トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアが2020年フルモデルチェンジ 変更点の最新情報まとめ

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トヨタ新型ノア、ヴォクシー、エスクァイア

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアの2020年に行われるフルモデルチェンジ情報です。

本記事では2020年に行われるトヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのフルモデルチェンジに伴うデザイン、エンジン、価格、発売日といった変更点について記載します♪

なお、本記事ではトヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアについて以下の情報を速報でお伝えしています。

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのポイント!
  • トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのエクステリアデザイン
  • トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのインテリアデザイン
  • トヨタ新型ノアとヴォクシーは統合される
  • トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアは全チャンネルで販売
  • トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのエンジン
  • トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのプラットフォーム
  • トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアの安全運転支援システム
  • トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアの発売日・発売時期
  • トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアの価格

また、記事の後半ではトヨタノア ヴォクシー エスクァイアの特徴や歴史について言及しておりますが詳細に知りたい方はこちらをご覧ください。

三栄書房 三栄書房 2014-02-18
売り上げランキング : 54303

by ヨメレバ

それでは2020年にフルモデルチェンジが行われるとされているトヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアについて見てみましょう!

スポンサーリンク

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのフルモデルチェンジ情報

トヨタノア ヴォクシー エスクァイアは約6年周期でモデルチェンジしています。

現在のトヨタノア ヴォクシー エスクァイアは2014年に発売開始となっていることから、2020年にトヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアがフルモデルチェンジするという情報が判明しています!

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアの変更点について予測されている情報を一つずつご紹介します♪

トヨタ新型ノアとヴォクシーは統合され一本化

トヨタの販売チャネル

トヨタは2020年までにすべての販売チャネルを統合し、車種を半減させる予定があります。

その一環として共通パーツを採用している兄弟車のトヨタ新型ノア ヴォクシーを統合させ、全ての販売チャネルで販売されると報道されています。

トヨタは販売チャネル形式と呼ばれる方式で国内販売を行っており、以下のような差別化を行い販売活動をしていました。

  • 高級車を中心としたトヨタ店
  • 若者向けかつスポーディな車が多いネッツ店
  • 大衆車向けのカローラ店
  • 若者向けかつ比較的高級車の多いトヨペット店

これらをすべて一本化しこれまでネッツ店のみで販売されていたトヨタヴォクシーを、カローラ店のみで販売されていたトヨタノアを統合します。

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのエクステリアデザイン

トヨタ新型ノアのエクステリアデザイン

トヨタ新型ヴォクシーのエクステリアデザイン

トヨタ新型エスクァイアのエクステリアデザイン

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのエクステリアデザインについて、現在のところ具体的な情報は判明しておりません。

しかしながら現在判明している情報によると、トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのエクステリアデザインは以下のようなコンセプトとして開発されています。

  • トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアはすべてキープコンセプトで開発される
  • トヨタ新型ノア ヴォクシーはエアロパーツによってデザインを差別化
  • トヨタ新型エスクァイアは更に高級志向の車種へと移行
  • 一部上位グレードにシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)の搭載

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアの具体的なデザインについて具体的な情報が入り次第お伝えします。

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのインテリアデザイン

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのインテリア

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのインテリアについて現在のところ具体的な情報は判明しておりません。

しかしながら現在判明している情報によると、トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのインテリアデザインは以下のようなコンセプトとして開発されています。

  • 搭載されているナビの拡大
  • ヘッズアップディスプレイの搭載
  • 一部メッキ加飾の追加

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアの具体的なデザインについて具体的な情報が入り次第お伝えします。

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのエンジン

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのエンジン

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのエンジンは以下のエンジンが搭載されると言われています。

  • 直列4気筒2000ccハイブリッドエンジン(Dynamic Force Engine、新開発)
  • 直列4気筒2000ccガソリンエンジン(Dynamic Force Engine、新開発)

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアではガソリンエンジン、ハイブリッドエンジンともに新開発エンジンが搭載される予定です。

Dynamic Force Engineは熱効率が40%と世界で最も高いエンジンであり、高い燃費とパワーを両立しています。

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアはスポーディさも両立したエンジンが搭載されるでしょう。

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのプラットフォーム

トヨタ新型ノアヴォクシーエスクァイアのプラットフォーム

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアにはトヨタが10年掛けて開発したと言われているTNGA(Toyota New Global Architecture)が全面搭載されます。

TNGAが採用されることによって軽量化・走行性能の飛躍的な向上・ボディ剛性アップにつながることで運転する楽しさが更に楽しめることになります。

また、TNGAが採用されることによってサイズが変更されトヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアは以下のサイズとなることが予測されています。

2018トヨタノア ヴォクシーエスクァイア2020トヨタ新型ノア ヴォクシーエスクァイア
全長4,695mm4,725mm
全高1,825mm1,830mm
全幅1,695mm~1,745mm1,695mm~1,750mm
ホイールベース2,850mm2,875mm

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアの安全運転支援システム

トヨタセーフティセンスの画像

トヨタ新型ノア ヴォクシーエスクァイアは先進運転支援システムが新型トヨタセーフティセンスの第二世代が搭載されると言われています。

トヨタ新型ノア ヴォクシーエスクァイアに搭載される新型トヨタセーフティセンスは、現在搭載されているトヨタセーフティセンスを更に拡充したものだと言われています。

参考までに現行型トヨタノア ヴォクシーエスクァイアに現在搭載されているトヨタセーフティセンスでは以下の機能が搭載されています。

  • 現在走行している標識を認識しデジタルメーター上に表記(標識認識機能)
  • 踏み間違えた場合走行しないパーキングセーフティブレーキ
  • 夜間歩行者や自転車を認識できる高性能自動ブレーキシステム
  • 自動的にブレーキと走行を行うアダプティブクルーズコントロール(ACC)の搭載
  • ACC中同一車線から逸脱しないようにステアリングをサポート
  • 左右の接近車をサイドミラーで警告するブラインドスポットモニター
  • リアへの衝突を回避するリヤクロストラフィックアラート
  • 荷物積載で見えない際に活用される電子ルームミラーのデジタルインナーミラー
  • 車々間通信で死角を埋めるITS Connect

更にトヨタ新型ノア ヴォクシーエスクァイアでは高速道路上限定の一部自動運転や危険が迫った時ハンドルを制御するシステムも導入される可能性があります。

トヨタ新型トヨタ新型ノア ヴォクシーエスクァイアに搭載される第2世代トヨタセーフティセンスについて、具体的な情報が入り次第と伝えします。

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアの発売日・発売時期

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアの具体的な発売日は現在のところ判明しておりません。

しかしながらおよその発売時期は情報が判明しており、2020年上旬にフルモデルチェンジ予定とリークされています。

トヨタノア ヴォクシー エスクァイアが6年毎にモデルチェンジしていることを考えると妥当なタイミングと言えるでしょう。

トヨタ新型トヨタ新型ノア ヴォクシーエスクァイアの具体的な発売日について、具体的な情報が入り次第と伝えします。

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアの価格

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアの具体的な価格は現在のところ判明しておりません。

予測として、トヨタ新型ノア ヴォクシーの価格は横ばいから若干の値上げとなる一方、トヨタ新型エスクァイアはある程度の値上げに踏み切るのではないかと言われています。

トヨタ新型トヨタ新型ノア ヴォクシーエスクァイアの具体的な価格について、具体的な情報が入り次第と伝えします。

スポンサーリンク

トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのフルモデルチェンジ情報まとめ

  • トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのインテリアデザイン
  • トヨタ新型ノアとヴォクシーは統合される
  • トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアは全チャンネルで販売
  • トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのエンジン
  • トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアのプラットフォーム
  • トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアの安全運転支援システム
  • トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアの発売日・発売時期
  • トヨタ新型ノア ヴォクシー エスクァイアの価格

それでは最後にトヨタノア、ヴォクシー、エスクァイアの歴史と特徴について簡単にご解説します。

スポンサーリンク

トヨタノア、ヴォクシー、エスクァイアの特徴

トヨタノア、ヴォクシ、エスクァイアの歴史と特徴

トヨタのヴォクシー、ノア、エスクァイアはトヨタにおける量販車のミニバンです。

この3車が兄弟車として扱いされる理由は、プラットフォームが共有化されており、金額も近いため兄弟車として扱われることが多いのです。

全てトヨタで開発されておりますが、ディーラーが異なるためそれぞれライバルでありながら兄弟車という、面白い関係です。

それぞれの車の特徴を見てみましょう。

ノアとは?

ノアは2001年にデビューし、現行モデルである3代目は2014年にデビューしています。

2001年に発売されてから常にノア・ヴォクシーは同時にフルモデルチェンジ・リリースされており、運命的に競い合っているモデルであるといえます。

ノアの特徴はメッキを多めに、かつ押し出しの強いグリルを搭載しており、ミニバンの堂々としていて圧倒的な存在感のあるデザインとなっています。

また、ヘッドライトとの一体感もあり、非常にサイズ感のあるデザインに仕上がっていますね。

ヴォクシーとは?

ヴォクシーはノアと同様に2011年にデビューし、現行モデルである3代目は2014年にデビューしています。

2001年に発売されてから常にノア・ヴォクシーは同時にフルモデルチェンジ・リリースされており、運命的に競い合っているモデルであるといえます。

ヴォクシーの特徴はワイド&ローでよりスポーディ、ヘッドランプと連続する上下2段構成のフロントグリルを採用して独特の美意識を徹底した”毒気”のあるカッコ良さを追求したデザインとなっています。

エスクァイアとは?

最後にはエスクァイアから見てみましょう。

エスクァイアは他2種と異なり、2014年に初めてデビューしたモデルです。

エスクァイアはノア、ヴォクシーよりも高級感あふれるデザインとして設計されています。

フロントグリルはアンダーグリルまで広げてある広々したグリルデザインとなっており、中心部から両端部にかけてパターンを変化させた縦基調のグリル内デザインを保有、グリルバーとヘッドランプにスモーク加飾を施されています。

全体的なデザイン設計はノアに近いですね。

エスクァイアには、ノア/ヴォクシーと異なるポイントが2つあります。

ノア/ヴォクシーと異なり、エアログレードが存在しないため全グレードが5ナンバーとなっています。

エクステリアやインテリアにおいてノア/ヴォクシーよりも品質も高い部品を採用されているため、価格帯が高めに設定されているのも特徴です。

エンジンは?

ノア/ヴォクシー/エスクァイア3兄弟は、プラットフォームだけでなくエンジンも共有化されています。

ガソリンエンジンは2000cc、ハイブリッドエンジンは1800ccハイブリッドエンジンが搭載されています。

ハイブリッドエンジンでは、プリウスと共通のエンジンが搭載されていることもありJC08モードで23.8kmと素晴らしい燃費を叩きが出しています。

ミニバンのシートアレンジや居住性は欲しいけど、プリウスのような燃費が兼ね揃えられた素晴らしいミニバンですね。

次期型ヴォクシー/ノア/エスクァイアは2Lハイブリッド搭載

トヨタはヴォクシー/ノア/エスクァイアを2020年初めにも世代交代しますが、その次期型が搭載するパワーユニットは新開発の2L、NAガソリンエンジンと、同じ2Lのハイブリッドに切り替える見通しです。

写真はノア。昨年ビッグマイチェンを実施して販売台数を伸ばしている。次期型は2020年に登場予定
写真はノア。昨年ビッグマイチェンを実施して販売台数を伸ばしている。次期型は2020年に登場予定

現行モデルに搭載される1.8Lハイブリッドは車重の嵩むボックス型ミニバンには非力で、加速性の弱さが課題になっています。これを2Lに排気量アップすることでトルクフルな乗り味を実現させます。同時にNAガソリン車に加えて、ハイブリッド車にも4WDを設定すると思われます。これによって対抗モデルのセレナ、ステップワゴンをさらに販売で引き離しトップシェアの奪還を目指す見込みです。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする