ダイハツのブーンとトヨタのパッソがフルモデルチェンジしたようですね

スポンサーリンク

これデザインがいいし安全装置も充実してるし
軽自動車よりもコスパよくないでしょうか!?

トヨタ、先進安全装備「スマートアシストII」を初採用した新型「パッソ」
トヨタ自動車は4月12日、コンパクトカー「パッソ」をフルモデルチェンジして発売した。価格は115万200円~183万600円。新型の技術的な詳細については、同日発売でOEM元となるダイハツ工業「ブーン」の紹介記事を参照していただきたい。
新型パッソでは、先代モデルで採用した直列3気筒DOHC 1.0リッターの高熱効率ガソリンエンジン「1KR-FE」をさらに改良。吸気ポートのデュアルインジェクター&デュアルポート化、ピストン形状の最適化による高圧縮比化と低フリクション化、スパークプラグの改良による燃焼改善、EGRバルブの応答性向上によるEGR量拡大などを実施。CVTの制御見直しで発進加速や追い越し加速などの車速上昇幅向上、上り坂などでの「坂道モード」制御採用などを行ないつつ、JC08モード燃費は2WD(FF)車でガソリン登録車トップとなる28.0km/L、4WD車で24.4km/Lを実現している。
先代モデルはパッソとパッソ +Hanaの2種類で内外装を使い分けて個性化を図っていたが、今回からはパッソ +Hanaに変えてパッソ モーダ(MODA)を設定。ヘッドライトを中心にフロントマスクの雰囲気を大幅に変更しているほか、インテリアもデザインや色遣いを変えて方向性を変化させている。

ソース:car watch
画像はこちら。
29.jpg
ニヤニヤタイプと
17.jpg
フンッ!!!!タイプの2種類あります。
老若男女誰でも乗れるデザインですね。
内装はこんな感じです。
08.jpg
基本グレードは可もなく不可もなくという感じです。
上位グレードになるとより色鮮やかでかわいい感じとなります。
燃費は28km(JC08)と、かなりの燃費性能。
マイルドハイブリッドを導入しているイグニス並です。
エントリーモデルは115万と、他社のAセグメント車よりも安く設定されており
スマートアシストⅡも基本搭載されております。
スマートアシストⅡの性能はこんな感じ。
ムーヴ:被害軽減ブレーキ試験 CCRs30km/h
あ、あら?
デュアルカメラブレーキサポートに比べ性能が良くない様子。
ベーシックで搭載されているものですし、タダと考えれば悪くはないでしょう多分。
新型パッソのライバルは、イグニスちゃんとなるのでしょうか。
かわいいかわいいイグニスちゃん、まさかのスズキマジックなしでのデビュー。
価格では圧倒的にパッソのほうが安いですが
安全性能や内装はスズキのほうが優位だと思います。
……残りはブランド力やデザインでの勝負ですね。
Aセグメント車は日本市場はでは活発ではありませんが
うまいこと価格や性能を足せば日本では高級軽自動車市場を奪うことができ
欧州市場やインド市場でも期待できるチャンスのある市場だと思うのですがどうでしょうか。
せっかくスモールカーに特化したメーカーなので
スズキだけではなく、ダイハツもAセグメント市場に力を入れてほしいものです。