トヨタ新型RAV4を2019年フルモデルチェンジし国内販売の最新情報

スポンサーリンク

トヨタ新型RAV4のフルモデルチェンジ情報

トヨタ新型RAV4について様々な情報がリークされています。情報を見てみましょう!

トヨタ新型RAV4はフルモデルチェンジを機に国内販売再開

トヨタ新型RAV4のデザイン

トヨタ新型RAV4は国内で席巻しているSUVブームに対応するために、フルモデルチェンジを機に国内販売が再開することがリークされました!

現行型RAVは2013年に発売開始となっていることから、2019年にフルモデルチェンジとなれば6~7年間のモデルとなるようですね。

トヨタ新型RAV4の公式画像

2018年3月ニューヨークモーターショーをもってトヨタ新型RAV4が公開されました。

トヨタ新型RAV4のデザイン トヨタ新型RAV4のデザイントヨタ新型RAV4のデザイントヨタ新型RAV4のデザイントヨタ新型RAV4のデザイントヨタ新型RAV4のデザイントヨタ新型RAV4のデザイントヨタ新型RAV4のデザイン

トヨタ新型RAV4のティザー画像

2018年3月に行われるニューヨークモーターショーに先立ちティザーサイト及びティザー画像が公開されました。

トヨタ新型RAV4のデザイン

トヨタ新型RAV4のスパイショット

トヨタ新型RAV4が南カリフォルニアで撮影されました。

トヨタ新型RAV4の画像 トヨタ新型RAV4の画像 トヨタ新型RAV4の画像

トヨタ新型RAV4はよりボクシースタイルな雰囲気があり、タフな印象を持たせるデザインとなりそうです。

トヨタ新型RAV4のコンセプトカー

スパイショットを撮影したauto guideによると、トヨタ新型RAV4は以前リリースされたFT-ACコンセプトに似ているのではないか?と考えられています。

トヨタFT-ACコンセプトの画像

スパイショットを見る限り、グリルデザイン中央のメッキが似ておりことから信憑性がありそうですね。

また、上記のスパイショットを元にトヨタ新型RAV4の予想デザインがリークされました。

SUVらしく非常にタフな印象を与えるデザインとなりそうですね。

トヨタ新型RAV4の予想デザイン

トヨタ新型RAV4はTNGAプラットフォーム採用

トヨタ新型RAV4 プラットフォーム

新型プリウス以降、C-HR、カムリと次々に搭載されている新型プラットフォームである、TNGAが全面採用となります。

TNGAが採用されることによってサイズが拡大します。

トヨタ新型RAV4のサイズは以下のとおりです。

全長 4,595mm(-5mm)
全幅 1,855mm(+10mm)
全高 1,700mm(-5mm)
ホイールベース 2,690mm(+30mm)

全長が短くなる一方、ホイールベースや全幅が延長されるため直進安定性及び後部座席の室内空間が拡大します。

運転する楽しさと燃費性能は両立するSUVとなりそうですね!

トヨタ新型RAV4は新型トヨタセーフティセンスが搭載

トヨタ新型アルファード・ヴェルファイアに搭載されるトヨタセーフティセンスの画像

トヨタ新型RAV4は新型トヨタセーフティセンスが搭載されます。

トヨタ新型RAV4に搭載される新型トヨタセーフティセンスは、トヨタセーフティセンスPから機能を拡張した衝突予防パッケージです。

トヨタ新型RAV4に搭載されるトヨタセーフティセンスではトヨタセーフティセンスPの機能に加え、更に以下の機能が追加されます。

  • カメラ・レーダーの機能が向上
  • 標識認識機能の追加
  • 自動ブレーキが夜間歩行者や自転車を認識可能に向上
  • レーダークルーズ中同一車線から逸脱しないようにステアリングをサポート
  • 左右の接近車を警告するブラインドスポットモニター
  • リアへの衝突を回避するリヤクロストラフィックアラート
  • 電子ルームミラーのデジタルインナーミラー
  • 車々間通信で死角を埋めるITS Connect

これら機能はライバルの日産リーフに搭載されたプロパイロットと同等クラスの機能です。先日リリースされた新型リーフにも搭載されていますね。

日産の電気自動車、リーフのフルモデルチェンジ情報です! ...

それでは簡単に、ベースとなるトヨタセーフティセンスPについてご説明します。

トヨタセーフティセンスPとは?

トヨタセーフティセンスPとは、ミリ波レーダーと赤外線カメラを併用した高精度な検知センサーを活用し、障害物、車、歩行者を認識し事前に衝突を回避する予防安全技術のことです。

トヨタセーフティセンスPの機能は主に4種類です。

約10~80km/hの速度域で自動ブレーキが作動するプリクラッシュセーフティシステムと呼ばれる自動ブレーキがあります。

トヨタセーフティセンスP プリクラッシュセーフティシステム

二つ目には、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合にブザーとディスプレイ表示で警報する、レーンディパーチャーアラートと呼ばれる車線逸脱警報です。

ただしこの機能は後述する通り代替されます。

トヨタセーフティセンスP レーンディパーチャーアラート

3つめは周囲の明るさや対向車のヘッドランプ、先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えるオートマチックハイビームです。

トヨタセーフティセンスP オートマチックハイビーム

最後に設定車速の範囲内で先行車の車速に併せて速度を調節すること、でブレーキ・発進を自動で行い一定の車間距離を保ちながら追従走行する、レーダークルーズコントロールの4つです。

トヨタセーフティセンスP レーダークルーズコントロール

トヨタ新型RAV4のエンジン

トヨタ新型RAV4 エンジン

トヨタ新型RAV4のエンジンレパートリーは以下の2種類が予定されています。

  • 直列4気筒直噴2500ccガソリンエンジン(Dynamic Force Engine)
  • 直列4気筒2500ccハイブリッドエンジン(THSⅡ)

2500ccハイブリッドエンジン(THSⅡ)は兄弟車のトヨタハリアーとバッティングするため搭載されないと考えられていたものの、北米版では搭載される模様です。

欧州向けには上記エンジンに加え、以下のエンジンも搭載されます。

おそらく廉価モデルとなると考えられます。

  • 直列4気筒2000ccガソリンエンジン

現在のところ、トヨタ新型RAV4の国内販売におけるエンジンラインナップは不明です。

続報をもってお伝えします。

また、新しいトランスミッションであるDirect Shift-8ATが搭載されます。

Direct Shift-8ATはCVTのようなスムースな多段ATであり、トップレベルの伝達効率によって高燃費やダイレクトな運転を実現するでしょう。

トヨタ新型RAV4の4WDシステム

トヨタ新型RAV4では上位グレードにおいて新しい4WDシステムのダイナミックトルクベクタリングAWDが搭載されます。

本4WDシステムは前後および後輪の左右駆動力を最適に制御するトルクベクタリング機構を搭載することで優れた操縦安定性を実現しました。

また、2WD走行時には後輪に動力を伝達する駆動を停止させ燃費向上を図る「ディスコネクト機構」も搭載しています。

4WDの操縦安定性に加え、2WDの燃費性能を両立したAWDとなりそうですね。

トヨタ新型RAV4はPHVモデルも追加

トヨタ新型RAV4はガソリンエンジンの他にもPHVモデルも追加されます。

ただしトヨタ新型RAV4のグレードの一つとなるわけではなく、別車種となるかデザインは大きく変更され、実質的に別車種となる予定です。

トヨタプリウスとトヨタプリウスPHVのような関係となることが考えられます。

また、発売はトヨタ新型RAV4に比べ幾ばくか遅くなるでしょう。

トヨタ新型RAV4は3列シートモデルもリリース

トヨタ新型RAV4では3列シートモデルも追加される予定です。

3列シートモデルはロングホイールベースに調整されるため、室内空間はしっかりと確保されることでしょう。

トヨタ新型RAV4の発売時期・発売日

トヨタ新型RAV4の具体的な発売日は現在のところ判明しておりません。

しかしながら2018年3月に行われるニューヨークモーターショーにてワールドプレミアされ、発売時期は2018年から2019年と考えられています。

考えられる時期として現行型RAV4が2013年3月にて発売開始となっていることから、2019年3月頃発売開始となるのではないのでしょうか?

具体的な発売時期や発売日が判明次第お伝えします。

トヨタ新型RAV4の価格

トヨタ新型RAV4の価格は現在のところリークがありません。

現在のトヨタにおけるSUVラインナップから、トヨタ新型RAV4のポジションはトヨタC-HR以上トヨタハリアー未満となる予定です。

ここから価格は251万6千円~294万5千円の間になると考えられます。

スポンサーリンク

トヨタ新型RAV4のフルモデルチェンジ情報まとめ

  • 2019年フルモデルチェンジを機に国内販売再開
  • デザインはC-HRと酷似してしまうことから大きく変更
  • TNGAプラットフォーム採用
  • 拡張型トヨタセーフティセンス採用
  • PHVモデルが追加

出展

トヨタ製品情報

トヨタグローバルニュースルーム

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする