トヨタ新型カローラ アクシオ フィルダーに2019年フルモデルチェンジ 変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目次

トヨタ新型カローラセダン

トヨタ新型カローラアクシオ、カローラフィルダーの2020年に行われるフルモデルチェンジ情報です。

本記事では2020年に行われるトヨタ新型カローラアクシオ、カローラフィルダーのフルモデルチェンジに伴うデザイン、エンジン、価格、発売日といった変更点について記載します♪

なお、本記事ではトヨタ新型カローラアクシオ、カローラフィルダーについて以下の情報を速報でお伝えしています。

  • トヨタ新型カローラ カローラフィルダーのテストカーのスパイショット
  • トヨタ新型カローラ カローラフィルダーのエクステリアデザイン
  • トヨタ新型カローラ カローラフィルダーのインテリアデザイン
  • トヨタ新型カローラ カローラフィルダーのプラットフォーム
  • トヨタ新型カローラ カローラフィルダーは5ナンバーサイズと併売か?
  • トヨタ新型カローラ カローラフィルダーのエンジン
  • トヨタ新型カローラ カローラフィルダーの先進安全装備
  • トヨタ新型カローラ カローラフィルダーの発売時期・発売日
  • トヨタ新型カローラ カローラフィルダーの価格

また、記事の後半ではトヨタカローラアクシオ、カローラフィルダーの特徴や歴史について言及しておりますが詳細に知りたい方はこちらをご覧ください。

三栄書房 2012-05-25
売り上げランキング : 400068

by ヨメレバ

三栄書房 2018-06-30
売り上げランキング : 8251

by ヨメレバ

それでは2019年にフルモデルチェンジが行われるとされているトヨタ新型カローラアクシオ、カローラフィルダーについて見てみましょう!

スポンサーリンク

トヨタ新型カローラのフルモデルチェンジの変更点

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーのフルモデルチェンジでは、トヨタカローラ史上最大の転換とも言えるような変更が行われる可能性があります。

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーのフルモデルチェンジの変更点を見てみましょう。

トヨタ新型カローラはアクシオ、ハッチバック、フィールダーの3種類がリリース

トヨタ新型オーリスのデザイン

トヨタ新型カローラではセダンのカローラ、ワゴンのカローラフィールダー、ハッチバックの3種類が発売されます。

トヨタ新型カローラにおけるセダンはアクシオの名前が外されカローラとなると言われています。

トヨタカローラハッチバックはすでに発売開始となっていますね。

革新的なインテリアデザインと流行りに合わせたエクステリアデザインを両立しており若々しい印象です。

トヨタ新型カローラのスパイショット

トヨタ新型カローラセダンがアメリカミシガン州にて撮影されました。

トヨタ新型カローラのスパイショット トヨタ新型カローラのスパイショット トヨタ新型カローラのスパイショット

トヨタ新型カローラのスパイショット トヨタ新型カローラのスパイショット トヨタ新型カローラのスパイショット トヨタ新型カローラのスパイショット

ライバルであるホンダシビックセダンと比べると3ボックススタイルを強調したデザインとなっています。セダンらしさが溢れています。

テールライトも水平基調となり、トヨタ新型オーリスのようなテールライトとなりそうですね。

上記のテストカーを元にトヨタ新型カローラの予測デザインが作成されました。

トヨタ新型カローラのデザイントヨタ新型カローラのデザイン

トヨタ新型カローラのデザインは2018年春に発売されたトヨタカローラハッチバックを踏襲したデザインとなることとなるでしょう。

また、トヨタ新型カローラでは”原点回帰”をキーワードにスポーディさ、シャープさをデザインに盛り込むようです。

トヨタ新型カローラのデザイン

トヨタ新型カローラのデザインが公開されました。

トヨタ新型カローラのデザイン

こちらは派生モデルのトヨタ新型カローラレビンです。日本向けにはこちらのモデルが展開されます。

トヨタ新型カローラのデザイン トヨタ新型カローラのデザイン トヨタ新型カローラのデザイン

トヨタ新型カローラのレビンモデルは通常モデルに比べスポーディなデザインとなっており、フロントグリルやエンジンがハイパワーになっている特徴があります。

トヨタ新型カローラフィルダーのスパイショット

トヨタ新型カローラフィルダーのスパイショットも撮影されました。

トヨタ新型カローラフィルダーのスパイショット トヨタ新型カローラフィルダーのスパイショット トヨタ新型カローラフィルダーのスパイショット

トヨタ新型カローラフィルダーのサイズがトヨタ新型カローラ同様に大幅に拡大していることがわかります。

また、これまでのトヨタカローラフィールダーと比べるとシューティングブレークと呼ばれるクーペワゴンのシルエットをしていますね。

トヨタ新型カローラフィールダーは積載量とサイズ一辺倒なデザインから、スポーディかつユーティリティに優れたモデルへと進化すると考えられるでしょう。

トヨタ新型カローラフィルダーのデザイン

トヨタ新型カローラフィルダーが欧州のパリモーターショーにて公開されました。

トヨタ新型カローラフィルダー トヨタ新型カローラフィルダー

トヨタ新型カローラフィールダーは伸びやかなクーペワゴン基調となっておりスバルレヴォーグを彷彿とさせるようなスポーディさを印象させるデザインです。

欧州ハッチバックスタイルに近いシルエットですね。

これまでトヨタカローラフィルダーとは全くの別物となり、顧客の若返りが期待できそうです。

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーのインテリア

トヨタ新型カローラのインテリア

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーでは米国内にて批判されがちだったインテリアを大幅にアップデートされる予定です。

革シフトノブ、パドルシフト、USBコネクター、電子パーキングブレーキ、6スピーカー、8インチスクリーンと利便性や見栄えが大幅に向上するでしょう。

更にホイールベースを延長したことによって後部座席の快適性も十二分な広さを確保しています。

また、トヨタ新型カローラフィルダーではトランクは後部座席を倒さない状態で598Lとなる他後部座席を倒すとフルフラットとなります。車中泊ユーザーも手が伸びそうです。

国内販売でもグレード次第でトヨタ新型カローラハッチバックと同等クラスのインテリアとなるでしょう。

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーはエンブレムデザインが変更

トヨタ新型カローラのエンブレム

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーではカローラファミリーのエンブレムデザインが変更されます。

こちらはすでに先述のカローラファミリーへと源流したトヨタカローラハッチバックにも採用されたデザインですね。

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーはTNGAプラットフォーム採用

トヨタ新型カローラ プラットフォーム

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーはトヨタの新型プラットフォームであるTNGAが採用されます。

TNGAが採用されることによってサイズ拡大・ホイールベースが延長・大幅な軽量化が見込まれます。

ホイールベースの延長やサイズの拡大によって後部座席が広くなる他、軽量化によって・運動性能向上・操舵性向上となるでしょう。

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーはサイズが拡大化し3ナンバークラスへ変更

トヨタ新型カローラ サイズ

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーには新型プラットフォームが採用されることに伴い、再び国内向けカローラと海外向けカローラを共通となります。

トヨタ新型カローラのサイズは中国発表時点で下記のとおりです。

ホイールベース2700mm
全長4640mm
全高1435mm
全幅1780mm

これまではカローラのライバルはグレイスやシャトルでしたが、新型カローラのサイズが拡大しライバルはマツダ新型アクセラあたりとなりそうです。

車のサイズを示すセグメントも、BセグメントからCセグメントへと移行することとなるでしょう。

トヨタ新型カローラはトヨタアリオン・プレミオを統合

トヨタアリオンの画像

トヨタ新型カローラでは5ナンバーセダンであるトヨタアリオン・プレミオがトヨタ新型カローラセダンへと統合されます。

現在では5ナンバーセダンの凋落がひどいことから、統合し車種を整理すると考えられます。

ただしトヨタ新型カローラは5ナンバーではなくなることから、実質的にトヨタにおける5ナンバーサイズの車種は消滅すると言えるでしょう……。

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーはテレメトリーシステムを導入

テレメトリーシステム

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーではテレメトリーシステムに近い先進機能である”コネクテッド”が搭載されます。

テレメトリーシステムとはF1で採用されているシステムであり、エンジンの状況やボディの状況をコンピュータ上でリアルタイムに知ることが出来るシステムです。

このシステムによってF1において起きてはならない事故を未然に防ぐことが出来る他、常に車を最適・最高のコンディションを保つことが出来ます。

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーでは以下の機能が搭載される予定です。素晴らしい機能ですね。(画像をタップもしくはクリックしていただくと拡大できます。)

トヨタコネクティングサービス

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーは新型トヨタセーフティセンスが搭載

トヨタセーフティセンスの画像

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーは先進運転支援システムが新型トヨタセーフティセンスへとアップデートされます。

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーに搭載される新型トヨタセーフティセンスは、これまで搭載されていたトヨタセーフティセンスCから機能を大幅に拡張した衝突予防パッケージです。

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーに搭載されるトヨタセーフティセンスでは以下の機能が追加されます。

  • 標識認識機能
  • 自動ブレーキが夜間歩行者や自転車を認識可能に向上
  • 踏み間違い防止機能
  • アダプティブクルーズコントロール(ACC)
  • ACC中同一車線から逸脱しないようにステアリングをサポート
  • 左右の接近車を警告するブラインドスポットモニター
  • リアへの衝突を回避するリヤクロストラフィックアラート
  • 電子ルームミラーのデジタルインナーミラー
  • 車々間通信で死角を埋めるITS Connect
  • 誤発進抑制機能

時代の最先端と言えるような先進安全装備となりそうですね。

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーのエンジン

トヨタ新型カローラ エンジン

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーにはこれらのエンジンが搭載される予定です。

  • 直列3気筒1500ccガソリンエンジン(新採用)
  • 直列4気筒1200ccターボエンジン(新採用)
  • 4気筒1800ccハイブリッドエンジン
  • 直列4気筒1600ccターボエンジン(新開発)

新開発となる直列3気筒1500ccガソリンエンジンはトヨタの新思想であるTNGAに基づく運転する楽しさを追求したエンジンです。

1500ccでありながら2000ccクラスのパワーやトルクがある上燃費も両立している素晴らしいエンジンであると報道されています。

また、トヨタC-HRやトヨタオーリスに搭載されているレギュラー対応の直列4気筒1200ccターボエンジンが搭載されます。

通常のダウンサイジングターボよりも燃焼効率が高く、可変バルブタイミング機構も搭載し燃費とパワーを両立したエンジンです。

また、スポーツモデルには直列4気筒1600ccターボエンジンも搭載されます。

非常にスポーディなトヨタ新型カローラ カローラフィルダーとなりそうですね。

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーの価格

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーの具体的な価格は現在のところ判明しておりません。

しかしながら先行販売したトヨタカローラスポーツの価格を見る限りある程度価格が上昇することが予測されています。

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーの具体的な価格が判明次第お伝えします。

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーの発売時期・発売日

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーの具体的な発売日は現在のところ判明しておりません。

しかしながら現在の情報によるとトヨタ新型カローラ カローラフィルダーの発売時期は2019年7月頃を予定しています。

しかしながら3ナンバー化や価格が高騰によって販売店とのすり合わせに難航しているようでずれ込む可能性は十分ありえます。

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーの具体的な発売日や発売時期が判明次第お伝えします。

スポンサーリンク

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーのフルモデルチェンジ情報まとめ

  • 1500cc3気筒エンジン、1200cc直4ターボが追加
  • TNGAプラットフォームの採用
  • プラットフォームの変更に伴い3ナンバー化
  • トヨタオーリスがカローラハッチバックとして統合
  • トヨタアリオン・プレミオをカローラセダンへと統合
  • トヨタセーフティセンスが搭載
  • 前期型カローラとの併売も検討

出典:toyota製品ページ

それでは最後にトヨタカローラの特徴や歴史について振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

トヨタカローラ カローラフィルダーの特徴

トヨタ現行型カローラ

トヨタ新型カローラ カローラフィルダーは、1966年にデビューしてから今に至るまで販売されています。執筆時点で11世代のモデルと51年も経過したモデルです。

名前を変更せずに販売されてきたモデルとしてはトヨタカローラが日本最長となっており、ずば抜けて知名度の高いモデルでは無いのでしょうか。

トヨタカローラは80点+αをコンセプトとしており、時代における完成度の高い小型車を常にキープしてきました。

また、装備の充実やセダンの他にワゴン、クーペ、ハッチバックといった派生車種の拡大によって多様性を生み出し、日本・世界において高い評価と優れた販売成績を残しています。

その結果、歴代で4000万台を販売したモンスターのような車となりました。

歴代で4000万台と言うと、世界で販売された車のうち5台に1台がカローラの計算です。驚きの結果ですね。

それでは、現在のトヨタカローラを見てみましょう。

現行型トヨタカローラ カローラフィルダーの特徴

トヨタ現行型カローラ

11代目となる現行型トヨタカローラは2012年にデビューし2015年と2017年にマイナーチェンジされています。

11代目トヨタカローラは派生車種はセダン型のアクシオ、ワゴン型のフィールダーの2種類がラインナップされています。

これまでのモデルサイクルは5~6年ですから、順当に行けば2017年~2018年にはマイナーチェンジが行われる計算となりますね。

現行型トヨタカローラ カローラフィルダーには様々な変革が行われています。

歴代のトヨタカローラはデザインは若干の違いが有るものの、国内外問わず共通のプラットフォームやエンジンを採用していました。

しかしながら現行型トヨタカローラ カローラフィルダーに対する国内と海外の需要がミスマッチとなり、プラットフォームやエンジンが差別化されています。

それにより現行型となる11代目をもって、トヨタカローラ カローラフィルダーは名前こそ同じであるものの完全に別車種となっています。

トヨタカローラ カローラフィルダーの魅力

トヨタカローラ カローラフィルダーの魅力は常に時代ごとの80点+αをキープしていること、非常に頑丈であることでしょう。

現在でも”失敗のないカローラ”、”いくら乗ってもきちんとメンテナンスを続けていれば安心なカローラ”というブランドは人を問わず非常に強いですね。

また、現在では非常に珍しい国内生産の5ナンバーセダンであり5ナンバーワゴンです。

もはや片手で数えられるぐらい少なくなっているからこそ、トヨタカローラの存在は偉大ですね。

また、トヨタカローラ カローラフィルダーはサイズだけでなく室内空間にもこだわっています。

インテリアの質感やデザインにおいて一切の欠点がありません。必要十二分のインテリアです。

トヨタ現行型カローラ インテリア

室内空間も広く設計されています。

小型車でありながら、ハイブリッド用の大容量バッテリーを積載しても十分な空間があります。

トヨタ現行型カローラ サイズ

トヨタカローラアクシオでは5ナンバーセダンとトランクに余裕のあるサイズではないものの、トランクにはゴルフバックが4つも積載可能です。

このポイントも非常に大きいでしょう。

トヨタ現行型カローラ トランク

エンジンにおいても欠点がありません。

アクアやヴィッツといった小型ハイブリッド車と同等のハイブリッドエンジンを積んでおり、トヨタカローラの燃費は33.8km/Lと素晴らしい燃費を実現しています。

トヨタ現行型カローラ エンジン

トヨタカローラの予防安全技術では、Toyota sefety sence Cが採用されています。

性能は最新型を搭載しているライバルに比べると落ちるものの、衝突回避というポイントから見ると必要十分な性能があります。

TOYOTAセーフティセンスC

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする