トヨタ新型シエンタに2018年9月マイナーチェンジ デザインエンジン価格の詳細

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トヨタシエンタの特徴や歴史

トヨタシエンタ

トヨタシエンタは2003年から発売されている7人乗りのコンパクトミニバンです。

初代トヨタシエンタは驚くことにモデル期間が12年と非常に長いモデルとして発売されていました。

歴代後部座席にはスライドドアを装備しており、ファミリー層への訴求をメインとしたサイズ感と便利さがあります。

ファミリー層への訴求を目的としているからか、非常に可愛らしいデザインですね。

初代トヨタシエンタではホンダフリード、日産キューブのライバルとして発売されました。

後発であるものの日産キューブはフルモデルチェンジが遅れ放置されていることから、現在では実質的にホンダフリードとコンパクトミニバン市場を分け合っています。

ホンダフリードとは異なり精力的にモデルチェンジが行われなかったことから発売停止となると考えられていましたが、2015年にフルモデルチェンジが実施されました。

現行型トヨタシエンタの特徴

トヨタ新型シエンタの画像

現行型トヨタシエンタはデザインコンセプトを一新し、トラッキングシューズをデザインコンセプトとして非常に尖った唯一無二のデザインへと大きく変更されました。

フロントグリルが大きく拡大しひと目で分かるデザインとなった他、ヘッドライトにグレード別でLEDが搭載され、非常に独特で面白みのあるカラーが搭載されています。

デザインの一新によって賛否は別れたものの、結果的に大ヒット車種として生まれ変わることに成功しましたね。

また、現行型トヨタシエンタでは初代と異なり7人乗りモデルだけではなく5人乗りモデル、6人乗りモデルもあります。

5人乗りモデルではトランクが大幅に拡大し、6人乗りモデルではセカンドシートがキャプテンシートになるというメリットがあります。

また、初代トヨタシエンタから進化したポイントとして、アイドリングストップとハイブリッドエンジンが搭載されています。

燃費、空間、デザインと三方良しのモデルですね!

現行型トヨタシエンタのエンジン

トヨタシエンタのエンジン

トヨタシエンタでは、以下のエンジンが搭載されています。

  • 直列4気筒1500ccエンジン
  • THSⅡ1500ccハイブリッドエンジン

重量が1300kg以上と比較的重いものの、ハイブリッドであればバッテリーのサポートによってきびきびとした運転が可能です。

トヨタシエンタの購入者の8割はハイブリッドエンジンということですから、ハイブリッドの人気の高さがわかります。

また、ハイブリッドエンジンモデルでは燃費が27.2km/Lと非常に低燃費であることもナイスですね!

トヨタシエンタについて更に詳しく知りたい方はこちらの書籍を御覧ください♪

それでは次のページから、トヨタ新型シエンタのマイナーチェンジ情報を見てみましょう。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする