トヨタ新型プリウスαにマイナーチェンジ 価格・デザイン・エンジンが変更

スポンサーリンク

トヨタのハイブリッドロールーフミニバン、プリウスαのマイナーチェンジ情報です。

以前トヨタはロールーフのミニバンを一つにまとめる報道がありました。

統合先はフルモデルチェンジ後となる代目プリウスαという報道でしたね。

トヨタのロールーフミニバン、プリウスαのフルモデルチェンジ情...

今回は前回の報道とは別に、プリウスαがマイナーチェンジとなるようです。

それではマイナーチェンジ情報を見てみましょう!

スポンサーリンク

トヨタ新型プリウスαのマイナーチェンジ情報

マイナーチェンジ情報がリークされています。

1つずつ見てみましょう!

トヨタ新型プリウスαのデザイン変更

トヨタ現行プリウスα

トヨタ新型プリウスαは2011年にリリースされた後、2014年にデザインの変更を伴うマイナーチェンジが行われています。

後期モデルへと移行することもあり、デザインを変更しリフレッシュさせて販売されるようですね。

デザイン変更内容の詳細は現在のところ不明ですが、ヘッドライト、フロントグリル、バンパーデザインが変更されると考えられています。

トヨタ新型プリウスαはトヨタセーフティセンスP搭載

現在トヨタがマイナーチェンジ後のモデルより精力的に整備されている、トヨタセーフティセンスPが標準装備されます。

トヨタセーフティセンスPは、ミリ波レーダーと赤外線カメラを併用した高精度な検知センサーを活用し、障害物、車、歩行者を認識し事前に衝突を回避する予防安全技術のことです。

トヨタセーフティセンスP

トヨタセーフティセンスPの機能は主に4種類です。

約10~80km/hの速度域で自動ブレーキが作動するプリクラッシュセーフティシステムと呼ばれる自動ブレーキがあります。

トヨタセーフティセンスP プリクラッシュセーフティシステム

二つ目には、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合にブザーとディスプレイ表示で警報する、レーンディパーチャーアラートと呼ばれる車線逸脱警報です。

トヨタセーフティセンスP レーンディパーチャーアラート

3つめは周囲の明るさや対向車のヘッドランプ、先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えるオートマチックハイビームです。

トヨタセーフティセンスP オートマチックハイビーム

最後に設定車速の範囲内で先行車の車速に併せて速度を調節すること、でブレーキ・発進を自動で行い一定の車間距離を保ちながら追従走行する、レーダークルーズコントロールの4つです。

トヨタセーフティセンスP レーダークルーズコントロール

これらの機能が搭載されます!

これだけ安全性能が向上したら安心して運転できそうですね!

ちなみに同時期にマイナーチェンジされる新型ヴェルファイア・アルファードには上記の機能に加え、なんと同一車線運転支援システムが拡張されます。

トヨタの新型アルファード、新型ヴェルファイアのマイナーチェン...

同一車線運転支援システムはあの日産・プロパイロットと同レベルの運転支援システムです。

さすが世界のトヨタですね!

日産の電気自動車、リーフのフルモデルチェンジ情報です! ...

トヨタ新型プリウスαはカラーの変更

トヨタ新型プリウスαでは、カラーの追加と削除があるようです。

おそらく最新技術が搭載された新しいカラーが追加されることとなるでしょう。

例えばランドクルーザープラドの場合、同系色のカラーの追加と削除が行われました。

トヨタ新型プリウスαでも同じような変更となるのでしょうね。

トヨタ新型プリウスαにGRスポーツ追加

トヨタ GRスポーツ

トヨタ新型プリウスαには、TOYOTA Gazoo RacingブランドからスポーディにチューンナップされたGRスポーツグレードが追加されます。

GRスポーツスポーツでは通常モデルよりもアグレッシブなデザインへと変更される他、足回りが徹底強化されスポーツ性能を楽しむことが出来ますよ!

プリウスαではどのようなデザインでリリースされるのか楽しみですね。

トヨタ新型プリウスαの発売日・発売時期

トヨタ新型プリウスαのマイナーチェンジは2017年11月21日が予定されています。

トヨタは2017年10月から11月にかけてなんと4車種もマイナーチェンジが計画されています。

まず一番最初に小型車の看板であるカローラのマイナーチェンジです。

トヨタの小型セダンと小型ワゴン、カローラのマイナーチェンジ情...

次に計画されているのが兄弟車のプリウスです。

こちらも大規模なマイナーチェンジが計画されています。

トヨタのハイブリッドカー、プリウスのマイナーチェンジ情報です...

そして高級ミニバンのアルファード・ヴェルファイアがマイナーチェンジされます。

トヨタの新型アルファード、新型ヴェルファイアのマイナーチェン...

最後に様々な需要を満たすハイエースです。

トヨタの商用バン、ハイエースのマイナーチェンジ情報です! ...

同時にマイナーチェンジを行うため他車種の影響によりタイミングが前後する可能性もあります。

スポンサーリンク

トヨタ新型プリウスαのマイナーチェンジ情報まとめ

  • デザイン変更
  • トヨタセーフティセンスPが標準搭載
  • カラーの変更
  • 発売時期は2017年11月

最後にトヨタプリウスαの情報について振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

トヨタプリウスαってどんな特徴の車?

トヨタ プリウスα

トヨタプリウスαはトヨタが2011年に製造・販売を開始したステーションワゴン/ミニバンです。

2014年に一度大規模なマイナーチェンジが行われており、今回のマイナーチェンジで2度めとなります。

プリウスαはノーマルモデルのプリウスよりも全長が長く、それに伴いホイールベースも延長されています。

全長が長い理由はプリウスシリーズ唯一の3列シート7人乗りモデルもしくはワゴンスタイルであり、ノーマルのプリウスよりも実用的もしくはロールーフミニバンとして利用できるモデルです。

トヨタプリウスαはパーツやプラットフォームのほとんどを3代目プリウスと共有しています。

プリウスはフルモデルチェンジされプラットフォームが一新されTNGA採用、新型ハイブリッドが搭載と大きな進化を遂げ、更にマイナーチェンジも行われる予定です。

トヨタのハイブリッドカー、プリウスのマイナーチェンジ情報です...

一方でプリウスαはステーションワゴンとロールーフミニバンの人気のなさからフルモデルチェンジされず、マイナーチェンジとなるようです。

しかしプリウスαはフルモデルチェンジの予測もありますから、トヨタはプリウスαを大切にしていることがわかりますね。

トヨタのロールーフミニバン、プリウスαのフルモデルチェンジ情...

今回のマイナーチェンジで一体どのような変更が行われるのか楽しみです!

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする