新型スイフトと呼ばれる、バレーノの全体像が公開されたようですね

スポンサーリンク

このライト……!スイフトを感じる……!!


以下引用

スズキは9月15日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー15において、新型コンパクトカーの『バレーノ』を初公開した。
バレーノは、スタイリッシュなデザイン、広い室内空間、新技術を調和させたスズキが考える理想のコンパクトカー。「リキッドフロー」をテーマにデザインした外観と、広い室内空間、高効率パワートレインを融合させ、新プラットフォームにパッケージングする。
さらに、デザインや実用性、操縦性、走行性、燃費というコンパクトカーに必要とされる要素を提供。大人でも十分ゆとりのある前後席空間とクラストップの荷室容量により、長距離移動の快適性を実現した。
また、バレーノは、燃費や操縦性、安定性を向上しながら、高レベルの安全性と快適性を達成した高剛性かつ軽量な新プラットフォームを採用。エンジンには、新開発1.0リットル直噴ターボ「ブースタージェット」をはじめ、1.2リットルの「デュアルジェット」、マイルドハイブリッドシステム「SHVS」を搭載した1.2リットル「デュアルジェット」の3種類を設定した。

ソース:レスポンス
画像はこちら。
944426.jpg
感じます。スイフトの目を。
感じます。スイフトの笑顔を。
……とか言いながら、スイフトは廃止します。これからはバレーノです☆(ゝω・)v だったら恥ずかしいのでこれは間違いなくスイフトだ!!!とは言いません。言いませんとも。
いい意味で、大衆車はいかつくない笑顔が似合います。
最近の車はいかつい笑顔という新ジャンルが出てきたから困る。まあかっこいいんですけどね!
バレーノの優れているポイントは、何と言ってもエンジン。
ダウンサイジングターボでガンガン攻めております。ガンガン。
1.0ターボはすごく楽しそうです。日本の税制にもちょうどいいですし。
ぜひとも、日本市場にも投入してもらいたい所ですね。