スズキ新型ジムニーにフルモデルチェンジ デザイン・ラダーフレーム・エンジンは?

スポンサーリンク

4代目スズキ新型ジムニーのフルモデルチェンジの変更点

4代目スズキ新型ジムニーの情報が国内外からリークされています。

デザインは原点回帰し、ラダーフレームを採用し堅牢なジムニーとして復活します!

それでは、スズキ新型ジムニーのフルモデルチェンジに伴う変更点を一つずつ確認してみましょう。

スズキ新型ジムニーのスパイショット

新型ジムニー スパイショットの画像 新型ジムニー スパイショットの画像 新型ジムニー スパイショットの画像 新型ジムニー スパイショットの画像

欧州にてスズキ新型ジムニーのスパイショットがリークされました。

厚いカモフラージュがなされているものの、間違いなくスズキジムニーのスクエアデザインです。

3ドアであることから、クロスオーバーのスズキハスラーとも異なることがわかります。

ヘッドライトは引き続き丸目が採用されており、原点回帰のデザインとなりそうですね。

スズキ新型ジムニーのデザインがリーク

スズキ新型ジムニー デザインのリーク画像 スズキ新型ジムニー デザインのリーク画像 スズキ新型ジムニー デザインのリーク画像 スズキ新型ジムニー デザインのリーク画像

スズキ新型ジムニー デザインのリーク画像

スズキ新型ジムニーのデザインがリークされました。

このリークは全て的中しており、スズキ新型ジムニーはほぼ確実にこのデザインで発売することでしょう。

カラーバリエーションもツートンカラーの設定がされており、一見ポップなクロスオーバーSUVのように見えますね。

インテリアも無骨さが抜けて、より実用的でおしゃれなデザインとなっています。

スズキ新型ジムニーのレンダリングCGがリーク

スズキ新型ジムニー 予想CG画像 スズキ新型ジムニー 予想CG画像 スズキ新型ジムニー 予想CG画像 スズキ新型ジムニー 予想CG画像

スズキ新型ジムニーのレンダリングCGがリークされました。

良い意味で時代から逆行する直線的なデザインはこの時代だからこそ魅了するデザインとなりそうですね。

オシャレでありながら無骨な印象を持たせる素晴らしいデザインです。

スズキ新型ジムニーのカタログ画像

国内向けスズキジムニーのカタログ画像ではないものの、ウクライナの自動車サイトからスズキ新型ジムニーのカタログ画像がリークされました。

スズキ新型ジムニーのカタログ画像 スズキ新型ジムニーのカタログ画像 スズキ新型ジムニーのカタログ画像

スズキ新型ジムニーのインテリアは現行型モデルに比べ質素な雰囲気はなくなっています。

実物を見てみないとわからないものの、非常に楽しみなデザインですね。

スズキ新型ジムニーのトランスミッションやエンジン

現行型ジムニー エンジン

海外では1000ccの直3ターボエンジンが搭載されるようですが、軽自動車の区分となる国内向けのスズキ新型ジムニーは660cc直3ターボエンジンが搭載される予定です。

更にS-エネチャージによるマイルドハイブリッドも搭載され、燃費を追求したエンジンモデルも搭載されるでしょう。

トランスミッションは海外では6ATと5MTが搭載されるだろうとリークされています。

国内でも同様のトランスミッションが搭載されるでしょう。

スズキ新型ジムニーのナビはジェスチャーコントロール対応

スズキ新型ジムニー デザインのリーク画像

スズキ新型ジムニーのカーナビを中心としたインフォテイメントシステムは、手袋でも利用可能なようにジェスチャーコントロールにも対応する報道があります。

スズキジムニーはオフロード車ということもあり、豪雪地帯の需要が大きいことからその可能性は十分にありえるといえます。

スズキ新型ジムニーはモノコックボディに?

スズキ新型ジムニーのプラットフォーム画像

スズキジムニーはこれまでフレームボディと呼ばれる、圧倒的な剛性かつ超重量のボディを利用していました。

しかしながら、スズキ新型ジムニーは製造拠点の移転に伴いフレームボディの廃止が噂されています。

フレームボディの廃止に伴い、スズキ新型ジムニーでは新型プラットフォームのモノコックボディにフレームで補給したボディが採用されるでしょう。

ボディ剛性や4WD性能は落ちるものの、最新鋭の電子制御技術や重量軽減によるメリットでスズキジムニーの魅力はある程度維持できます。

スズキ新型ジムニーはデュアルセンサーブレーキサポートが搭載

スズキデュアルセンサーブレーキサポート

デュアルセンサーブレーキサポートはスズキの予防安全技術であり、複数のレーダーに加え単眼カメラで人、標識、障害物を判別します。

最先端の技術であり、様々な安全技術を割安で受けられる素晴らしいパッケージですよ!

デュアルセンサーブレーキサポートの機能は?

デュアルセンサーブレーキサポートには以下の機能が搭載されています。

前方に障害物や車がいる際、車内に警報を鳴らす前方衝突警報機能、

前方衝突注意警報

緊急時に前方との衝突被害を軽減するためにブレーキ性能を強化する前方衝突被害軽減ブレーキ機能、

前方衝突被害軽減ブレーキ機能

前方との衝突を回避・軽減する自動ブレーキ機能、

自動ブレーキ機能

前方に障害物があり、ペダルの踏み間違いを警告・ブレーキをかける誤発進抑制機能、

誤発進抑制機能

ウインカーなしで車線変更しようとするときに警告する車線逸脱警報機能、

車線逸脱警報機能

車のふらつきが多くなると警告するふらつき警報機能、

ふらつき警報機能

先行車が走った時、警告する先行車発進お知らせ機能、

先行車発進お知らせ機能

ハイビームを自動で切り替えて、夜間の視野を確保できるハイビームアシスト機能、

ハイビームアシスト機能

そして半自動運転技術とも言える、アダプティブクルーズコントロールです。

アダプティブクルーズコントロール

これらの技術は雨に非常に弱かったものの、スズキのデュアルセンサーブレーキサポートはワイパー圏内に全てのセンサーを収めてあるため、天候不順でもある程度利用可能です。

デュアルセンサーブレーキサポートセンサー

車種によってステアリング操作の追加やACCの削除といった調整があるものの、大抵の機能は搭載されると考えて間違いないでしょう。

スズキ新型ジムニーに全方位モニターパッケージも追加

全方位モニターパッケージの画像

スズキ新型ジムニーには全方位モニターパッケージが追加されます。

メーカーオプションですが、運転が苦手な人でも全方位モニターパッケージがあれば安心して駐車できますね。

スズキ新型ジムニーはALL GRIP搭載

現行型エスクード オールグリップ

スズキ新型ジムニーではALL GRIPと呼ばれるスズキ特有の4WDシステムが搭載されます。

ALL GRIPは車両の走行状態を各種センサーからによって監視し、挙動変化を予測するシステムです。

車両が不安定になる前に対処するフィードフォワード制御を行うことで優れた走行性能を実現しています。

ALL GRIPには燃費優先のAUTOモード、直進加速やコーナリングに重点を置いたSPORTモード、雪道に重点を置いたSNOWモード、どんな道でも踏破できるようにセッティングされたLOCKモードの4種類があります。

4WDでありながら燃費も両立でき、スポーツな運転も楽しめて、雪道やぬかるみも走り抜けるモードが扱える点もALL GRIPの強みです。

ただしこちらは海外モデル限定の機能となるかもしれません。続報が入り次第お伝えします。

スズキ新型ジムニーはシエラとともに発売

スズキ新型ジムニーは現行モデル同様にスズキ新型ジムニー、スズキ新型ジムニーシエラの2種類が同時発売されます。

スズキ新型ジムニーシエラではフェンダーが取り付けられる他、直列3気筒1000ccターボエンジンが搭載される予定です。

スズキ新型ジムニーの発売時期・発売日

スズキ新型ジムニーの発売日について、具体的な日程は判明しておりません。

しかしながら発売時期はおよそ判明しており、2018年8月頃が濃厚と言われています。

当初は2017年10月の東京モーターショーに発表となる予定でしたから、何かしらのファクターによって日程がずれ込んでいるようですね。

また、現行型スズキジムニーとスズキジムニーシエラは2018年2月を以って生産停止となることが判明しています。

スズキ新型ジムニーの具体的な発売日が判明次第お伝えします。

スズキ新型ジムニーの価格

スズキ新型ジムニーの価格について、具体的な情報は現在のところ判明しておりません。

具体的な価格が判明次第お伝えします。

スポンサーリンク

現在判明している4代目スズキ新型ジムニーのまとめ

  • デザインが判明
  • プラットフォームは独自路線だが、モノコックボディベース
  • トランスミッションは6AT/5MT
  • デュアルセンサーブレーキサポートが搭載
  • 全方位パッケージが搭載
  • 発売は2018年中旬

出展:スズキ製品ページ

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする