スズキ、新型スイフト発表!リーズナブルで超高性能のテクノロジーを搭載!

スポンサーリンク

2016/12/27 追記しました。

日印欧戦略車であり、看板車の一つであるスイフト。

遂に情報のリークが始まりました!

2016/12/27に、遂にスイフトが公式デビューしました!

サイト内にはスイフトスポーツが削除されていますが、スイフトスポーツと思われるマフラーが2本出しのスイフトがスパイショットされています。

次期型スイフトスポーツが欧州にてスパイショット!1.4リッターターボを搭載し2017年デビューか?
相変わらずマスキングだらけですが、次期型スイフトのスパイショットとは明らかに違うデザインであることがわかりますね。

ここから、スイフトスポーツがリリースされることがわかっています。また、プロペラシャフトが見えているところから、4WDのグレードもリリースされるのではないか?と噂になっています。

それでは、リリースされた内容を見てみましょう。

スポンサーリンク

概要

スズキニュースリリースより、

スズキ、小型乗用車 新型「スイフト」を発売

スズキ株式会社は、小型乗用車「スイフト」を全面改良し、2017年1月4日より発売する。

今回全面改良を行なった新型「スイフト」は、大胆に進化した躍動感のあるスタイルとしながら、歴代スイフトが磨き続けたハンドリング性能のさらなる向上に加え、マイルドハイブリッドや軽量化と高剛性を両立させた新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用、熱効率の向上によって低燃費を追求した1.2L自然吸気のデュアルジェット エンジンにより、優れた走行性能と燃費性能を両立した。
また「RSt」には、1.0L直噴ターボのブースタージェット エンジン(無鉛レギュラーガソリン対応)6速AT採用し、力強い加速感の得られる動力性能と、優れた燃費性能を両立した。
さらにスズキ初の装備として、単眼カメラとレーザーレーダーによる衝突被害軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」を採用※2。周囲の状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替えるハイビームアシスト機能※2も付加した。前走車との距離を一定に保つアダプティブクルーズコントロール(ACC)※2なども装備し、安全装備と運転をサポートする機能を充実させるなど、全ての面において大幅な進化を実現した。

プラットフォームの一新により大幅に向上した走行性能

軽量化と高剛性を両立した新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用。走行性能と燃費性能の向上に加え、居住性と積載性の両立にも大きく貢献。ボディーやエンジン、足まわりなど車両全般にわたり徹底した軽量化を図り、従来モデル比で120kg※3の軽量化を実現した。

マイルドハイブリッドと新エンジンがもたらす走りと低燃費の両立

欧州各国で走り込みや性能確認を実施。運転する愉しさに磨きをかけた。
「RS」「HYBRID RS」「RSt」は、速度域の高い欧州の道路環境を想定し、フラットでしっかりとした乗り味と直進安定性を発揮するチューニングを施した。

1.2L自然吸気エンジン搭載車には、ISG(モーター機能付発電機)と専用リチウムイオンバッテリーを組み合わせた独自のマイルドハイブリッド搭載車を設定し、2WD車で27.4km/L※4の低燃費を実現した。

K12C型デュアルジェット エンジン
熱効率をさらに向上させた1.2L自然吸気のK12C型デュアルジェット エンジンを搭載した。
燃焼改善技術により圧縮比を12.0から12.5まで上げて熱効率を高めるとともに、冷却性能向上や混合気最適化などによりノッキングを抑制した。
低回転域でのトルクの向上に加え、フリクション低減やエンジンの軽量化およびコンパクト化により高い次元で優れた燃費性能と力強い走りを両立した。

K10C型ブースタージェット エンジン
「RSt」には燃費とパワーを両立する1.0L直噴ターボエンジンを搭載。直噴化と過給器(ターボチャージャー)により、1.0Lの小排気量ながら、1.5L自然吸気エンジン相当の高出力、高トルクを実現。街乗りから高速走行まで、幅広いシーンで扱いやすく優れた性能を発揮する。
使用燃料は無鉛レギュラーガソリン。
トランスミッションは、ダイレクトなシフトレスポンスを味わえる6速ATを採用。

ゆとりある乗員・荷室空間
新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」により、ゆとりある乗員スペースと荷室スペースを確保した。
フロントドア、リヤドアの開口高を拡大し、十分な乗降性を確保した。
荷室開口地上高を80mm※5低くし、荷物出し入れ時の使い勝手を向上した。
※5 先代スイフトとの比較。

数々の先進安全技術と優れた使い勝手

<デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)>
スズキ初採用となる単眼カメラとレーザーレーダーを組み合わせた衝突被害軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をはじめ、誤発進抑制機能(5MT車を除く)、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能と、ヘッドランプのハイビーム/ロービームを自動で切り替えるハイビームアシスト機能(スズキ初)を搭載した。
<SRSカーテンエアバッグ&フロントシートSRSサイドエアバッグ>
<アダプティブクルーズコントロール(ACC)>
先行車との速度差や車間距離を測定し、あらかじめ設定した速度(約40km/h~約100km/h)で先行車との車間距離を保ちながら自動的に加速、減速し追従走行する。

1227_01 1227_02

これまでのスイフトから大幅なアップデートが施されております!

以前までのスイフトのウリであった、欧州育ちの運転する楽しさを追求したRSモデルと、燃費と走行性能を両立させたマイルドハイブリッドシステムを要するハイブリッドグレードの2種類に分岐しています。

また、バレーノ以降採用されている新しいプラットフォームによってコンパクトカーにもかかわらず100kg近くの減量とのこと。

下記にリークされた諸元表がありますが、全部のグレードで1000kg切っています。素晴らしいです。

更に新プラットフォームによって、後部座席の広さも拡張したようです。スイフトの後部座席に難ありとよく言われていましたが、これも払拭できそうですね!

価格諸元表

価格諸元表はこちらです。

機種名エンジン駆動変速機燃料消費率
JC08モード走行
(km/L)
エコカー減税
(取得税/重量税)
価格(円)
XG1.2L
DOHC
吸排気VVT
2WD5MT23.440%/25%1,343,520
CVT24.060%/50%1,343,520
4WD22.820%/25%1,497,960
XL2WD5MT22.620%/25%1,463,400
CVT24.060%/50%1,463,400
4WD22.820%/25%1,617,840
HYBRID
ML
1.2L
DOHC
吸排気VVT
(マイルドハイブリッド)
2WD27.480%/75%1,625,400
4WD25.460%/50%1,779,840
RS1.2L
DOHC
吸排気VVT
2WD5MT22.620%/25%1,594,080
HYBRID
RS
1.2L
DOHC
吸排気VVT
(マイルドハイブリッド)
2WDCVT27.480%/75%1,691,280
4WD25.460%/50%1,845,720
RSt1.0L
DOHC
吸気VVT
直噴ターボ
2WD6AT20.01,704,240

走る楽しさの為にも、直噴ターボと6ATを組み合わせたのは英断ですね!

コンパクトカー×直噴ターボ×AT採用は欧州車以外ではなかったのではないのでしょうか。

また、エントリーグレードにも5MTが採用されています。国内では捌くことが難しいでしょうが、それでも採用するのは素晴らしいです。

スポンサーリンク

画像

エクステリア

img01

(ハイブリッドRS)

img02

(ハイブリッドML)

グリル内の赤線はRSグレードに搭載されるようです。

img05

リアドアのハンドルは窓部分へと移動し、クーペ風のデザインを強調するようなデザインとなりました。

サイドラインはまさしくスイフトです。

img03-1

リアデザインはこれまでのスイフトとバレーノを組み合わせたデザインとなりました。

また、ナンバー下部分にリアフォグランプも装備されています。

img07

また、LEDランプ&ポジションランプが搭載されています。

カラー

ハイブリッドRS/RSは5色、ハイブリッド/素グレードは8色となります。

sc0001 sc0002 sc0003 sc0004

これら5色がRSグレードです。不思議なことにRSグレードのほうが選べるカラーが少なくなっています。

ハイブリッド及び素グレードは上記の5色に加え、以下の4色が選択できます。

sc0007 sc0005 sc0006

12

インテリア

img01-2 img02-1

メーターデザインが非常にスポーディなデザインです。

カレンダー、時計が新規に追加された上、0が真下になるようにデザインされています。

img10

スポンサーリンク

新しいスイフトに搭載された技術は?

まずはデュアルセンサーブレーキサポート!

img01-1

デュアルセンサーブレーキサポートは、これまでスズキの採用していた「デュアルカメラブレーキサポート」では使えなかったACCが使えるようになっています。

40~100kmですから、渋滞中では使えなくなりますがコンパクトカーでACCが採用されているのは殆どありません。

これも一つの訴求力となるでしょうね!

img03

また、ワイパー範囲内にあるため、ひどい天候でない限り利用できるようです。

ナビ周りも大幅アップデートへ!

ナビは全方位モニター付メモリーナビゲーションが新しく追加されました。

sc0001

バックカメラだけでなく、上から見るように駐車が可能です。

sc0000

更に、CarPlayとAndroidautoも搭載されました。

対応アプリをインストールし車に接続すれば、ナビの利便性を大幅に上げることが出来るようになります。

カタログもリークへ!

カタログもリークされるようになりました!

4d646f69-s

3c8b6f99-s 27176f03-s

2016/12/19 追記分

c94de3556f c236bb5c2c

345c5105 cz2urgqveaeuhdb

諸元表もリーク!

諸元表のリークもあります。

twnw9bq

全てのグレードで6ATとなったわけではなく、CVTもあるようですね。

4WDがハイブリッドにも対応していますし、なによりびっくりするのがXL、RSグレードの車重です。900kgを切っています!

RStグレードのみに1.0リッターターボエンジンが搭載されるようですね。RStは1.0リッターターボ/6AT/930kgの車重ですから、かなりスポーディな車に仕上がっていそうですね。

まとめ

スイフトスズキにとって世界戦略車です。日、印、欧の3カ国をスイフトで攻勢をかけます。

それだけあって、相当のアップデート内容です。出し惜しみ無く新しい技術をてんこ盛りにしてありますね!

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?