次期スイフトスポーツの追加レンダリングCGがリーク!エンジンはダウンサイジングターボで確定?

スポンサーリンク

スイスポってターボじゃないんですよね。
初めてダウンサイジングターボエンジンが導入されるのか……も?


以前の続報です。
新型スイフトのレンダリングCGが流出したようです
新型スイフトのスパイショットが流出したようです
画像はこちら。
open.jpg
エンブレムの下のあたりがプリっとしてる感じが
バレーノっぽさがありますね。
びっくりするぐらい2代目、3代目のキープデザイン
追加リークのレンダリングCGはリア画像だけですが
スペック類についてソースでは言及されております。

The hot version of the upcoming Swift is going to ditch its naturally aspirated powertrain in favor of a turbocharged 1,4-litre Boosterjet unit.
Autocar reports that the next Swift Sport is going to be powered by an upgraded version of the 138hp 1.4-litre engine found in the current Vitara S crossover, with the new model expected to tip the scales close to the 1,000 kg mark.

スイフトには1.4リッターブースタージェットが導入され
自然吸気エンジンでは無くなるであろうと考えられる。
又、1tをキープしつつもビターラS(日本名:エスクード)に導入された
1.4リッターブースタージェットエンジンをアップグレードするだろう、とのこと。

Standard models are expected to also use the company’s new 109hp turbocharged 1.0-litre three-cylinder unit found in the Baleno, with the cabin featuring better quality materials and more connectivity options.

スタンダードモデルのスイフトにも、バレーノに導入された
3気筒の1.0リッターターボエンジンが導入される可能性が高い。
とのこと。
バレーノにはダウンサイジングターボが導入されましたが
スズキ、国内にバレーノ発売へ。スペックが……日本には向いていない?
上位グレードで、ハイオク仕様であるとのこと。
下位グレードは1.2リッターNAのレギュラー仕様ですが
内装がとてもチープです。樹脂樹脂樹脂樹脂
スイスポは元々ハイオク仕様なので、あまり影響はありませんが
スイフトの場合には、1.0リッターターボエンジンを上位グレードに、
1.2リッターNAを下位グレードとすると
バレーノの二の舞になってしまいそう……。
バレーノの死屍累々っぷりを見ると日本では1.0リッターターボは導入されなそうですが……。
どうなのでしょうか。