スズキ、国内にバレーノ発売へ。スペックが……日本には向いていない?

スポンサーリンク

以前の続報です。
スズキ、新型コンパクトカー「バレーノ」発売へ。

スズキは、2015年9月にインドのマルチ・スズキ・インディア社で生産を始めたBセグメントの5ドアコンパクトカーをグローバル展開。「閃光」という意味を込めた『バレーノ』を3月9日から順次発売し、新開発K10C型1リットル直噴ターボエンジンを搭載したモデルを5月13日から販売する。
バレーノは、昨年3月のジュネーブショー15に『iK-2』として出品されたモデルの市販版。インドでの販売を皮切りに、欧州を始めとした世界市場に投入されるコンパクトハッチバックで、「『スイフト』をはじめとするコンパクトカー開発のノウハウを駆使し、その価値を極限まで高めたモデル」(同社)という。
「バレーノが目指したのは、高いデザイン性、快適な居住性、優れた走行性能、先進の安全技術。魅力的なスタイリングに、ゆとりある室内スペースと荷室スペースを備えたパッケージング。新開発のターボエンジンと自然吸気エンジンを設定し、走行性能と燃費性能を両立。衝突被害軽減システムなどの安全技術も備えた」(同社)
グレードは1L直列4気筒エンジンを積むNAのXTと、1.2L3気筒直噴ターボエンジンを載せるXTの2種類(ともにFF)。燃費はNAのXGが24.6km/L(レギュラーガソリン使用)、ターボ車のXTが20km/L(無鉛プレミアム)。
新たなエンジン、Bセグ用新プラットフォームで、トヨタ『ヴィッツ』や日産『マーチ』といった競合ひしめくコンパクトカー市場にスズキが投入する『バレーノ』は、NAのXGが131万円~、ターボ車のXTが円149万8000円~。

ソース:レスポンス
画像はこちら。
1024867.jpg
1024871.jpg
1024850.jpg
個人的には、内装はかなりのデザインだと思っております。
なるほど確かに水が流れるようなインパネデザイン。
いつも思ってたけど、スズキの内装は良いデザインが多いと思います。
一方リアは良くも悪くも典型的なコンパクトカーです。
自己主張は弱いけどしっかりとまとまってますね。
フロントマスクはふとっちょスイフト的な
バレーノのボディサイズは以下の通りです。

ボディサイズは、全長3995×全幅1745×全高1470mm、ホイールベース2520mm。新開発プラットフォームの採用によって、コンパクトなボディサイズながら、ゆとりの室内長(1975mm)を確保している。

ソース:car view!
マルチスズキで生産しているだけあり、とてもインド向けのボディサイズ。
ちなみにインドでは、全長4000mmを超えると税金が跳ね上がります。
なので必然的に全長は3995mmまで縮められた車が主戦場となるわけですね。
加えて、インドでは横幅によって税制は上下しないようです。
だから全長や重量に対し横にでかいボディサイズとなったわけですね。
初代アクセラ的な
又、車重も大きな要因です。
重量が1t越えるとこれまた税金が跳ね上がります。
ですからこちらも、両グレードでしっかりと1tを切っております。
これは国内と同様ですね。
エンジンを見てみましょう。
インドではエンジンの排気量は1.2リッターが税制的に最も効率が良く、主戦場であるとのこと。
インドの小型車市場 < インド業界コラム/レポート

そのため、もっと低価格帯(約50〜100万円)で販売されている小型車(車長4メートル以下、エンジン容量1.2ℓ以下)が圧倒的支持を誇り、家庭用乗用車の売り上げの8割を占めている。さらに、前述の税制優遇措置において小型車にかかる税率が8%であるのに対して、エンジン容量が1.5ℓ以上となる中型・大型車となると税率はそれぞれ20%、24%と跳ね上がる。

バレーノはもちろん1.2リッターでかつ、ターボエンジン搭載。
実質的に、1.6リッター並のトルクがあるそうです。
インドにぴったりのエンジンですね。
一方国内の税制の場合、1.0リッター以降は1.5リッターまで同じ税額です。
国内に特化したエンジンとなると
5月にリリースされる新開発K10C型1リットル直噴ターボエンジンが最適解かもしれませんね。
ハイオクだったらあまり人気はでないかも。笑
なるほど確かにインドにおいて究極の小型車となるかもしれません。
スズキの開発の方々も自信ありげに言うわけです。
実際に、バレーノはあの伝説のインド版レクサスと名高いNEXAディーラーで飛ぶように売れている様子。
→スズキに投資してみようか?

 今後、日本で発表されたばかりの「イグニス」も投入される予定だが、現状はその2台しかなく、まず値引きを聞いてみたら、ターバンを巻いたセールスマンは「とんでもない…」という顔をしてノー。
「バレーノは今、6カ月待ちでこの店だけで先月425台売れましたから」と誇らしげにいう。

……はじめから日本向けに作ってないだけあって、インドでめっちゃ売れてる様子。
日本で6ヶ月待ちとなると、プリウスレベルの人気ということでしょうか?
すげえなあ。
しかしこのバレーノ、国内ではなかなか厳しそう。
インドにとって究極は、日本ではどっちつかずになってしまう。
小型車の選択肢を増やすためにとりあえずラインナップしたということでしょうか?
小型車販売台数を年間10万台を目指しているようですし。
スズキ、HV市場に参入 小型車年10万台販売意欲

都内で開かれた発表会見で鈴木俊宏社長は「今回の全面改良は小型車戦略を語る上で重要な位置付けになる」と語り、6月に中期経営計画で掲げた「小型車の国内年間販売10万台以上」の達成に意欲を見せた。

ちなみにこのバレーノ、国内年間6000台を目指すとのこと。
10万台を目指すポートフォリオとしてはかなり小さめですね。
元々あまり国内では期待していないのかもしれません。
日本でも主戦場の一つである小型SUVのエスクードですら
年間1200台を予定しているそうですしね。
スズキ・エスクード すでにレア物決定! 月100台の掘り出し物SUV
となるとあれかイグニスちゃんかイグニスちゃんに期待してるんだなあいつかわいいからなあ
まあマジメな話、国内10万台を達成するにはスイフト、ソリオ以外で
力のある小型車を作る必要があります。
ダウンサイジングターボか?マイルドハイブリッドか?
両方がグレード別に搭載される車種が出るかもしれませんね。
前回の東京モーターショーのコンセプトカーを見ると
イグニス以外はどうにも軽自動車っぽい。
実際出るかも正直怪しい。
もしかしたらサプライズ的にヨーロッパ向けモーターショーでも出すかもしれませんが……。
とりあえず、このイグニスで普通車コンパクトカーの新型ラッシュは一息という感じでしょうか?
一応、こんな隠し玉も用意してはありますけどね。
スズキのSX-4のビッグマイナーチェンジ型がスパイショットされたようですね
スズキのSX4クロスのビッグマイナーチェンジ版が流出したようですね

イタリア語で「閃光」を意味する「バレーノ」は、コンパクトカー市場においてキラリと光る存在になってほしいというスズキの願いが込められたモデルだ。

うっ……なんかそんなセダンがあったような……?
Kizashi……?うっ頭が

スポンサーリンク