トヨタ新型RAV4を2019年フルモデルチェンジし国内販売の最新情報

スポンサーリンク

トヨタRAV4の特徴

トヨタ 現行型RAV4

トヨタRAV4(ラブフォー)は1994年から発売開始となったトヨタにおけるミドルサイズSUVです。

RAV4とは、Recreational Active Vehicle 4Wheel Driveの頭文字です。LOVEではありません。

国内ではかつてクロスオーバーSUVとして日本最高クラスの人気があったモデルです。

しかしながらじわじわと人気が減った他兄弟車のデビューによって2016年に3代目RAV4を最後に発売停止となりました。

米国や欧州では2017年現在でもミドルサイズSUVの中でもずば抜けた人気があります。

まさしくトヨタにおけるSUVの柱といえるモデルですね。

初代トヨタRAV4が大人気となった理由

トヨタ初代RAV4

今でこそトヨタRAV4は発売停止となってしまったものの、かつてトヨタRAV4は国内に置けるトヨタの中でもトップクラスの人気があったモデルでした。

その理由として、当時SUVと言うと超重量によって燃費や乗り心地が最悪で現在のSUVとはかけ離れたようなモデルであったことに由来します。

初代トヨタRAV4はSUVのデメリットをなくすためセダンをベースとしたクロスオーバーSUVの仕組みを開発し、燃費・乗り心地の良い革新的なSUVとしてリリースされました。

トヨタRAV4の大成功を受けて、ライバルであるホンダCR-V、日産エクストレイル、スバルフォレスターと様々なメーカーが追随しています。

この流れは現在では更に過激とも言えるようなSUVブームとつながっていますね。

当時は国内での人気が高くグローバルではあまり人気がなかったものの、モデルチェンジを繰り返すごとにグローバルモデルを意識し徐々にサイズが拡大しています。

その結果国内での売上は低迷する一方、北米・中国・欧州にて圧倒的な人気モデルへと成長しました。

国内向けトヨタRAV4の販売が停止したもう一つの理由

3代目ハリアー

国内向けトヨタRAV4の発売が停止した理由はサイズ拡大による道路状況とのミスマッチだけではありません。

トヨタは新型RAV4のプラットフォームを採用した国内専売車のトヨタハリアーを成功させるため、トヨタRAV4のフルモデルチェンジは見送りとなりました。

当時すでに徐々に人気が落ちていたものの根強いファンの多いトヨタRAV4でしたが、トヨタとしては高級車を売ることで利益を増やす方がメリットがあります。

結果的にトヨタハリアーを復活させる一方、トヨタRAV4は徐々に姿を消していくこととなりました。

それでは次のページから、トヨタ新型RAV4のフルモデルチェンジに伴う国内販売情報を見てみましょう!

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする