トヨタ新型RAV4を2019年フルモデルチェンジし国内販売 エンジン価格発売日最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トヨタ新型RAV4のデザイン

トヨタ新型RAV4の2019年に行われるフルモデルチェンジ情報です。

本記事では2019年に行われるトヨタ新型RAV4のフルモデルチェンジに伴うデザイン、エンジン、価格、発売日といった変更点について記載します♪

なお、本記事ではトヨタ新型RAV4について以下の情報を速報でお伝えしています。

  • トヨタ新型RAV4のエクステリアデザイン(外装)の特徴
  • トヨタ新型RAV4のインテリアデザイン(内装)の特徴
  • トヨタ新型RAV4のエンジンの特徴
  • トヨタ新型RAV4のハイブリッドエンジンの特徴
  • トヨタ新型RAV4の先進安全装備(トヨタセーフティセンス)の特徴
  • トヨタ新型RAV4の発売日・発売時期の詳細
  • トヨタ新型RAV4の予想されている価格
  • トヨタ新型RAV4の新世代プラットフォームの特徴
  • トヨタ新型RAV4のサイズの詳細

記事の後半ではトヨタRAV4の特徴や歴史について言及しておりますが詳細に知りたい方はこちらをご覧ください。

三栄書房 三栄書房 2015-03-18
売り上げランキング : 207217

by ヨメレバ

それでは2019年にフルモデルチェンジが行われるとされているトヨタ新型RAV4について見てみましょう!

スポンサーリンク

トヨタ新型RAV4のフルモデルチェンジ情報

トヨタ新型RAV4は米国で行われた2018年3月のニューヨークモーターショーにて発表されました。

発表された内容及び国内販売の情報を一つずつご紹介します。

トヨタ新型RAV4の公式画像

2018年3月ニューヨークモーターショーをもってトヨタ新型RAV4が公開されました。

トヨタ新型RAV4のデザイン トヨタ新型RAV4のデザイントヨタ新型RAV4のデザイントヨタ新型RAV4のデザイントヨタ新型RAV4のデザイントヨタ新型RAV4のデザイントヨタ新型RAV4のデザイントヨタ新型RAV4のデザイン

トヨタ新型RAV4はフルモデルチェンジを機に国内販売再開

トヨタ新型RAV4のデザイン

トヨタ新型RAV4は国内で席巻しているSUVブームに対応するために、フルモデルチェンジを機に国内販売が再開することが発表されました。

現行型トヨタRAV4は2013年に発売開始となっていることから、2019年にフルモデルチェンジとなれば6~7年間のモデルとなるようですね。

日本国内では長らく存在していないモデルだった為、新鮮な印象となるモデルになりそうです。

トヨタ新型RAV4のスパイショット

トヨタ新型RAV4が南カリフォルニアで撮影されました。

トヨタ新型RAV4の画像 トヨタ新型RAV4の画像 トヨタ新型RAV4の画像

トヨタ新型RAV4はよりボクシースタイルな雰囲気があり、タフな印象を持たせるデザインとなりそうです。

トヨタ新型RAV4のコンセプトカー

トヨタ新型RAV4のコンセプトカーである、”FT-ACコンセプト”がデトロイトモーターショーにて発表されました。

トヨタFT-ACコンセプトの画像

スパイショットを見る限り、グリルデザイン中央のメッキが似ておりことから信憑性がありそうですね。

トヨタ新型RAV4はTNGAプラットフォーム採用

トヨタ新型RAV4 プラットフォーム

新型プリウス以降、C-HR、カムリと次々に搭載されている新型プラットフォームである、TNGAが全面採用となります。

TNGAが採用されることによってサイズが拡大し、トヨタ新型RAV4は以下のサイズとなります。

※()内は先代型トヨタRAV4との比較

全長4,595mm(-5mm)
全幅1,855mm(+10mm)
全高1,700mm(-5mm)
ホイールベース2,690mm(+30mm)

全長が短くなる一方、ホイールベースや全幅が延長されるため直進安定性及び後部座席の室内空間が拡大します。

運転する楽しさと燃費性能は両立するSUVとなるでしょう。

トヨタ新型RAV4は新型トヨタセーフティセンスが搭載

トヨタ新型アルファード・ヴェルファイアに搭載されるトヨタセーフティセンスの画像

トヨタ新型RAV4は新型トヨタセーフティセンスが搭載されます。

トヨタ新型RAV4に搭載される新型トヨタセーフティセンスは、トヨタセーフティセンスPから機能を拡張した衝突予防パッケージです。

トヨタ新型RAV4に搭載されるトヨタセーフティセンスではトヨタセーフティセンスPの機能に加え、更に以下の機能が追加されます。

  • 標識認識機能
  • 自動ブレーキが夜間歩行者や自転車を認識可能に向上
  • 踏み間違い防止機能
  • アダプティブクルーズコントロール(ACC)
  • ACC中同一車線から逸脱しないようにステアリングをサポート
  • 左右の接近車を警告するブラインドスポットモニター
  • リアへの衝突を回避するリヤクロストラフィックアラート
  • 電子ルームミラーのデジタルインナーミラー
  • 車々間通信で死角を埋めるITS Connect
  • 誤発進抑制機能

これら機能は他ライバルメーカーと比べても遜色のない非常に洗練された技術です。

それでは簡単に、ベースとなるトヨタセーフティセンスPについてご説明します。

トヨタセーフティセンスPとは?

トヨタセーフティセンスPとは、ミリ波レーダーと赤外線カメラを併用した高精度な検知センサーを活用し、障害物、車、歩行者を認識し事前に衝突を回避する予防安全技術のことです。

トヨタセーフティセンスPの機能は主に4種類です。

約10~80km/hの速度域で自動ブレーキが作動するプリクラッシュセーフティシステムと呼ばれる自動ブレーキがあります。

トヨタセーフティセンスP プリクラッシュセーフティシステム

二つ目には、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合にブザーとディスプレイ表示で警報する、レーンディパーチャーアラートと呼ばれる車線逸脱警報です。

ただしこの機能は後述する通り代替されます。

トヨタセーフティセンスP レーンディパーチャーアラート

3つめは周囲の明るさや対向車のヘッドランプ、先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えるオートマチックハイビームです。

トヨタセーフティセンスP オートマチックハイビーム

最後に設定車速の範囲内で先行車の車速に併せて速度を調節すること、でブレーキ・発進を自動で行い一定の車間距離を保ちながら追従走行する、レーダークルーズコントロールの4つです。

トヨタセーフティセンスP レーダークルーズコントロール

トヨタ新型RAV4のエンジン

トヨタ新型RAV4 エンジン

トヨタ新型RAV4のエンジンレパートリーは以下の3種類が予定されています。

  • 直列4気筒2000ccガソリンエンジン
  • 直列4気筒直噴2500ccガソリンエンジン(Dynamic Force Engine)
  • 直列4気筒2500ccハイブリッドエンジン(THSⅡ)

2500ccハイブリッドエンジン(THSⅡ)は兄弟車のトヨタハリアーとバッティングするため搭載されないと考えられていたものの、北米版では搭載される模様です。

国内販売でも2500ccハイブリッドエンジン(THSⅡ)搭載される可能性が非常に高いと言えるでしょう。

また、トヨタ新型RAV4では新開発トランスミッションであるDirect Shift-8ATが搭載されます。

Direct Shift-8ATはCVTのようなスムースな多段ATであり、トップレベルの伝達効率によって高燃費やダイレクトな運転を実現するでしょう。

燃費やトルクといったエンジンの詳細情報は続報をもって追記します。

トヨタ新型RAV4の4WDシステム

トヨタ新型RAV4では上位グレードにおいて新しい4WDシステムのダイナミックトルクベクタリングAWDが搭載されます。

本4WDシステムは前後および後輪の左右駆動力を最適に制御するトルクベクタリング機構を搭載することで優れた操縦安定性を実現しました。

また、2WD走行時には後輪に動力を伝達する駆動を停止させ燃費向上を図る「ディスコネクト機構」も搭載しています。

尚、4WDモデルはガソリンエンジンモデルだけでなくハイブリッドモデルでも発売されます。

ハイブリッドモデルではe-Fourと呼ばれる、バッテリーによってAWDを擬似的に実現したシステムが採用されます。

トヨタ新型RAV4はPHVモデルも追加

トヨタ新型RAV4はガソリンエンジンの他にもPHVモデルも追加されます。

ただしトヨタ新型RAV4のグレードの一つとなるわけではなく、別車種となるかデザインは大きく変更され、実質的に別車種となる予定です。

トヨタプリウスとトヨタプリウスPHVのような関係となることが考えられます。

ただし発売は大きく遅れ、マイナーチェンジ時に追加されるという報道があります。

トヨタ新型RAV4のPHVモデルの詳細は続報を持って追記します。

トヨタ新型RAV4は2列シート及び3列シートモデルの2種類が発売

トヨタ新型RAV4では2列シートモデルと3列シートモデルの2種類が発売されます。

3列シートモデルはキャプテンシートモデルの2:2:2の6人乗りモデルのみが発売される予定です。

3列シートモデルはロングホイールベースに調整されるため、室内空間はしっかりと確保されることでしょう。

トヨタ新型RAV4の発売時期・発売日

トヨタ新型RAV4の具体的な発売日は現在のところ判明しておりません。

しかしながら現在の計画によると、トヨタ新型RAV4の発売時期は2019年4月が計画されています。

具体的な発売時期や発売日が判明次第お伝えします。

トヨタ新型RAV4の価格

トヨタ新型RAV4の価格は現在のところ具体的な情報は判明しておりません。

現在のトヨタにおけるSUVラインナップから、トヨタ新型RAV4のポジションはトヨタC-HR以上トヨタハリアー未満となる予定です。

ここから価格は251万6千円~294万5千円の間になると考えられます。

スポンサーリンク

トヨタ新型RAV4のライバルとの比較

トヨタ新型RAV4のデザイン

トヨタ新型RAV4は今や地球上で最も競争が激しいミドルサイズSUVと呼ばれる種類に分類されます。

日本車メーカーでも小型車に特化したダイハツとスズキ以外すべてのメーカーがリリースしており、グループであるスバルともバッティングしています。

グループどころかトヨタ内において最強であり最大のライバルとなるであろう、トヨタハリアーが存在します。

トヨタRAV4同様に、一時期国内ではほぼ撤退状態となっていたホンダCR-Vもフルモデルチェンジに伴い国内復活となります。

こちらはハイブリッドエンジンもあり、トヨタ新型RAV4を明確にライバル視していることでしょう。

国内でも評判が高くオリジナリティがあるブランドのマツダCX-5では、2020年にFR化を含むフルモデルチェンジが計画されています。

日産では日本でも大きな評価によって市民権を得たe-POWERを搭載した日産新型エクストレイルが2019年リリースされる予定です。

これら競合よりも優位性があり差別化されたトヨタ新型RAV4を期待したいですね♪

スポンサーリンク

トヨタ新型RAV4のフルモデルチェンジ情報まとめ

  • 2019年フルモデルチェンジを機に国内販売再開
  • デザインはC-HRと酷似してしまうことから大きく変更
  • TNGAプラットフォーム採用
  • 拡張型トヨタセーフティセンス採用
  • PHVモデルが追加

出典

トヨタ製品情報

トヨタグローバルニュースルーム

それでは最後にトヨタRAV4の歴史について簡単に振り返ってみましょう。

トヨタRAV4の特徴

トヨタ 現行型RAV4

トヨタRAV4(ラブフォー)は1994年から発売開始となったトヨタにおけるミドルサイズSUVです。

RAV4とはRecreational Active Vehicle 4Wheel Driveの頭文字です。LOVEではありません。

国内ではかつてクロスオーバーSUVとして日本最高クラスの人気があったモデルです。

しかしながらじわじわと人気が減った他兄弟車のデビューによって2016年に3代目RAV4を最後に発売停止となりました。

米国や欧州では2018年現在でもミドルサイズSUVの中でもずば抜けた人気があります。

まさしくトヨタにおけるSUVの柱といえるモデルですね。

初代トヨタRAV4が大人気となった理由

トヨタ初代RAV4

今でこそトヨタRAV4は発売停止となってしまったものの、かつてトヨタRAV4は国内に置けるトヨタの中でもトップクラスの人気があったモデルでした。

その理由として、当時SUVと言うと超重量によって燃費や乗り心地が最悪で現在のSUVとはかけ離れたようなモデルであったことに由来します。

初代トヨタRAV4はSUVのデメリットをなくすためセダンをベースとしたクロスオーバーSUVの仕組みを開発し、燃費・乗り心地の良い革新的なSUVとしてリリースされました。

トヨタRAV4の大成功を受けて、ライバルであるホンダCR-V、日産エクストレイル、スバルフォレスターと様々なメーカーが追随しています。

この流れは現在では更に過激とも言えるようなSUVブームとつながっていますね。

当時は国内での人気が高くグローバルではあまり人気がなかったものの、モデルチェンジを繰り返すごとにグローバルモデルを意識し徐々にサイズが拡大しています。

その結果国内での売上は低迷する一方、北米・中国・欧州にて圧倒的な人気モデルへと成長しました。

国内向けトヨタRAV4の販売が停止したもう一つの理由

3代目ハリアー

国内向けトヨタRAV4の発売が停止した理由はサイズ拡大による道路状況とのミスマッチだけではありません。

トヨタは新型RAV4のプラットフォームを採用した国内専売車のトヨタハリアーを成功させるため、トヨタRAV4のフルモデルチェンジは見送りとなりました。

当時すでに徐々に人気が落ちていたものの根強いファンの多いトヨタRAV4でしたが、トヨタとしては高級車を売ることで利益を増やす方がメリットがあります。

結果的にトヨタハリアーを復活させる一方、トヨタRAV4は徐々に姿を消していくこととなりました。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする