スズキ、スペーシアカスタムZをデビューへ!スズキ初の大型グリルを搭載!

スポンサーリンク

ほとんど事前情報もありませんでしたが、サプライズ的にリリースされましたね。

スズキは年末に向けて、新型スイフトをデビューさせようともくろんでいました。

そのスイフトは小型車においても非常に完成度が高く、新しいハイテク技術やリアハンドルの隠しデザインを採用と、デザインも意識し意欲的なアップデートであると考えられます。

更にスイフト初のマイルドハイブリッドやレギュラー対応の1.0リッターターボエンジンも搭載されるという噂でしたね。

日印欧戦略車であり、看板車の一つであるスイフト。ついにフルモ...

そんなスズキですが、世界戦略車である小型車だけではなく軽自動車にも注力を始めているようです。

スペーシアに対しテコ入れをするようですね。

スポンサーリンク

スペーシアってどんな特徴なの?

スペーシアはスズキのスーパートールワゴンです。以前販売されていた”パレット”の後継車として販売されています。

コンセプトや型式は共通であるものの、パレットからスペーシアへとネーミングが変更された理由は、コンパクトミニバンと呼べるほど室内が大幅に広がり燃費性能も向上していたため、車種名を変更し新たなブランドとして発表されました。

スペーシアの特徴としては、スズキ唯一のスーパートールワゴンとして販売されていることでしょう。

スズキにとって、現在の軽自動車の売れ筋であるスーパートールワゴン市場はN-BOXやタントに独占されていました。

市場を奪うため、スペーシアには必須の両側スライドドアの採用や、燃費向上の為”スズキグリーンテクノロジー”と呼ばれる簡易版ハイブリッドの搭載、徹底した軽量化がされています。

現行モデルは初代であり、2013年にデビューしています。

デザインの特徴としては、ノーマルタイプはオシャレでカワイイデザインとなっており、ターゲットは主婦やファミリー層でしょう。

10552032_201406a

派生車種である、スペーシアカスタムは精悍な表情へと変更され、ホイールやグリルデザインを黒くすることでスポーディな印象があります。

また、ヘッドライトやフォグライトも変更されており、若い世代をターゲットとしたデザインですね。

サイズは?

全長3395mm、全幅1475mm、全高1735-1740mmです。

重量は840-950kgと軽自動車にしては重いものの、トールワゴンの中では比較的軽い上ターボエンジンが選択出来ます。

ホイールベースは2425mmです。ライバルであるN-BOXには若干劣るものの、タントとはほぼ同等クラスであり、後部座席はCセグメントクラス以上に広いでしょう。

こちらもトールワゴンならではの強みですね。

エンジンは?

エンジンは直列3気筒660ccエンジンです。スズキの軽自動車にはすべて共通です。

また、インタークーラーターボが搭載されているモデルもあります。コンパクトカークラスの速度が出せますよ!

それでは、スペーシアカスタムの派生車種である、スペーシアカスタムZの概要を見てみましょう。

スポンサーリンク

概要

スズキニュースリリースより、

スズキ、軽乗用車「スペーシア カスタムZ」を発売
~軽乗用車「スペーシア」シリーズを一部仕様変更~

スズキ株式会社は、ハイトワゴンタイプの軽乗用車「スペーシア」に、力強さと大きく迫力のあるフロントマスクを特長とした新機種「スペーシア カスタムZ」を設定するとともに、「スペーシア」シリーズを一部仕様変更し12月26日より発売する。

新型「スペーシア カスタムZ」は、ボンネットフードの位置を高くし、大型メッキフロントグリル、フロントバンパーなどの専用装備により存在感のあるフロントマスクの外観デザインを採用。ブラックを基調にした精悍な印象の内装に、随所にチタンシルバーの加飾を施すことで上質感を演出したスペーシアの新機種である。
さらに後席右側ワンアクションパワースライドドアなどの快適装備を充実させた「ユーティリティパッケージ」、前後左右4カ所に設定したカメラで車両周辺の映像を映し出す「全方位モニター付メモリーナビゲーション」、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」※2などをメーカーオプション設定することで利便性を向上させ安全装備を充実させた。

1226

安全装置類の強化や、スライドドアの利便性向上等、細かいところもしっかりアップデートされています。

しかもこちらのアップデートはスペーシアカスタムZだけではなく、スペーシア、スペーシアカスタムもアップデートされたようです。

スポンサーリンク

価格諸元表

諸元表はこちら。

機種名エンジン駆動変速機燃料消費率
JC08モード走行
(km/L)
エコカー減税
(取得税/重量税)
価格(円)
カスタムZ0.66L
DOHC
吸排気VVT
(S-エネチャージ)
2WDCVT30.6免税1,490,400
4WD29.01,611,360
カスタムZ
ターボ
0.66L
DOHC
吸気VVTターボ
(S-エネチャージ)
2WD26.880%/75%1,598,400
4WD25.660%/50%1,719,360

グレード構成が非常にシンプルでわかりやすい上、カスタムに比べ価格が安く設定されております。

ライバルであるN-WGNやムーブカスタムとも張り合える価格設定ではないのでしょうか。

画像

img02

超巨大のメッキグリルです。カスタムらしい、ギラっとしたワイドなデザインですね。

これまでのスズキには存在しないデザインですね。

カラーバリエーション

car_white sc0001 sc0002 sc0003 sc0004 sc0005

ツートンカラーもあります。

sc0006 sc0007 sc0008

フロントマスクの打ち出し方が凄まじいですね。

img07

全カラーバリエーションです。

青、赤、黄の3色に限りツートンカラーもあります。

オシャレですね!

インテリアも公開!

インテリア画像はこちらです。

interior

質感も高めで、コンパクトかつ合理的なインテリアです。

良い意味でスズキらしさがありますね!

チタンシルバーを施しており、より上質な印象を受けます。

現行との比較

現行との比較です。

エクステリアの比較

10552032_201406a1226

並べてみますと、スペーシアカスタムとスペーシアカスタムZでは大きくデザインが異なることがわかります。

スペーシアカスタムは、スペーシアのデザインをそのまま流用しつつ、適度なカスタマイズとなっている一方、スペーシアカスタムZはメッキ分増加、グリルデザイン拡大と軽ハイトワゴン市場におけるメインストリームのデザインであるといえます。

ライバル車種と同様、力強いデザインとなりましたね。

インテリア

interiorimg01

インテリアには、大きな違いはなさそうです。カーナビ周り等のカラーの一部変更のみでしょうか。

スペーシア自体インテリアは合理的で良いデザインですから、大きく変更する余地もないのでしょうね。

まとめ

スズキはこれまで、ワイドなグリルを持つデザインの軽自動車を販売しておりませんでした。

遂にカスタムタイプの巨大グリルを搭載した軽自動車が導入され、N-WGNやムーブカスタムと張り合えるデザインとなりましたね!

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする