スズキ新型スペーシアへフルモデルチェンジ!エンジン・発売日・価格は?

スポンサーリンク

スズキスペーシアってどんな特徴の車?

スズキスペーシアはスズキのスーパートールワゴン(軽ハイトワゴン)です。以前販売されていた”パレット”の後継車として2013年から発売が開始しているモデルとなります。

コンセプトや型式は共通であるものの、パレットからスペーシアへとネーミングが変更された理由は、コンパクトミニバンと呼べるほど室内が大幅に広がり燃費性能も向上していたため、車種名を変更し新たなブランドとして発表されました。

スズキ現行型スペーシア

(スズキスペーシア)

スズキ現行型スペーシアカスタム

(スズキスペーシアカスタム)

1226

スーパートールワゴンの条件は全高が高くスライドドアを採用しており、まるでミニバンのような室内空間を擁しています。

スペーシアの特徴は、スズキブランドにおける唯一のスーパートールワゴンとして販売されていることでしょう。

スーパートールワゴン市場は高価格帯であるにも関わらず、その利便性やデザインから非常に活性化しています。

その中で最も人気があるのがN-BOXですね。

ホンダのスライドドア付軽ハイトールワゴン、N-BOXのフルモ...

軽自動車で常にトップにいたスズキにとって、現在のスペーシアでは力不足の状態です。

ライバルより素晴らしい車へと生まれ変わるために今回のフルモデルチェンジとなるようですね。

スズキスペーシアのサイズは?

スズキスペーシアのサイズは、

  • 全長3395mm
  • 全幅1475mm
  • 全高1735-1740mm

となります。

重量は840-950kgと軽自動車にしては重いものの、スライドドアを装備するハイトールワゴンの中では非常に軽い部類となります。

ホイールベースは2425mmです。ライバルであるN-BOXには若干劣るものの、タントとはほぼ同等クラスであり、後部座席はCセグメントクラス以上に広いでしょう。

スズキスペーシアのエンジンは?

エンジンは直列3気筒660ccエンジンです。スズキの軽自動車にはすべて共通です。

重量があるためインタークーラーターボエンジンモデルも採用されているのはナイスですね。

出展:スズキ製品ページ

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする