トヨタ新型プリウスへ2018年マイナーチェンジ 変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トヨタプリウスの画像

トヨタ新型プリウスの2018年に行われるフルモデルチェンジ情報です。

本記事では2018年に行われるトヨタ新型プリウスのフルモデルチェンジに伴うデザイン、エンジン、価格、発売日といった変更点について記載します♪

なお、本記事ではトヨタ新型プリウスについて以下の情報を速報でお伝えしています。

  • トヨタ新型プリウスのエクステリア(外装)デザイン
  • トヨタ新型プリウスのインテリア(内装)デザイン
  • トヨタ新型プリウスの燃費
  • トヨタ新型プリウスの発売日・発売時期
  • トヨタ新型プリウスの価格

また、記事の後半ではトヨタプリウスの特徴や歴史について言及しておりますが詳細に知りたい方はこちらをご覧ください。

それでは2018年にフルモデルチェンジが行われるとされているトヨタ新型プリウスについて見てみましょう!

スポンサーリンク

トヨタ新型プリウスのマイナーチェンジに伴う変更点

トヨタプリウスのモデルサイクルは2年目~3年目で大規模なマイナーチェンジ、6年前後でフルモデルチェンジとなります。

現行型のトヨタプリウスは2015年に発売されていますから、3年目でマイナーチェンジとなり順当なタイミングですね。

それではトヨタ新型プリウスの変更点について予測されている情報を一つずつご紹介します♪

トヨタ新型プリウスのエクステリアデザインが変更

トヨタ新型プリウス デザイン

トヨタ新型プリウスではエクステリアデザインが変更となり、トヨタプリウスPHVのようなデザインへと変更されます。

トヨタプリウスPHVのデザインは非常に評価が高くいことから、似たようなデザインになるのはナイスですね。

しかしそのまま移植してしまった場合、上位車種であるトヨタプリウスPHVが売れなくなる可能性があることからある程度の差別化が行われる模様です。

また、一部情報によるとトヨタ新型プリウスでは以下のようなデザインへと変更されると報告されています。

トヨタ新型プリウスのデザインのポイント!
  • 3連LEDヘッドライトが採用
  • 上位グレードにはシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)搭載
  • ホイールデザインが変更
  • ボディカラーの統廃合及び追加
  • フロントグリルのデザインが変更
  • バンパーデザインが変更
  • フォグライトデザインが変更
  • テールライトデザインが変更

以上のデザインの変更点からトヨタ新型プリウスのデザインは大きく変わると考えられるでしょう。

トヨタ新型プリウスはインテリアの質感が向上

トヨタ新型プリウスのインテリア

トヨタ新型プリウスはマイナーチェンジに伴いインテリアが一部改良となります。

現在判明している変更点は以下のとおりです。

トヨタ新型プリウスのインテリアの変更のポイント!
  • 電子パーキングブレーキが採用
  • シートの材質が変更

エクステリアデザインの変更点に比べインテリアの変更点はあまり多くありません。現在のところ情報が隠されている可能性があります。

続報が入り次第お伝えします。

トヨタ新型プリウスの燃費が向上

トヨタ新型プリウス エンジン

トヨタ新型プリウスはマイナーチェンジに伴いエンジンが直噴化されます。

直噴化することによりトヨタプリウスの使命とも言える実燃費が向上する他、トルクが向上しよりハイパワーな運転が可能となります。

これまで求められていたトヨタプリウスとは異なるアプローチと言えますね。

予測では、カタログ燃費において37.2km/Lから37.4km/Lへと燃費が向上すると考えられています。

トヨタ新型プリウスはトヨタセーフティセンス搭載

トヨタセーフティセンスの画像

トヨタ新型プリウスは先進運転支援システムが新型トヨタセーフティセンスへとアップデートされます。

トヨタ新型プリウスに搭載される新型トヨタセーフティセンスは、トヨタセーフティセンスPから機能を拡張した衝突予防パッケージです。

トヨタ新型プリウスに搭載されるトヨタセーフティセンスではトヨタセーフティセンスPの機能に加え、更に以下の機能が追加されます。

  • カメラ・レーダーの機能が向上
  • 標識認識機能の追加
  • 自動ブレーキが夜間歩行者や自転車を認識可能に向上
  • レーダークルーズ中同一車線から逸脱しないようにステアリングをサポート
  • 左右の接近車を警告するブラインドスポットモニター
  • リアへの衝突を回避するリヤクロストラフィックアラート
  • 電子ルームミラーのデジタルインナーミラー
  • 車々間通信で死角を埋めるITS Connect

トヨタ新型プリウスはGRモデルが追加

トヨタ新型プリウス GRモデル

トヨタ新型プリウスには念願のGRモデルが追加されます。

GRモデルはトヨタにおけるスポーツモデルでありボディ剛性アップ、足回り、デザインが差別化されている他、モデルによってはエンジンすらも変更されていることもあるモデルです。

GRモデルが追加されることによってトヨタ新型プリウス全体のブランドイメージがアップするでしょう。

トヨタ新型プリウスの発売時期・発売日

トヨタ新型プリウスの発売日は2018年12月17日が予定されています。

ただしトヨタ新型プリウスのGRモデルは2019年中旬と予測されており、ある程度遅くなることが予測されています。

トヨタプリウスのモデルサイクルは2年目~3年目で大規模なマイナーチェンジ、6年前後でフルモデルチェンジとなります。

現行型のトヨタプリウスは2015年に発売されていますから、3年目でマイナーチェンジとなりますね。

ただしライバルの動向や同メーカーにおける同時期のマイナーチェンジによってずれる可能性があります。

トヨタ新型プリウスの価格

現在のところ、トヨタ新型プリウスの具体的な価格は判明しておりません。

しかしながら現行型トヨタプリウスは先代に比べ20万円近い値上げをしたこともあり、値段は据え置きとなることが有望視されています。

具体的な価格の情報が入り次第お伝えします。

スポンサーリンク

トヨタ新型プリウスのライバル

トヨタプリウスはCセグメントと呼ばれる種類へと分類され、かつてはライバルがいたものの現在はライバルが存在しておりませんでした。

しかしながらかつての最大のライバルであったホンダインサイトが2018年下旬に復活し、再びトヨタプリウスへと強烈な燃費競争となることでしょう。

スポンサーリンク

トヨタ新型プリウスのマイナーチェンジ情報まとめ

  • デザインが変更
  • 燃費が若干向上
  • インテリアの質感が向上
  • 2018年下旬発売予定

出展:トヨタ製品ページ

それでは最後に、トヨタプリウスの歴史と特徴についてご紹介します。

トヨタプリウスの特徴

トヨタ 初代プリウス

トヨタプリウスは1997年に発売された、世界初の量産ハイブリッドモデルです。


”21世紀に間に合いました”
という挑戦的かつ先進的なキャッピコピーと共にリリースされてました。

そのキャッピコピー通り、先進的なエクステリアデザインやインテリアデザイン、そして圧倒的な燃費とともに超新星のように現れ、市場を席巻します。

初代トヨタプリウスでは5ナンバーサイズで1500ccモデルであり、国内向けカローラと共通プラットフォームを採用していました。

現在では一般的ですが当時では非常に珍しいフロントグリルとボンネットをつなげたデザインを採用しています。

これはデザインに自由度が増しただけでなく、空気抵抗を減少させることも寄与しています。

また、エクステリアデザインだけでなく、インテリアでも革新的です。

高級車でも珍しかったセンターメーターを採用している他、座席の着座位置を高くすることで乗降が容易かつ居住空間を広げています。

エクステリア、インテリア、エンジンと、あらゆる点において未来のクルマであったといえますね。

現行モデルのトヨタプリウスの特徴

トヨタプリウス

現在のトヨタプリウスは4代目であり、2015年にリリースされました。

トヨタプリウスは最新鋭プラットフォームTNGAが採用されたことで高めの着座位置から一転、ワイドアンドローで地を這うような運転が楽しめるようになります。

また、乗り心地や走行性能は歴代最高まで鍛えられています。

また、歴代初のLEDヘッドライトが全グレード標準搭載されました。

これによりヘッドライトのデザインに自由度が増し、バッテリーの消費量が減らすことができます。

自動ブレーキシステムを筆頭とする予防安全技術パッケージでは、トヨタセーフティセンスPが採用されています。

トヨタセーフティセンスPは、ミリ波レーダーと赤外線カメラを併用した高精度な検知センサーを活用し、障害物、車、歩行者を認識し事前に衝突を回避する予防安全技術です。

トヨタセーフティセンスP

トヨタセーフティセンスPの機能は主に4種類です。

約10~80km/hの速度域で自動ブレーキが作動するプリクラッシュセーフティシステムと呼ばれる自動ブレーキがあります。

トヨタセーフティセンスP プリクラッシュセーフティシステム

二つ目には、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合にブザーとディスプレイ表示で警報する、レーンディパーチャーアラートと呼ばれる車線逸脱警報です。

トヨタセーフティセンスP レーンディパーチャーアラート

3つめは周囲の明るさや対向車のヘッドランプ、先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えるオートマチックハイビームです。

トヨタセーフティセンスP オートマチックハイビーム

最後に設定車速の範囲内で先行車の車速に併せて速度を調節すること、でブレーキ・発進を自動で行い一定の車間距離を保ちながら追従走行する、レーダークルーズコントロールの4つです。

トヨタセーフティセンスP レーダークルーズコントロール

トヨタプリウスはまさしくトヨタの看板車と言えるような特徴が盛りだくさんですね。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする