トヨタ新型ヴィッツ ヤリスに2020年フルモデルチェンジ 変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トヨタヴィッツ

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)の2020年に行われるフルモデルチェンジ情報です。

本記事では2020年に行われるトヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)のフルモデルチェンジに伴うデザイン、エンジン、価格、発売日といった変更点について記載します♪

なお、本記事ではトヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)について以下の情報を速報でお伝えしています。

トヨタ新型ヴィッツのポイント!
  • トヨタ新型ヴィッツはトヨタヤリスへと名前が変更される
  • トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)の新型エンジン
  • トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)のエクステリアデザイン
  • トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)のインテリアデザイン
  • トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)のGRモデル
  • トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)の新型プラットフォーム
  • トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)の先進安全装備(トヨタセーフティセンス)
  • トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)の発売日・発売時期
  • トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)の価格

また、記事の後半ではトヨタヴィッツ(ヤリス)の特徴や歴史について言及しておりますが詳細に知りたい方はこちらをご覧ください。

それでは2020年にフルモデルチェンジが行われるとされているトヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)について見てみましょう!

スポンサーリンク

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)のフルモデルチェンジの最新情報

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)のフルモデルチェンジ情報がリークされています。

一つずつフルモデルチェンジ情報を見てみましょう♪

トヨタ新型ヴィッツの名前がトヨタヤリスへと変更

トヨタヴィッツの名前

トヨタ新型ヴィッツではフルモデルチェンジに伴い名前が変更され全世界共通の”トヨタヤリス”となります。

トヨタヴィッツは日本国内において歴代大きな人気及び知名度があった為、名前の変更は大きなサプライズですね。

尚、ネーミングが変更された理由はエンジンやプラットフォームに非常に大規模な変更が行われることから、同じ車種と判断してほしくないという理由と考えられています。

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)のデザイン

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)のデザイン

トヨタ新型ヴィッツのデザインは現在のところ判明しておりません。

しかしながら全体的なエッセンスは判明しており、以下のような特徴があると報道されています。

  • トヨタ新型カローラスポーツのデザインを踏襲する
  • トヨタアクアのフロントグリルを拡大したようなフロントグリル
  • テールライトは現行型を細くしたデザイン
  • 全グレードLEDヘッドライト搭載
  • 国内向けは5ナンバーサイズを維持(後述のGRモデルは3ナンバー)
  • 海外向けと国内向けでサイズが異なる

トヨタ新型カローラスポーツは新しいトヨタデザインとして次々に搭載される計画があります。

このトヨタ新型カローラスポーツのデザインは新しいカローラフィルダーにも搭載されると言われています。今までのカローラの印象を一新する雰囲気です。

トヨタシンガタヴィッツ(ヤリス)のエクステリアデザインとインテリアデザインについて、続報が入り次第お伝えします。

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)はGRモデルも追加

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)のGRモデル

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)では、スポーツモデルとなるGRモデルも追加されます。

GRモデルはモータースポーツで培ったノウハウを蓄積し足回り、デザイン、エンジンを変更したスポーツモデルです。

ベースは同じでももはや完全に別車種といっても過言ではないほどスポーディなモデルです。

現行型トヨタヴィッツでもGRモデルは存在しているものの、トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)のGRモデルではサイズの拡大・エンジンの変更とさらなる進化を遂げると報道されています。

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)のプラットフォーム

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)のプラットフォーム

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)のプラットフォームでは新しくコンパクトカー専用TNGA(トヨタニューグローバルアーキテクチャ)が搭載されます。

TNGAは2017年に発売されたトヨタカムリ以降中型車種を中心に採用されており、グローバルに搭載されているプラットフォームです。

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)はコンパクトカーであるため同一のプラットフォームではないものの、TNGAの思想を引き継いだプラットフォームとして搭載されることでしょう。

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)はTNGAプラットフォームが搭載されることによってボディ剛性向上、軽量化、走行性能向上、後部座席の空間拡大と大幅なアップデートとなりそうです。

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)のエンジン

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)のエンジン

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)には以下のエンジンが搭載されると報道されています。

  • 直列3気筒1000ccガソリンエンジン(新開発)
  • 直列3気筒1500ccガソリンエンジン(新開発)
  • 直列2気筒1500ccハイブリッドエンジン(新開発)
  • 直列3気筒1600ccガソリンターボエンジン(新開発・GR専用)

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)ではエンジンが全て新開発エンジンとなり、2気筒もしくは3気筒へとダウンサイジングされる模様です。

ハイブリッドエンジンでは更なる燃費向上に向けて直列2気筒のガソリンエンジンを開発しており、一説によると燃費は45km/Lまで向上するという説まであります。

GRモデルでは、さらなるパワーアップとして1600ccターボエンジンが搭載されると報道されています。

ライバルとなるであろう車種と比べても遜色のないスポーツモデルとなりそうですね。

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)の燃費の他新しく搭載される技術やエンジンが判明した場合、続報をもってお伝えします。

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)の派生車種

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)には新しくSUVライクの派生車種がリリースされるという報道があります。

トヨタがリリースしているコンパクトSUVはC-HRのみであり、よりコンパクトなSUVをリリースすることは十分考えられることでしょう。

実際、同様の噂がホンダ新型フィットにもリークされています。

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)の派生車種について、より具体的な報道が入り次第お伝えします。

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)はトヨタセーフティセンス搭載

トヨタセーフティセンスの画像

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)は先進運転支援システムが新型トヨタセーフティセンスへとアップデートされます。

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)に搭載される新型トヨタセーフティセンスは、トヨタセーフティセンスPから機能を拡張した衝突予防パッケージです。

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)に搭載されるトヨタセーフティセンスでは以下の機能が追加されます。

  • 標識認識機能
  • 自動ブレーキが夜間歩行者や自転車を認識可能に向上
  • アダプティブクルーズコントロール(ACC)
  • ACC中同一車線から逸脱しないようにステアリングをサポート
  • 左右の接近車を警告するブラインドスポットモニター
  • リアへの衝突を回避するリヤクロストラフィックアラート
  • 電子ルームミラーのデジタルインナーミラー
  • 車々間通信で死角を埋めるITS Connect

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)の価格

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)の価格について、現在のところ具体的な情報は判明しておりません。

一説によるとトヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)はトヨタにおけるエントリーモデルということもあり価格はあまり上げないという説が一般的です。

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)の価格について具体的な情報が判明次第お伝えします。

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)の発売日・発売時期

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)の具体的な発売日は現在のところ判明しておりません。

しかしながらおよその発売時期は判明しており、トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)は2020年上旬頃発売となると考えられています。

トヨタ新型ヴィッツの発売が遅れる理由はコンパクトカー専用のTNGAの開発が遅れている……と報道されています。

そのため、発売時期が更にずれ込む可能性もあるでしょう。

スポンサーリンク

トヨタ新型ヴィッツのライバル

トヨタ新型ヴィッツはBセグメントハッチバックと呼ばれる種類に分類され、使い勝手の良さや税金の安さから世界中で大きな人気があります。

更に最量販車とも呼ばれ世界中で売れ筋である種類であることに加え、ユーザーからの要望が多く一切の妥協が許されないモデルです。

ライバル車種では、同じく世界戦略車でありガソリンモデルとハイブリッドモデルがリリースされているホンダフィットがあります。

こちらはトヨタ新型ヴィッツと同時期にリリースされる予定です。

他にも同じく世界戦略車であるものの、ハイブリッドではなくディーゼルエンジンで差別化しているマツダデミオがあります。

こちらはモデルチェンジのタイミングが異なり、2018年中にマイナーチェンジとなる模様です。

同じメーカーである為厳密に言うとライバルではないものの、トヨタアクアも最大のライバルの一つと言えるでしょう。

トヨタ新型アクアはトヨタ新型ヴィッツよりもわずかに早くフルモデルチェンジとなることが考えられています。

それぞれのライバルを比較すると以下のような特徴があります。

2020トヨタ新型ヴィッツ2019ホンダ新型フィット2019トヨタ新型アクア2018マツダ新型デミオ
エンジン3気筒1000cc~1500ccハイブリッド3気筒1000ccターボ~1500ccハイブリッド3気筒1500ccハイブリッド4気筒1500ccガソリンorディーゼル
予想発売時期2020年上旬2019年中旬2019年下旬2018年7月
変更概要フルモデルチェンジフルモデルチェンジフルモデルチェンジマイナーチェンジ
特徴スポーツモデルも採用室内空間が非常に広い燃費特化モデルディーゼルエンジン採用

スポンサーリンク

トヨタ新型ヴィッツのフルモデルチェンジ情報まとめ

  • トヨタヴィッツの名前がヤリスへと変更
  • 3種類の新開発エンジンが搭載
  • コンパクトカー専用のTNGAが採用
  • 発売時期は2020年上旬予定
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする