トヨタ新型アクアに2019年フルモデルチェンジ 変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トヨタアクア

トヨタ新型アクアの2019年に行われるフルモデルチェンジ情報です。

本記事では2019年に行われるトヨタ新型アクアのフルモデルチェンジに伴うデザイン、エンジン、価格、発売日といった変更点について記載します♪

なお、本記事ではトヨタ新型アクアについて以下の情報を速報でお伝えしています。

  • トヨタ新型アクアの新型ハイブリッドエンジンの詳細
  • トヨタ新型アクアの予測されている燃費
  • トヨタ新型アクアは新開発の先進安全装備搭載
  • トヨタ新型アクアは新型プラットフォーム採用
  • トヨタ新型アクアの発売時期は2019年下旬予定

また、記事の後半ではトヨタアクアの特徴や歴史について言及しておりますが詳細に知りたい方はこちらをご覧ください。

それでは2019年にフルモデルチェンジが行われるとされているトヨタ新型アクアについて見てみましょう!

スポンサーリンク

トヨタ新型アクアのフルモデルチェンジ最新情報まとめ

トヨタ新型アクアは2019年発売となり、宿命とも言える燃費の改善や問題視されていた室内空間に対し改善が行われる模様です。

トヨタ新型アクアのフルモデルチェンジ情報を見てみましょう!

トヨタ新型アクアのデザイン

トヨタアクア

トヨタ新型アクアのデザイン

トヨタ新型アクアのデザインは、現在のところ判明しておりません。

ただし一説によると今までのデザインコンセプトを引き継いだ愛嬌があり老若男女問わず愛されるデザインとなることが予想されています。

兄弟車のトヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)はスポーディさをアピールするということですから異なる路線として差別化されていくこととなりそうですね。

具体的なデザインの詳細が判明次第お伝えします。

トヨタ新型アクアのプラットフォーム

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)のプラットフォーム

トヨタ新型アクアのプラットフォームでは新しくコンパクトカー専用TNGA(トヨタニューグローバルアーキテクチャ)が搭載されます。

TNGAは2017トヨタカムリ以降トヨタプリウス、トヨタC-HRと比較的大きい車種に搭載されている世界共通のプラットフォームです。

トヨタ新型アクアに搭載されるTNGAはコンパクトカー専用のTNGAとなり、TNGAの思想を引き継いでいるものの別のプラットフォームとなるでしょう。

またトヨタ新型アクアではコンパクトカー専用のTNGAを採用することによってサイズは5ナンバーを維持すると考えられています。

これはナイスなポイントと言えるでしょう。

トヨタ新型アクアのエンジンと燃費

トヨタ新型ヴィッツ(ヤリス)のエンジン

トヨタ新型アクアには以下のエンジンが搭載されると報道されています。

  • 直列3気筒1500ccハイブリッドエンジン(新開発)

トヨタ新型アクアのハイブリッドエンジンは現在のシステムをそのまま流用し、新開発の直列3気筒1500ccエンジンが採用されると考えられています。

技術こそ同等であるもののバッテリー容量の増加やピストン数の減少、エンジンの最適化によって更なる高燃費・低振動・低騒音となる模様です。

また、燃費は現在の37.4km/Lを超えて41.0km/Lを目指していると報道されています。

ちなみに上位車種であるトヨタプリウスはマイナーチェンジに伴い更なる燃費改善を目指していると報道されています。

トヨタ新型アクアはトヨタ新型プリウスを超えることができるのでしょうか?

トヨタ新型アクアはトヨタセーフティセンス搭載

トヨタセーフティセンスの画像

トヨタ新型アクアは先進運転支援システムが新型トヨタセーフティセンスへとアップデートされます。

トヨタ新型アクアに搭載される新型トヨタセーフティセンスは、トヨタセーフティセンスPから機能を拡張した衝突予防パッケージです。

トヨタ新型アクアに搭載されるトヨタセーフティセンスでは以下の機能が追加されます。

  • 現在走行している標識を認識しデジタルメーター上に表記
  • 自動ブレーキが夜間歩行者や自転車を認識可能に向上
  • アダプティブクルーズコントロール(ACC)の搭載
  • ACC中同一車線から逸脱しないようにステアリングをサポート
  • 左右の接近車をサイドミラーで警告するブラインドスポットモニター
  • リアへの衝突を回避するリヤクロストラフィックアラート
  • 荷物積載で見えない際に活用される電子ルームミラーのデジタルインナーミラー
  • 車々間通信で死角を埋めるITS Connect

これだけの機能があればはじめて車を購入した方も、ご年配の方でも安心して運転することができますね。

トヨタ新型アクアの価格

トヨタ新型アクアの価格について、現在のところ具体的な情報は判明しておりません。

具体的な価格が判明次第お伝えします。

トヨタ新型アクアの発売日・発売時期

トヨタ新型アクアの具体的な発売日は現在のところ判明しておりません。

しかしながらおよその発売時期は判明しており、トヨタ新型アクアは2019年下旬頃発売となると考えられています。

トヨタ新型アクアの発売が遅れる理由はコンパクトカー専用のTNGAの熟成を優先させるためにモデルチェンジのタイミングを遅らせていると報道されています。

そのため、発売時期が更にずれ込む可能性もあるでしょう。

同様に兄弟車となるトヨタ新型ヴィッツも遅れると報道されています。

トヨタ新型アクアはトヨタ新型ヴィッツよりも先に発売されると報道されていることから力の入れようがわかりますね。

スポンサーリンク

トヨタ新型アクアのライバル

トヨタ新型アクアのデザイン

トヨタ新型アクアはBセグメントハッチバックと呼ばれる種類に分類され、世界中で最も競争が過酷な種類の一つです。

日本国内でも競争は非常に激しくトヨタ内ではトヨタヴィッツと競いつつ、ライバルメーカーではホンダフィットやマツダデミオと名だたる競合が自社のすべての技術を搭載し競争しています。

スポンサーリンク

トヨタ新型アクアのフルモデルチェンジ情報まとめ

  • 3種類の新開発エンジンが搭載
  • コンパクトカー専用のTNGAが採用
  • トヨタセーフティセンス搭載
  • 発売時期は2019年下旬予定

それでは最後にトヨタアクアの特徴と歴史について振り返ってみましょう!

トヨタアクアの特徴

トヨタアクアはトヨタのハイブリッド車の中で最も小さい小型車であり、トヨタ小型車における中核モデルです。

国内で最も売れた普通車としてNo1の常連であったモデルです。日本で最も見る車の一つであると言えます。

トヨタアクアの特徴として、ハイブリッド専用車種でありガソリンモデルはラインナップされていません。トヨタプリウス、トヨタプリウスαとトヨタ内でも非常に独特な車でもあります。

また、日本市場戦略車であり日本の自動車事情に合わせ5ナンバーに抑えつつ、世界トップクラスの燃費と環境性能を兼ね備えたコンパクトカーとなります。

トヨタアクアはプリウスファミリーとして販売されており、トヨタプリウスのデザインを踏襲しています。

フロントのアンダーグリルは台形の形状をしています。

この台形を”アンダープライオリティ”と呼び、ほぼ全てのトヨタ車にこのデザインが踏襲されています。

横から見るとトヨタのハイブリッド車特有のデザインである、運転席の真上を頂点とし後部座席に向かって緩やかに屋根を傾けるデザインです。

こちらもプリウスファミリーのみに適用されているデザインです。

燃費が良いと直感でき、オシャレに作ってあり老若男女誰が乗ってもしっくりくるデザインに仕上がっていますね!

CMも多数公開されていました。

大人気ゲームであるモンスターハンターのCMなんかもあり、トヨタの本気を感じます。

トヨタ アクア TVCM|2014 冒険篇(ドラクエ)・狩猟篇(モンハン)

トヨタアクアの魅力

トヨタアクアの魅力として、気取りすぎず存在感を出すデザインが挙げられます。

可愛らしくもあり、オシャレな雰囲気もあり、全てが程よくデザインされています。

また、カラーの多様性、派生車種の多様性、インテリアデザインの多様性と自分だけのアクアを作ることが出来ます。

自分だけのこだわりがだせるポイントもアクアの魅力ですね!

AQUA オンリーワンのアクア選び

コンパクトカーでは見逃されがちなインテリアデザインも素晴らしいです。

パネル、シートカラー、シフトノブと自分だけのこだわりを徹底的に追求できます。

コンパクトカーながら、トヨタの”カイゼン”を追求してコンパクトカーでも有数な広さを実現しています!トヨタの看板車の理由がわかりますね。

トヨタといえばハイブリッド。ハイブリッドと言えば燃費とも言えるほど、ハイブリッドと燃費は切っても切り離せない関係にあります。

アクアのハイブリッドはかつて国内No1をキープし続けたこともあり、圧倒的な燃費性能です。最大37.0km/Lと、もはや天文学的な燃費性能です。

アクア自体1500ccモデルですから、排気量+ハイブリッドのサポートで素晴らしいパワーと燃費を両立させた、トヨタの宝とも言えるようなモデルですね!

AQUA ハイブリッドシステム 【技術】

カラーやオプションで多様性を選択でき、室内は広く上質で、圧倒的な燃費性能があるのですから人気が出ないはずが無いですね!

トヨタアクアのエンジン

エンジンは1500cc+リダクション機構付きTHS IIと呼ばれる組み合わせで構成されています。

プリウスファミリーではありますが、プリウスのエンジンをそのまま利用すると重くなってしまうためアクア専用に開発されている構成です。

JC08モードで37kmと、世界最高クラスの燃費の良いエンジンに仕上がっています。

現行型トヨタアクアの特徴

初代である現行モデルは2011年にデビューしており、2014年に一度フェイスリフト含むマイナーチェンジが行われています。

現在噂されている情報ではマイナーチェンジとされていますから、2017年にもう一度マイナーチェンジとなります。

現行モデルは10年近く乗られ続ける車になるかもしれませんね。

また、2017年時点では3種類のモデルがラインナップされています。

スタンダードモデルのアクアと、

XURBAN(エックスアーバン)と呼ばれる、クロスオーバーSUV風に味付けしたモデルと、

G’sモデルと呼ばれる、アグレッシブでスポーディなデザインのモデルの3種類です。

どれも非常に人気があり、日本におけるコンパクトハイブリッドカーを牽引している車ですね!

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする