エアログレードが存在しないため全グレードが5ナンバーとなっています。

エクステリアやインテリアにおいてノア/ヴォクシーよりも品質も高い部品を採用されているため、価格帯が高めに設定されているのも特徴です。

エンジンは?

ノア/ヴォクシー/エスクァイア3兄弟は、プラットフォームだけでなくエンジンも共有化されています。

ガソリンエンジンは2000cc、ハイブリッドエンジンは1800ccハイブリッドエンジンが搭載されています。

ハイブリッドエンジンでは、プリウスと共通のエンジンが搭載されていることもありJC08モードで23.8kmと素晴らしい燃費を叩きが出しています。

ミニバンのシートアレンジや居住性は欲しいけど、プリウスのような燃費が兼ね揃えられた素晴らしいミニバンですね。

スポンサーリンク

マイナーチェンジの概要

現在、少しずつマイナーチェンジの情報がリークされ始めています。

一つずつ見ていきましょう。

マイナーチェンジ発表時期が判明!

マイナーチェンジの発表は、2017年7月3日となります。

ハリアー、アクアと引き続きノア、ヴォクシー、エスクァイアの3種へと続くようですね。

リアエアコンがオプションに!

高級ミニバンには標準装備であるものの、ノア、ヴォクシー、エスクァイアにはリアエアコンが搭載されていませんでした。

これが全グレードオプションで選択できるようになるようです!

ミニバンは人を後部座席へと人を載せることが多い車種ですから、エントリーグレードでもリアエアコンが選択できるのはナイスです!

デザインが大幅に変更!

全体的にデザインは大きく変更されますが、特にエスクァイアはデザインに大幅な変更が行われ、ノアは完全に差別化されます!

エスクァイアのデザインの変更は多岐に渡り、エスクァイアは非常にかっこいいモデルへと進化するとのことですから、現行型を買うのは控えるべきだという声もあるほどですよ!

それに伴い、エスクァイアはヴォクシーやノアに比べ高級車としてリリースされるようです。

利便性が向上!

細かいポイントですが、小物入れの追加、ポケットの追加、テーブルの変更といった利便性が向上するようです。

ミニバンは多数の人数が乗り利便性も求められることがありますから、こういった細かいアップデートも嬉しいですね!

燃費向上!

ミニバンはファミリー需要も大きく、燃費も求められるモデルです。

マイナーチェンジに伴いエンジンの性能が見直され燃費が向上するようです。

重量が重く燃費が悪くなりがちなミニバンですが、燃費が向上するのはうれしいですね!

価格は?

これだけの大きな性能向上ですから……しょうがないというべきでしょうか、ノア、ヴォクシー、エスクァイア全てにおいて価格が上昇するようです。

しかしながら、プラットフォームやエンジンごと取り替えるフルモデルチェンジではないため大きくは上昇しないと考えられます。

ノアが海外でスパイショット!

国内専売モデルであるノアですが、海外にてスパイショットされたようです。

国内で情報がリークされることを防ぎたかったのでしょうか?

ヘッドライトデザインが細くなっており、LEDヘッドライトへと変更された可能性が示唆されています。

輸送中のスパイショットも!

輸送中のエスクァイアが撮影されたようです!

見にくいものの、LEDヘッドライトとグリルデザインの調和がとれていて非常にかっこいいデザインへと変わっていることがわかります。

力強いデザインですね!

輸送中の全てのリークがされたようですね!

エスクァイアほどのマイナーチェンジではないものの、ノア、ヴォクシーも大きくデザインが変更されているようです。

ディーラーに続々届いているようで、大量のノアや、

アップで撮影されたノア、

隣同士で並んでいる新型ノアとヴォクシー、

エスクァイアもあります!

目玉である、エスクァイアのアップ画像もありますよ!

簡易カタログもリーク!

エスクァイアの簡易カタログがリークされました!

王冠をイメージしたようなグリルデザインであることがわかります。

ホイールデザインも変化し、よりスポーディな雰囲気がありますね。

スポンサーリンク

現在判明している情報は?

現在の情報をまとめると、いかのような情報が判明しています。

マイナーチェンジは2017年7月3日発表

リアエアコンが全グレードにオプションで選択可能

ヘッドライト/テールライトの形状が変更され、LEDが採用される

ボディデザインとインテリアには変更点がないが、一部バンパーに変更あり

小物入れの追加やテーブル等、利便性が向上

価格は全ての車種で上昇する

エンジンが変更され、燃費が向上する

更にエスクァイアには上記の変更点に加えて、

フロントフェイスデザインが大きく変更される。ノアと完璧に差別化される

最上級グレードが追加される

グリルのデザイン自体も大きく変更される

リアにも若干の変更点がある

エスクァイアはノア/ヴォクシーよりも高級志向としてリリースされる

そして7/3についに公式発表となりました!

ついに公式発表へ!

トヨタグローバルニュースルームより、

TOYOTA、ヴォクシー、ノア、エスクァイアをマイナーチェンジ

-それぞれの個性が際立つ、堂々としたスタイルのミニバンへと進化-

TOYOTAは、ヴォクシー、ノア、エスクァイアをマイナーチェンジし、ヴォクシーは全国のネッツ店、ノアは全国のトヨタカローラ店、エスクァイアは全国のトヨタ店ならびにトヨペット店を通じて、7月3日に発売した。

主な特長
  • 薄型のLEDヘッドランプや堂々としたフロントグリルにより、それぞれの個性を際立たせたエクステリア
  • 収納やテーブル、USB電源など使い勝手の良い室内装備を充実
  • 操縦安定性と乗り心地、静粛性に磨きをかけ、気持ち良い走りを追求
  • エスクァイアにはプレミアムな内装や機能にこだわった最上級パッケージを新設定

今回のマイナーチェンジでは、それぞれの個性をより際立たせたエクステリアへと意匠変更。ヴォクシーはスポーティさを、ノアは精悍さを、エスクァイアは高級感をより高めた堂々としたスタイルへと進化した。
また、センターコンソールボックスや助手席シートバックテーブル、充電用USB端子など使い勝手の良い室内装備を充実。さらに、スライドドアにシールを追加し遮音性を向上したほか、ボディ剛性の見直しやショックアブソーバーの改良により静粛性や乗り心地を向上させるなど、商品の魅力を一段と高めた。

【ヴォクシー、ノア】

  • 外板色は、ヴォクシーには新規開発色のイナズマスパーキングブラックガラスフレークを、ノアには新規設定色のラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークを含む全7色をそれぞれ設定
  • 天井までブラックで統一した室内にピアノブラック塗装をあしらい、質感を向上

【エスクァイア】

  • 外板色は、新規設定色のアバンギャルドブロンズメタリックとブラッキッシュアゲハガラスフレークを含む全7色を設定
  • インテリアには、ラインパターンを配したブラウンレーザーライン加飾や、加飾に合わせ縦基調のキルティングを施したブランノーブに合成皮革を組み合わせた専用シート表皮を採用し、上質な室内空間を創出

概ねリーク通りの情報ですね。

ヴォクシーはスポーティさ、ノアは精悍さ、エスクァイアは高級感とそれぞれのモデルでコンセプトを変更し、それに合わせたエクステリア・インテリアデザインとなったようです。

それでは、画像を御覧ください。

画像

画像はこちら。

ノア

ヴォクシー

エスクァイア

インテリア

三種三様デザインが大きく変化し、別々の個性がある素晴らしいデザインですね!

メーターは3メーターとなりバックライトが青く、非常にスポーディな雰囲気があります。

また、後部座席にはUSBが追加され充電ができるようになっています。人を乗せるミニバンですから、非常に嬉しいポイントですね。

価格諸元表

価格諸元表はこちら。

ヴォクシー

ノア

エスクァイア

こちらもリーク通り、エスクァイアが若干値段が高く設定されていますね。

高級感のあるデザインや内装ですから、エスクァイアは1ランク上のミニバンとして設定されるようですね。

動画

正式発表に合わせて動画もいくらか公開されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ミニバン3兄弟がそれぞれの個性を活かし、新しいデザインとともに差別化されています!

素晴らしいマイナーチェンジですね!

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする