トヨタ新型クラウンへ2018年フルモデルチェンジ 変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

現行型 クラウンマジェスタ

トヨタのフラッグシップセダンであるトヨタクラウンのフルモデルチェンジ情報です。

本記事ではトヨタ新型クラウンのフルモデルチェンジに伴うエンジン、デザイン、発売時期といった変更点を記載します。

他にも本記事ではトヨタクラウンがどのような歴史を辿り、どんな特徴があるモデルなのかも紐解きます♪

まずはトヨタクラウンの歴史について振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

トヨタクラウンの特徴

トヨタのクラウンとは、1955年から製造されているフラッグシップセダンです。日本国内における最も知名度の高い車の一つであり、トヨタの代表的な車の一つでもあります。

歴代FRを採用しており、走りの面でもフラッグシップらしい設計ですね。

かつてキャッチコピーで「いつかはクラウン。」というキャッチコピーすらあった時代もあるように、クラウンは常に高級車としてのブランド・知名度を誇ってきました。

名目やブランドだけの高級車ではなく、耐久性・信頼性・居住性・ラグジュアリーさと、高級車に求められる素質は全てパーフェクトに答えているモデルです。

時代によってデザインや流行は変化しても根源的な”高級車としてのクラウン”というポイントは全て満たしているからこそ50年以上高級車として日本を牽引したモデルとなったのでしょう。

実際、最善のおもてなしが期待できることから、一般消費者だけではなく会社役員の専属車や官公庁といった方面でも活躍しています。

それでは、現行型トヨタクラウンシリーズの具体的な特徴について見てみましょう。

スポンサーリンク

現行型トヨタクラウンの特徴

現行型 クラウンロイヤル

現行型のトヨタクラウンはこれまで通り高級車であるものの、なんと前期型に比べエントリーグレードが100万円以上値下げをしています。

高級車であるトヨタクラウンを大幅値下げした理由は、新開発の大型ハイブリッドの普及と若い人への訴求が目的でした。

実際、現行モデルのクラウンは流行デザインの大型グリルと鋭いヘッドライトが搭載されています。

若い人の取り込みはデザインや価格だけではありません。

若い女性へと訴求するために新しいカラーとして”モモタロウ”が台数限定販売しました。

現行クラウン モモタロウ

クラウンアスリートのモモタロウは、これまでのクラウンユーザーとは大きく異なるユーザーへの訴求として大きな影響を与えることとなりましたね。

クラウンは高級車ということもあり、モデルチェンジごとに実験的かつ先進的な技術が採用されています。

現行モデルで最も革新的な技術は、セルフリストアリングコートと呼ばれる細かい傷を自己修復するコーティングが施されています。

セルフリストアリングコート

もちろんインテリアも非常に上質です。

トヨタのフラッグシップモデルらしい美しいデザインであり、シートの質感も明らかに高いですね。

他にもスイッチ類をタッチパネルに集約したトヨタマルチオペレーションタッチと呼ばれる先進的な技術が搭載されています。

クラウン インテリア

静粛性の高さ、振動の少なさ、突き上げの少なさは特に素晴らしく、まさしく最高級車らしいモデルと言えますね。

現行型トヨタクラウンの派生車種

現行モデルトヨタクラウンの派生車種はクラウンマジェスタ、クラウンアスリート、クラウンロイヤルサルーンの3種がラインナップとして販売されています。

現行型 クラウンマジェスタ

(クラウンマジェスタ)

現行型 クラウンアスリート

(クラウンアスリート)

現行型 クラウンロイヤル

(クラウンロイヤルサルーン)

これら3つの派生車種はデザインの他足回りはインテリアで差別化されています。

簡単にまとめると以下のような変化があります。

クラウンロイヤルサルーン全年齢向けの紳士的な乗り味のモデル
クラウンアスリート若者に訴求するパワフルなスポーツモデル
クラウンマジェスタトヨタに最高峰のフラッグシップモデル

派生車種ごとにサスペンション等や足回りを変更しており、トヨタクラウンに対し一切の妥協がありません。

トヨタクラウンのエンジン

クラウン エンジン

歴代のマジェスタは常にV8エンジンを採用しており、フラッグシップらしいエンジンを搭載していました。

一方現行モデルでは時代に合わせてエンジンを最適化し、3500ccV6エンジン+ハイブリッドか4WD対応2500ccハイブリッドとなり、大幅にダウンサイジングに成功しています。

アスリート・ロイヤルサルーンでは3500ccV6エンジン、2500ccハイブリッド、2000ccターボが搭載されています。

これまでのクラウンではダウンサイジングターボが搭載されることは無く、搭載されることが判明した時各所で驚きの声があがりました。

エンジン面でも現行型のクラウンは様々な挑戦がなされていますね。

それでは、トヨタ新型クラウンの情報を見てみましょう。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする