トヨタ新型シエンタに2018年9月マイナーチェンジ デザインエンジン価格の詳細

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トヨタシエンタの画像

トヨタ新型シエンタの2018年に行われるフルモデルチェンジ情報です。

本記事では2018年に行われるトヨタ新型シエンタのフルモデルチェンジに伴うデザイン、エンジン、価格、発売日といった変更点について記載します♪

なお、本記事ではトヨタ新型ランドクルーザーについて以下の情報を速報でお伝えしています。

  • トヨタ新型シエンタのエクステリア(外装)デザイン
  • トヨタ新型シエンタのインテリア(内装)デザイン
  • トヨタ新型シエンタの先進安全技術
  • トヨタ新型シエンタのエンジン
  • トヨタ新型シエンタに追加されるシートアレンジ
  • トヨタ新型シエンタの価格
  • トヨタ新型シエンタの発売日

また、記事の後半ではトヨタシエンタの特徴や歴史について言及しておりますが詳細に知りたい方はこちらをご覧ください。

三栄書房 三栄書房 2015-07-31
売り上げランキング : 29261

by ヨメレバ

それではトヨタ新型シエンタのマイナーチェンジ情報を見てみましょう。

スポンサーリンク

トヨタ新型シエンタのマイナーチェンジに伴う変更点

トヨタ新型シエンタのマイナーチェンジについて様々な情報が入っていきます。

トヨタ新型シエンタではこれまで大きな変更がされていなかった為大規模なマイナーチェンジとなる予定です。

それではトヨタ新型シエンタのマイナーチェンジに伴う変更点について1つずつ見てみましょう!

トヨタ新型シエンタはエクステリアデザインが変更

トヨタ新型シエンタ

(2018トヨタ新型シエンタ)

トヨタシエンタの画像

(2017トヨタシエンタ)

トヨタ新型シエンタはエクステリアデザインが変更されました。

エクステリアデザインは以下の変更点があります。

  • フロントグリルのデザインが変更(メッキ加飾及びハイブリッドモデルはメッキ部分がブルーに塗装)
  • ヘッドライトのデザインが変更
  • LEDヘッドライトが標準装備化
  • テールライトのデザインが変更
  • フロントバンパーのデザインが変更

トヨタ新型シエンタのエクステリアデザインの変更点は多いものの、全体的な印象は殆ど変わらりませんね。

期待されていたシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)は搭載されないようです。フルモデルチェンジに期待しましょう。

トヨタ新型シエンタはインテリアが変更

トヨタ新型シエンタ

(2018トヨタ新型シエンタ)

トヨタ新型シエンタのインテリアデザイン

(2017トヨタシエンタ)

トヨタ新型シエンタはインテリアデザインも変更されます。

トヨタ新型シエンタのインテリアはエクステリアデザインに比べて多く変更され、快適性や利便性が大幅に向上します。

  • シートの材質の変更
  • パノラマビューモニターがメーカーオプションで追加
  • パワースライドドア予約ロック機能の追加
  • USB端子の追加
  • 盗難防止システムの標準搭載
  • 後部座席忘れ物アラートの追加(トヨタ史上初採用)
  • 6スピーカーがメーカーオプションで追加
  • ステアリングヒーターがメーカーオプションで追加
  • ナビの拡大
  • オート格納サイドミラーが上位グレードで標準、他グレードでメーカーオプションで追加

トヨタシエンタはファミリーカーであるからこそ利便性の向上を集中的に行ったと言えるでしょう。

トヨタ新型シエンタは5人乗りモデル追加

現行型ランドクルーザープラドのインテリア

トヨタ新型シエンタではライバルであるホンダフリードに対抗し2列シート5人乗りモデルが追加されます。

2列シート5人乗りモデルはFUNBASE(ファンベース)と呼ばれるグレードとなります。

ホンダフリードでは販売台数のうち約3割が5人乗りモデルを選択しているという情報がありますから、5人乗りモデルの需要は大いにあるでしょう。

また、トヨタ新型シエンタの5人乗りモデルでは後部座席をフルフラット化させることができ2020mmの室内長を確保しています。

車中泊ユーザーにとって、ホンダフリードと対抗できる唯一かつ最高の比較対象となるでしょう。

なお、トヨタ新型シエンタにおける5人乗りモデルはFF/ガソリンエンジンモデル限定となります。

一方、トヨタ新型シエンタではハイブリッドモデルにて3列シート6人乗りモデルが廃止されます。

 トヨタ新型シエンタはボディカラーの変更あり

トヨタ新型シエンタのカラー

トヨタ新型シエンタはボディカラーの追加と削除があります。

具体的にどのカラーが変更されるのか判明していないものの、トヨタにおける新型車の傾向を見る限り新しい技術を取り入れた同系色のカラーへと変更されると考えられます。

メタリックが入り美しいカラーになる他、修復機能のあるカラーが搭載されるでしょう。

尚、現在判明している情報によるとツートーンカラーは6種類セッティングされていると報道されています。

トヨタ新型シエンタはエンジンに変更ないが燃費向上

トヨタ新型シエンタのエンジン

トヨタ新型シエンタはエンジンレパートリーにおいて変更は一切ありません。

しかしながらエンジンの最適化によってトヨタ新型シエンタの燃費はJC08モードで27.8km/Lとなり、ライバルのホンダフリード以上の燃費となりそうです。

一方、ガソリンエンジンモデルには変更ありません。

トヨタ新型シエンタはトヨタセーフティセンス搭載

トヨタセーフティセンスの画像

トヨタ新型シエンタは先進運転支援システムが新型トヨタセーフティセンスへとアップデートされます。

トヨタ新型シエンタに搭載される新型トヨタセーフティセンスは、これまで搭載されていたトヨタセーフティセンスCから機能を大幅に拡張した衝突予防パッケージです。

トヨタ新型シエンタに搭載されるトヨタセーフティセンスでは以下の機能が搭載されています。

  • 現在走行している標識を認識しデジタルメーター上に表記(標識認識機能)
  • 踏み間違えた場合走行しないパーキングセーフティブレーキ
  • 夜間歩行者や自転車を認識できる高性能自動ブレーキシステム
  • 自動的にブレーキと走行を行うアダプティブクルーズコントロール(ACC)の搭載
  • ACC中同一車線から逸脱しないようにステアリングをサポート
  • 左右の接近車をサイドミラーで警告するブラインドスポットモニター
  • リアへの衝突を回避するリヤクロストラフィックアラート
  • 荷物積載で見えない際に活用される電子ルームミラーのデジタルインナーミラー
  • 車々間通信で死角を埋めるITS Connect

トヨタセーフティセンスの機能はライバルであるホンダフリードに搭載されているホンダセンシングを一部超えている機能も追加されます。

トヨタ新型シエンタのマイナーチェンジにおける一つの目玉となるアップデートだと言えますね。

トヨタ新型シエンタの価格とグレード

トヨタ新型シエンタの価格が一部判明しております。

トヨタ新型シエンタ ガソリンモデル(税抜)

グレード5人乗りモデル7人乗りモデル
X1,776,600円1,816,560円
G1,980,720円2,020,680円
Gクロエ2,172,960円

トヨタ新型シエンタ ハイブリッドモデル(税抜)

グレード5人乗りモデル7人乗りモデル
X2,187,000円2,226,960円
G2,340,360円2,380,320円
Gクロエ2,452,600円

トヨタ新型シエンタの価格は約10万前後の値上げとなりそうです。

トヨタ新型シエンタの発売日・発売時期

トヨタ新型シエンタの発表日は2018年9月3日、発売日は2018年9月11日となります。

スポンサーリンク

トヨタ新型シエンタのライバル

トヨタ新型シエンタの画像

トヨタ新型シエンタはコンパクトミニバンと呼ばれる、5ナンバーサイズを維持し全長を切り詰めて室内空間と運転のしやすさを追求したモデルです。

以前は人気が高く各種メーカーも力を入れていたコンパクトミニバン市場でしたが、現在では競合車種も事実上ホンダフリードのみとなり2車種で独占していますね。

ホンダフリードとの比較は以下の通りです。

2018トヨタ新型シエンタ2019ホンダ新型フリード
エンジン1500cc or 1500cc+HV1500cc or 1500cc+HV or 1000ccターボ
各々の特徴電子ルームミラー搭載

ACCが全車速対応

2列シートモデルがあある
4WDハイブリッドにはなしハイブリッドにも搭載
燃費27.8km/Lまで向上27.2km/L
価格168万~246万188万~315万

ホンダ新型フリードの情報はこちらをご覧ください♪

また、実際に2列シートモデルも追加された場合両側スライドドア・5ナンバー・高燃費という点でスズキ新型ソリオともライバル関係となります。

これまでトヨタシエンタはホンダフリードのみが競合であったものの新しくライバルが出現することとなりそうですね。

スポンサーリンク

トヨタ新型シエンタのマイナーチェンジ情報まとめ

  • エクステリアデザインの変更
  • インテリアの質感向上
  • ボディカラーの変更
  • グレードの変更
  • トヨタセーフティセンスが標準搭載され性能向上
  • 価格は値上げが濃厚
  • 発売時期は2018年9月11日

出典:トヨタ製品ページ

出典:カーセンサー

それでは最後に、トヨタ新型シエンタの歴史と特徴を見てみましょう。

トヨタシエンタの特徴や歴史

トヨタシエンタ

トヨタシエンタは2003年から発売されている7人乗りのコンパクトミニバンです。

初代トヨタシエンタは驚くことにモデル期間が12年と非常に長いモデルとして発売されていました。

歴代後部座席にはスライドドアを装備しており、ファミリー層への訴求をメインとしたサイズ感と便利さがあります。

ファミリー層への訴求を目的としているからか、非常に可愛らしいデザインですね。

初代トヨタシエンタではホンダフリード、日産キューブのライバルとして発売されました。

後発であるものの日産キューブはフルモデルチェンジが遅れ放置されていることから、現在では実質的にホンダフリードとコンパクトミニバン市場を分け合っています。

ホンダフリードとは異なり精力的にモデルチェンジが行われなかったことから発売停止となると考えられていましたが、2015年にフルモデルチェンジが実施されました。

現行型トヨタシエンタの特徴

トヨタ新型シエンタの画像

現行型トヨタシエンタはデザインコンセプトを一新し、トラッキングシューズをデザインコンセプトとして非常に尖った唯一無二のデザインへと大きく変更されました。

フロントグリルが大きく拡大しひと目で分かるデザインとなった他、ヘッドライトにグレード別でLEDが搭載され、非常に独特で面白みのあるカラーが搭載されています。

デザインの一新によって賛否は別れたものの、結果的に大ヒット車種として生まれ変わることに成功しましたね。

また、現行型トヨタシエンタでは初代と異なり7人乗りモデルだけではなく5人乗りモデル、6人乗りモデルもあります。

5人乗りモデルではトランクが大幅に拡大し、6人乗りモデルではセカンドシートがキャプテンシートになるというメリットがあります。

また、初代トヨタシエンタから進化したポイントとして、アイドリングストップとハイブリッドエンジンが搭載されています。

燃費、空間、デザインと三方良しのモデルですね!

現行型トヨタシエンタのエンジン

トヨタシエンタのエンジン

トヨタシエンタでは、以下のエンジンが搭載されています。

  • 直列4気筒1500ccエンジン
  • THSⅡ1500ccハイブリッドエンジン

重量が1300kg以上と比較的重いものの、ハイブリッドであればバッテリーのサポートによってきびきびとした運転が可能です。

トヨタシエンタの購入者の8割はハイブリッドエンジンということですから、ハイブリッドの人気の高さがわかります。

また、ハイブリッドエンジンモデルでは燃費が27.2km/Lと非常に低燃費であることもナイスですね!

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする