スズキ新型ジムニー ジムニーシエラが2018年フルモデルチェンジ 変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4代目スズキ新型ジムニーのフルモデルチェンジの変更点

4代目スズキ新型ジムニーの情報が国内外からリークされています。

スズキ新型ジムニーのフルモデルチェンジに伴う変更点を一つずつ確認してみましょう。

スズキ新型ジムニー ジムニーシエラのスパイショット

スズキ新型ジムニーシエラのスパイショットが欧州にて撮影されました。

新型ジムニー スパイショットの画像 新型ジムニー スパイショットの画像 新型ジムニー スパイショットの画像 新型ジムニー スパイショットの画像

厚いカモフラージュがなされているものの、間違いなくスズキジムニーのスクエアデザインです。

3ドアであることから、クロスオーバーのスズキハスラーとも異なることがわかります。

ヘッドライトは引き続き丸目が採用されており、原点回帰のデザインとなりそうですね。

スズキ新型ジムニー ジムニーシエラのデザインがリーク

スズキ新型ジムニーシエラのデザインがリークされました。

スズキ新型ジムニー デザインのリーク画像 スズキ新型ジムニー デザインのリーク画像 スズキ新型ジムニー デザインのリーク画像 スズキ新型ジムニー デザインのリーク画像

スズキ新型ジムニー デザインのリーク画像

本CGのリークはかつて様々な車種で行われてきましたが全て的中しており、スズキ新型ジムニーはこのデザインで発売することでしょう。

カラーバリエーションにボンネットからルーフにかけて独特なツートンカラーの設定がされており、ポップなクロスオーバーSUVのように見えるデザインです。

ディーラーオプションが多数設定され、自分だけのスズキ新型ジムニーを選ぶことができそうですね。

良い意味で時代から逆行する直線的なデザインはこの時代だからこそ魅了するデザインとなりそうですね。

オシャレでありながら無骨な印象を持たせる素晴らしいデザインです。

また、特許庁に意匠登録を申請したスズキ新型ジムニーのインパネデザインがリークされました。

各所でリークされている通りのインパネとなりそうです。

スズキ新型ジムニーのインパネ画像

スズキ新型ジムニー ジムニーシエラのカタログ画像

国内向けスズキ新型ジムニー ジムニーシエラのカタログ画像ではないものの、ウクライナの自動車サイトからスズキ新型ジムニーシエラのカタログ画像がリークされました。

全体的なデザインは事前リーク通りスクエアスタイルかつ丸目ヘッドライト、縦網グリルが搭載されています。

スズキ新型ジムニーのカタログ画像 スズキ新型ジムニーのカタログ画像 スズキ新型ジムニーのカタログ画像

スズキ新型ジムニーのインテリアは現行型モデルに比べ質素な雰囲気はなくなっています。

実物を見てみないとわからないものの大幅に質感が上がりそうですね。

スズキ新型ジムニー ジムニーシエラのデザイン

スズキ新型ジムニー、スズキ新型ジムニーシエラのデザインが発表されました。

スズキ新型ジムニーのデザイン

(スズキ新型ジムニー)

スズキ新型ジムニーシエラのデザイン

(スズキ新型ジムニーシエラ)

スズキ新型ジムニーとスズキ新型ジムニーシエラのデザインの違いはホイールデザイン、オーバーフェンダー、ホイールサイズ(ジムニーは15インチ、シエラは16インチ)となります。

スズキ新型ジムニーのインテリア

スズキ新型ジムニー、スズキ新型ジムニーシエラのインテリアデザインは黒を基調としており非常に合理的でわかりやすいデザインです。

トランスミッションとサイドブレーキの間にあるレバーが2WDと4WDを切り替える副変速機となります。

スズキ新型ジムニー ジムニーシエラのエンジンとトランスミッション

現行型ジムニー エンジン

スズキ新型ジムニーでは以下のエンジンが搭載される予定です。

  • 直列3気筒660ccガソリンエンジン+ターボ

スズキ新型ジムニーシエラは以下のエンジンが搭載される予定です。

  • 直列4気筒1500ccガソリンエンジン

当初はマイルドハイブリッドが搭載される情報が多数見受けられたものの、スズキ新型ジムニーシエラにマイルドハイブリッドが搭載されない模様です。

エコカー減税や燃費改善を狙いマイルドハイブリッドを導入するよりも重量を落としコストを削減する選択です。偉大ですね。

トランスミッションはスズキ新型ジムニー、スズキ新型ジムニーシエラ共に4ATもしくは5MTが搭載されます。

スズキ新型ジムニー ジムニーシエラの燃費

スズキ新型ジムニーの燃費はATモデルが13.2km/L、MTが16.2km/Lとなります。

スズキ新型ジムニー ジムニーシエラのインテリア

スズキ新型ジムニー デザインのリーク画像

スズキ新型ジムニー、スズキ新型ジムニーシエラのインテリアでは昨今の軽自動車並みのインテリアとなり、一部グレードにおいて以下の装備が搭載されます。

  • スマートキーが搭載
  • オートエアコン搭載
  • シートヒーター搭載

一方、廉価グレードではなんと手回し式ウインドウも採用しています。豪雪地帯でもなんのそのです。

スズキ新型ジムニー ジムニーシエラはラダーフレーム搭載

スズキ新型ジムニーのプラットフォーム画像

スズキ新型ジムニー、スズキ新型ジムニーシエラは歴代ラダーフレームボディが採用されています。

しなしながら、スズキ新型ジムニー、スズキ新型ジムニーシエラは製造拠点の移転に伴いフレームボディの廃止が噂されていましたが、ラダーフレームが引き続き採用されることが確定しました。

これは歴代スズキジムニーファンもスズキ新型ジムニーの正統性にニッコリなポイントです。

スズキ新型ジムニーは重量増加

スズキ新型ジムニーでは引き続きラダーフレームが採用されることから、重量が増加することが判明しています。

重量はATが1040kg、MTが1030kgとなります。

スズキ新型ジムニーとスズキ新型ジムニーシエラの違い

スズキ新型ジムニーは軽自動車モデルに加え、普通車モデルのスズキ新型ジムニーシエラも国内発売されます。

スズキ新型ジムニーとスズキ新型ジムニーシエラの違いは以下の通りです。

排気量車格デザインの差異
スズキ新型ジムニー660cc+ターボ軽自動車
スズキ新型ジムニーシエラ1500ccガソリンエンジン普通車フェンダーが追加

スズキ新型ジムニーとスズキ新型ジムニーシエラの大きな違いはタイヤ付近にあるフェンダーの有無とエンジン排気量の違いとなるでしょう。

また、スズキ新型ジムニーシエラでは足回りもジムニーとは差別化されるという報道があります。

スズキ新型ジムニーシエラは国内でも販売される予定であり、スズキの普通車ラインナップが拡充されることでしょう。

スズキクロスビーとスズキハスラーのような関係となりそうですね。

スズキ新型ジムニー、スズキ新型ジムニーシエラはスズキ新型セーフティサポート採用

スズキ新型セーフティサポートの画像

スズキ新型ジムニー、スズキ新型ジムニーシエラは新しい予防安全であるスズキセーフティサポートが採用されます。ACCやハイビームアシストも搭載されます。

スズキセーフティサポートとは、スズキデュアルセンサーブレーキサポートを更に拡張した先進安全技術の総称です。

他メーカーに比べても遜色ないどころか、より有利な部分もある非常に優秀な機能です。

スズキセーフティサポートについて簡単に解説します。

スズキセーフティサポートサポートとは?

スズキセーフティサポートとは、これまで採用されていたスズキデュアルセンサーブレーキサポートをベースに更に拡張した機能です。

スズキセーフティサポートのベース部分となるスズキデュアルセンサーブレーキサポートの機能は以下の機能が搭載されています。

  • 車線逸脱警報機能……車線が逸脱しそうになった時、自動的にブレーキをかける機能
  • ふらつき警報機能……車両が蛇行した時ブザー音で警報
  • ハイビームアシスト……対向車、先行者、歩行者の状況を感知し自動的にハイビーム/ロービームを切替
  • 先行車発進お知らせ機能……先行者が走っても5m以上動きがない場合ブザー音で警報
  • 誤発進抑制機能……駐車場などで、前方に壁などがあるにも関わらずシフトをD・L(前進)の位置でアクセルを強く踏み込むと、最長約5秒間、エンジン出力を自動的に抑制

スズキセーフティサポートでは、これら上記の基本機能の他に以下の機能が追加されます。

  • 左右確認サポート機能……見通しの悪い場所で人などが近づいてくるとお知らせする「左右確認サポート機能も前後に装備し、運転席から見えにくい周辺状況の確認をサポート
  • 後退時ブレーキサポート……軽自動車初の技術。リヤバンパーに4つの超音波センサーを内蔵し、車両後方にある障害物を検知

前方に対する自動ブレーキシステムは多いものの、後方のセンサーは非常に珍しいです。

安全に気を使っているスズキらしい機能といえますね。

スズキ新型ジムニー、スズキ新型ジムニーシエラは全方位モニターパッケージ追加

スズキ全方位モニターパッケージの画像

スズキ新型ジムニー、スズキ新型ジムニーシエラには上から見下ろすようにモニターで確認出来る全方位モニターパッケージがメーカーオプションで搭載できます。

また、軽自動車では非常に珍しい3D画像で投影されます。これは高級車の一部にしか搭載されていなかった素晴らしい機能です。

ここにもスズキの安全性能に対する意気込みを感じますね。

スズキ新型ジムニー スズキ新型ジムニーシエラはパートタイム4WD搭載

スズキ新型ジムニー、スズキ新型ジムニーシエラではパートタイム4WDが搭載されます。

歴代スズキジムニー、スズキジムニーシエラではパートタイム4WDが採用されており昨今の流行であるコンピュータ制御の4WDではなく自分で切替可能な4WDが引き続き採用されるようです。

4WDの切替は電磁式ではなく機械式であり、室内で切替が可能です。

また、4WD制御システムのALL GRIPも搭載される情報があったものの国内モデルには搭載されず、海外モデル限定の機能となります。

スズキ新型ジムニー、スズキ新型ジムニーシエラの発売時期・発売日

スズキ新型ジムニー、スズキ新型ジムニーシエラの発売日について具体的な日程は判明しておりません。

しかしながら発表時期が判明しており、発表時期は2018年7月5日を予定されています。

発売時期はそこから1ヶ月以内だと考えられ、スズキ新型ジムニー、スズキ新型ジムニーシエラの発売時期は2018年8月前後ではないかと考えられるでしょう。

当初は2017年10月の東京モーターショーに発表となる予定でしたから、何かしらの影響によって日程がずれ込んでいるようですね。

スズキ新型ジムニー、スズキ新型ジムニーシエラの具体的な発売日が判明次第お伝えします。

スズキ新型ジムニー、スズキ新型ジムニーシエラの価格及びグレード

スズキ新型ジムニーの価格及びグレードが判明しました。

グレード価格特徴
XG1,555,200円(税込)ベースグレード
XL1,679,400円 (税込)ブレーキアシスト追加可能
XC1,841,400円 (税込)ブレーキアシスト追加可能
ツートーンカラー設定可能
  • ※MTモデルは-97,200円
  • ※ブレーキアシストは+42,120円
  • ※ツートーンカラーは+43,200円~64,800円

一方、スズキ新型ジムニーシエラの価格は以下の通りです。

グレード価格特徴
JL1,857,600円 (税込)ブレーキアシスト追加可能
JC2,019,600円 (税込)ブレーキアシスト追加可能
ツートーンカラー設定可能
  • ※MTモデルは-97,200円
  • ※ブレーキアシストは+42,120円
  • ※ツートーンカラーは+43,200円~64,800円

スポンサーリンク

スズキ新型ジムニー、スズキ新型ジムニーシエラの最新情報まとめ

  • デザインが判明
  • プラットフォームは独自路線だが、モノコックボディベース
  • トランスミッションは6AT/5MT
  • デュアルセンサーブレーキサポートが搭載
  • 全方位パッケージが搭載
  • 発売は2018年7月5日

出展:スズキ製品ページ

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする