スズキ新型ジムニーにフルモデルチェンジ デザイン・ラダーフレーム・エンジンは?

スポンサーリンク

スズキの軽自動車クロカンSUV、4代目となる新型ジムニーのフルモデルチェンジ情報です!

スズキは最近普通車のモデルチェンジを重視しているように見えます。

スイフトのフルモデルチェンジや、

日印欧戦略車であり、看板車の一つであるスイフト。ついにフルモ...

エスクードのビッグマイナーチェンジ情報もありましたね。

スズキエスクードのマイナーチェンジ情報です!

と思いきや、カプチーノの復活の噂も出てまいりました。

なんとカプチーノ復活の噂が出回り始めました。果たして……。...

次にフルモデルチェンジとなる軽自動車は、なんとジムニーのようです。

まずはジムニーの特徴について振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

スズキジムニーってどんな特徴の車?

ジムニーは、スズキが1970年からリリースしている軽自動車のオフロード四輪駆動車です。

2017年現在でなんと47年、2020年には50年続く超ロングセラーモデルです。

50年も続いている超ロングセラーモデルでありながら、なんとフルモデルチェンジはたったの3回しか行われていないモデルとなります。

クロスオーバースタイルのSUVは普通車だけでなく、軽自動車にも普及しているもののガチンコのオフロード軽自動車はジムニーしかありません。もちろん歴代パートタイム4WDのFRモデルです。

それ故に超熱狂的なファンが多数いるモデルでもあります。

この無骨くてかわいいデザインはジムニーしか出せないからこそ、たくさんのファンがジムニーを求めるのでしょうね。

初代ジムニー

初代ジムニーは買収元である”ホープ車”から権利を買い上げたものであり、社内中の反対を押し切って鈴木修社長の指揮のもと開発されました。

当初の鈴木修社長は現在のような名物社長ではなく、銀行上がりの”いけ好かない”タイプだったようで”車を理解していない社長の道楽”としか思われていなかったようです。

しかしながら商業車登録にすることで販売価格や維持費を抑え、デザインは無骨くひと目でオフロード車であることをひと目でわかるデザインを採用し商業的に大きな成功を収めることが出来ました。

この時から、鈴木修社長の先見性はあったのでしょうね。

初代モデルはビッグマイナーチェンジを3回行い、11年という長いモデル期間を経てフルモデルチェンジとなります。

2代目となる前期型ジムニーの特徴は?

2代目ジムニー

2代目モデルは1981年に発売されました。初代よりも快適性や操縦性をレベルアップしています。

また、ジムニーのアイデンティティである”丸いヘッドライト”、”縦のラジエーターグリル”が搭載されている点も特徴と言えるでしょう。

なんと2代目初期型までは2サイクルエンジンが搭載されており無骨さMAXでお届けされていました。中期型からは4サイクルターボエンジンが搭載され、現在まで引き継がれています。

2代目モデルは4回のビッグマイナーチェンジを経て、1981年から1998年となんと17年という長いモデルの後フルモデルチェンジとなります。

3代目となる現行型ジムニーの特徴は?

現行型ジムニー

現行モデルは1998年にリリースされました。2017年現在でなんと19年のモデルです。

これまでのアイデンティティである丸いヘッドライトや縦ラジエーターグリルは廃止され、目に見えて無骨ながら新しいジムニーへと変化しています。賛否両論です。

見た目以上にプラットフォームやフレームは大幅に変更されており、オフロードの圧倒的な走破力とオンロードの操縦安定性を手に入れることが出来ました。

基本的にジムニーのフルモデルチェンジは軽自動車の規格改定と同時に行われており、3代目モデルはこれまで以上に室内空間が広くなりました。

実用性が向上したことから、日本郵政向けの赤いジムニーも販売されています。豪雪地帯にはもってこいの軽自動車です。

現行型ジムニー

ジムニーはその独特な立ち位置から、主に豪雪地帯、そしてジムニーファンから愛されています。

スズキジムニーのサイズは?

全長3395mm、全幅1475mm、全高1680-1715mmです。重量は970kg-1000kgです。

重量はサイズ拡大や剛性強化によって重くなっているものの、エンジンがハイパワーであるため全く不都合はありません。

ただしサイズに対し室内空間は他トールワゴンに比べると狭いです。

これはジムニーのデメリットではあるポイントながら、そもそも室内空間を求めるユーザーはジムニーを選ばない為無問題でしょう。

スズキジムニーのエンジンは?

現行型ジムニー エンジン

エンジンは水冷直列3気筒 K6A型 4サイクル インタークーラー付きターボ 658ccが搭載されています。

インタークーラー付きターボであるため通常のコンパクトカークラスのパワーはあっという間に出すことが出来ますよ!

それでは、ジムニーのフルモデルチェンジの情報を見てみましょう。

スポンサーリンク

4代目のスズキ新型ジムニーのフルモデルチェンジ情報は?

少しずつ情報がリークされています。

1つずつ見てみましょう!

スズキ新型ジムニーがスパイショット!

新型ジムニー スパイショット 新型ジムニー スパイショット 新型ジムニー スパイショット 新型ジムニー スパイショット

欧州にてスパイショットがリークされています!

厚いカモフラージュがなされているものの、間違いなくジムニーのスクエア感、サイズです。

3ドアであることから、クロスオーバーのハスラーとも異なることがわかりますね。

ヘッドライトは引き続き丸目が採用されているのもナイスです。

また、欧州でスパイショットが撮影されていることを加味すると海外版ジムニー、国内向けジムニーの2種類が販売されることが予想されますね。

スズキ新型ジムニーのデザインがリーク!

新型ジムニー デザインリーク 新型ジムニー デザインリーク 新型ジムニー デザインリーク 新型ジムニー デザインリーク

新型ジムニー デザインリーク

以前スイフトスポーツや新型SX4がリークされた時と同様のCGがリークされています。

このリークは全て的中しており、十中八九このデザインでデビューすることとなるでしょう。

カラーバリエーションもツートンカラーの設定がされており、一見ポップなクロスオーバーSUVのように見えますね。

インテリアも無骨さが抜けて、より実用的でおしゃれなデザインとなっています。

スズキ新型ジムニーのレンダリングCGがリーク!

スズキ新型ジムニー レンダリングCG スズキ新型ジムニー レンダリングCG スズキ新型ジムニー レンダリングCG スズキ新型ジムニー レンダリングCG

スパイショットやリークCGを元に、レンダリングCGが作成されています。より鮮明な画像です。

良い意味で時代から逆行する直線的なデザインはこの時代だからこそ魅了するデザインとなりそうですね。

オシャレでありながら無骨な印象を持たせる素晴らしいデザインです。

スズキ新型ジムニーは世界中で販売

スズキ新型ジムニーは、日本だけでなく海外でも販売される計画があります。

特に主な市場は欧州をターゲットとしており、欧州向けには最も多彩のカラーバリエーションが提供される予定です。

日本向けには上記のレンダリングCGからフェンダーが外され、軽自動車規格で販売される予定です。

エンジンも軽自動車向けに変更される予定ですが、販売が好調であればジムニーシエラのように普通車モデルの販売もあるかもしれません。

スズキ新型ジムニーのトランスミッションやエンジンは?

現行型ジムニー エンジン

海外では1000ccの直3ターボエンジンが搭載されるようですが、軽自動車の区分となる国内では660cc直3ターボエンジンが搭載される予定です。

また、S-エネチャージによるマイルドハイブリッドも搭載され、燃費を追求したエンジンモデルも搭載されるでしょう!

トランスミッションは海外では6ATと5MTが搭載されるだろうとリークされています。

国内でも同様のトランスミッションが搭載されるでしょう。

スズキ新型ジムニーのナビはジェスチャー対応?

新型ジムニー デザインリーク

カーナビを中心としたインフォテイメントシステムは、手袋でも利用可能なようにジェスチャーコントロールにも対応する報道があります!

ジムニーはオフロード車ということもあり、豪雪地帯の需要が大きいことからその可能性は十分にありえるといえます。

海外向けのジムニーにおける報道であり国内向けにも対応するかは不明であるものの、共通のインフォテイメントシステムが導入されると考えられることから日本での導入も十分にありえるでしょう。

スズキ新型ジムニーのプラットフォームは独自路線

スズキハーテクト

スズキが現在採用している新型プラットフォーム、ハーテクトは非常に軽量です。

プラットフォームが軽量であるとスポーツ性能が向上、燃費が向上、操舵性が向上といいとこだらけです。

スポーディな味付けのコンパクトカーであれば軽量化は非常に大きなメリットであるものの、デメリットとしてボディ剛性がダウン・コーナリングの安定性が低下というデメリットがあります。

ジムニーはコンセプト上ボディ剛性の高さが求められる為、ジムニーのプラットフォームはラダーフレームを採用しボディ剛性が高く重量の重いオリジナルの路線を続けるとリークされています。

新しいプラットフォームを全面採用となるのか、はたまた現行のプラットフォームをチューニングしリフレッシュするのか現状は不明です。

スズキ新型ジムニーはデュアルセンサーブレーキサポートが搭載

スズキデュアルセンサーブレーキサポート

デュアルセンサーブレーキサポートはスズキの予防安全技術であり、複数のレーダーに加え単眼カメラで人、標識、障害物を判別します。

最先端の技術であり、様々な安全技術を割安で受けられる素晴らしいパッケージですよ!

デュアルセンサーブレーキサポートの機能は?

デュアルセンサーブレーキサポートには以下の機能が搭載されています。

前方に障害物や車がいる際、車内に警報を鳴らす前方衝突警報機能、

前方衝突注意警報

緊急時に前方との衝突被害を軽減するためにブレーキ性能を強化する前方衝突被害軽減ブレーキ機能、

前方衝突被害軽減ブレーキ機能

前方との衝突を回避・軽減する自動ブレーキ機能、

自動ブレーキ機能

前方に障害物があり、ペダルの踏み間違いを警告・ブレーキをかける誤発進抑制機能、

誤発進抑制機能

ウインカーなしで車線変更しようとするときに警告する車線逸脱警報機能、

車線逸脱警報機能

車のふらつきが多くなると警告するふらつき警報機能、

ふらつき警報機能

先行車が走った時、警告する先行車発進お知らせ機能、

先行車発進お知らせ機能

ハイビームを自動で切り替えて、夜間の視野を確保できるハイビームアシスト機能、

ハイビームアシスト機能

そして半自動運転技術とも言える、アダプティブクルーズコントロールです。

アダプティブクルーズコントロール

これらの技術は雨に非常に弱かったものの、スズキのデュアルセンサーブレーキサポートはワイパー圏内に全てのセンサーを収めてあるため、天候不順でもある程度利用可能です。

デュアルセンサーブレーキサポートセンサー

車種によってステアリング操作の追加やACCの削除といった調整があるものの、大抵の機能は搭載されると考えて間違いないでしょう。

スズキ新型ジムニーに全方位モニターパッケージも追加!

全方位モニターパッケージ

スイフトに初めて採用された、上から見下ろすようにモニターで確認出来る全方位モニターパッケージが追加されるでしょう!

オプションとはなると考えられますが、運転が苦手な人でも全方位モニターパッケージがあれば安心して駐車できますね。

スズキ新型ジムニーはALL GRIP搭載

現行型エスクード オールグリップ

スズキ新型ジムニーではALL GRIPと呼ばれるシステムが搭載されます。

ALL GRIPは車両の走行状態を各種センサーからによって監視し、挙動変化を予測するシステムです。

車両が不安定になる前に対処するフィードフォワード制御を行うことで優れた走行性能を実現しています。

ALL GRIPには燃費優先のAUTOモード、直進加速やコーナリングに重点を置いたSPORTモード、雪道に重点を置いたSNOWモード、どんな道でも踏破できるようにセッティングされたLOCKモードの4種類があります。

4WDでありながら燃費も両立でき、スポーツな運転も楽しめて、雪道やぬかるみも走り抜けるモードが扱える点もエスクードの強みと言えるでしょう。

ただしこちらは海外モデル限定の機能となるかもしれません。続報が入り次第お伝えします。

スズキ新型ジムニーの発表日・発売日

リークによると、お披露目は東京モーターショーでサプライズデビューが濃厚だと考えられていましたが、計画が変更されたのではないかと考えられています。

しかしながら2017年5月より湖西工場にて生産開始となる予定であることから、発売は2017年6月以降となるのではないかと考えられます。

スポンサーリンク

現在判明している4代目スズキ新型ジムニーのまとめ

  • デザインが判明
  • プラットフォームは独自路線
  • トランスミッションは6AT/5MT
  • デュアルセンサーブレーキサポートが搭載
  • 全方位パッケージが搭載
  • 発売は2018年6月
スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする