スズキ新型スペーシアへフルモデルチェンジ!エンジン・発売日・価格は?

スポンサーリンク

スズキの軽ハイトワゴン、スペーシアのフルモデルチェンジの情報が入ってきました!

以前、スズキはモデル末期のスペーシアに新しい派生車種を追加しましたね。

ほとんど事前情報もありませんでしたが、サプライズ的にリリース...

モデル末期でありながら外観のみ変更した派生車種を追加した理由は、スペーシアカスタムではデザインの力強さにおいて力不足の状態が続いていたためでしょう。

今回のフルモデルチェンジでは、スペーシアカスタムのデザインを大きく変更することが主な変更点となるようです。

まずはスズキスペーシアについて、簡単に特徴を振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

スズキスペーシアってどんな特徴の車?

スズキスペーシアはスズキのスーパートールワゴン(軽ハイトワゴン)です。以前販売されていた”パレット”の後継車として2013年から発売が開始しているモデルとなります。

コンセプトや型式は共通であるものの、パレットからスペーシアへとネーミングが変更された理由は、コンパクトミニバンと呼べるほど室内が大幅に広がり燃費性能も向上していたため、車種名を変更し新たなブランドとして発表されました。

スズキ現行型スペーシア

(スズキスペーシア)

スズキ現行型スペーシアカスタム

(スズキスペーシアカスタム)

1226

スーパートールワゴンの条件は全高が高くスライドドアを採用しており、まるでミニバンのような室内空間を擁しています。

スペーシアの特徴は、スズキブランドにおける唯一のスーパートールワゴンとして販売されていることでしょう。

スーパートールワゴン市場は高価格帯であるにも関わらず、その利便性やデザインから非常に活性化しています。

その中で最も人気があるのがN-BOXですね。

ホンダのスライドドア付軽ハイトールワゴン、N-BOXのフルモ...

軽自動車で常にトップにいたスズキにとって、現在のスペーシアでは力不足の状態です。

ライバルより素晴らしい車へと生まれ変わるために今回のフルモデルチェンジとなるようですね。

スズキスペーシアのサイズは?

スズキスペーシアのサイズは、

  • 全長3395mm
  • 全幅1475mm
  • 全高1735-1740mm

となります。

重量は840-950kgと軽自動車にしては重いものの、スライドドアを装備するハイトールワゴンの中では非常に軽い部類となります。

ホイールベースは2425mmです。ライバルであるN-BOXには若干劣るものの、タントとはほぼ同等クラスであり、後部座席はCセグメントクラス以上に広いでしょう。

スズキスペーシアのエンジンは?

エンジンは直列3気筒660ccエンジンです。スズキの軽自動車にはすべて共通です。

重量があるためインタークーラーターボエンジンモデルも採用されているのはナイスですね。

それでは、フルモデルチェンジとなる新型スペーシアの情報を見てみましょう。

スポンサーリンク

スズキ新型スペーシアのフルモデルチェンジ情報

スズキ新型スペーシアのフルモデルチェンジについて、少しずつ情報がリークされています。

一つずつ情報を見てみましょう!

スズキ新型スペーシアのコンセプトカーがリリース

2017年10月に新型スペーシアのコンセプトカーがリリースされました。

スズキ新型スペーシアコンセプト(スズキスペーシアコンセプト)

スズキ新型スペーシアカスタムコンセプト

(スズキスペーシアカスタムコンセプト)

スペーシアのデザインは現行モデルを踏襲したデザインですね。

一方でスペーシアカスタムはスペーシアカスタムZ寄りのデザインへと変化するようです。

グリルが大きくなりLEDヘッドライトを装備し、各所にメッキ加飾が行われています。

ほとんど事前情報もありませんでしたが、サプライズ的にリリース...

スペーシアカスタムZはリリースされないことから、柔和な表情のノーマルモデルと押し出しの強いデザインのカスタムモデルの2種類がリリースされるのでしょう。

スズキ新型スペーシアの市販型デザイン

スズキのティザーサイトからスズキ新型スペーシアとスズキ新型スペーシアカスタムのデザインが発表されました。

スズキ新型スペーシアのデザイン画像 スズキ新型スペーシアカスタムのデザイン画像

コンセプトと寸分違わないデザインとしてリリースされるようです。カラーも非常に多用です。

スズキ新型スペーシアではカラーは下記の種類が搭載されます。

  • オフブルーメタリックホワイト2トーンルーフ
  • ツールグリーンパールメタリックブラック2トーンルーフ
  • チアフルピンクメタリックホワイト2トーンルーフ
  • ピュアホワイトパールブラック2トーンルーフ
  • オフブルーメタリック
  • ツールグリーンパールメタリック
  • チアフルピンクメタリック
  • ピュアホワイトパール
  • ブルーイッシュブラックパール3
  • フェニックスレッドパール
  • アーバンブラウンパールメタリック
  • シフォンアイボリーメタリック
  • シルキーシルバーメタリック
  • ブリスクブルーメタリック

スズキ新型スペーシアカスタムでは下記のカラーが搭載されます。

  • ブリスクブルーメタリックブラック2トーンルーフ
  • ピュアホワイトパールブラック2トーンルーフ
  • アクティブイエローブラック2トーンルーフ
  • フェニックスレッドパールブラック2トーンルーフ
  • ブレイブカーキパールブラック2トーンルーフ
  • ブリスクブルーメタリック
  • ツールグリーンパールメタリック
  • チアフルピンクメタリック
  • ピュアホワイトパール
  • ブルーイッシュブラックパール3
  • フェニックスレッドパール
  • ブレイブカーキパールブラックメタリック
  • シフォンアイボリーメタリック
  • シルキーシルバーメタリック
  • ブリスクブルーメタリック

スズキ新型スペーシアのインテリアはこちらです。

非常に広々としたインテリア空間ですね。

スズキ新型スペーシアのインテリア画像 スズキ新型スペーシアのインテリア画像

スズキ新型スペーシアは新型プラットフォームハーテクト採用

スズキハーテクト

スズキ新型スペーシアは新型アルトから順次採用されている超軽量かつ高剛性プラットフォームのハーテクトが採用されます。

プラットフォームが軽量だと運転走行性が向上、燃費が向上、操舵性が向上といいとこだらけのチューニングですよ!

軽自動車はエンジンが660cc未満と制約がある上、ハイトールワゴンは空気抵抗が受けやすい形状となっていますから、軽量化は絶対的なメリットですね!

リークによると100kg近い軽量化となるようです。

また、新規プラットフォーム採用に伴い室内空間にも手入れが行われます。

これまでN-BOXやタントといったライバルに一歩劣る室内空間でしたが、新規プラットフォーム採用によって室内空間が大幅に拡大します。

軽スーパートールワゴンにとって室内空間の広さは死活問題でしたから、この点における改善はナイスです。

更に乗り心地や静粛性にも改善が加えられます。

軽スーパートールワゴンは風の抵抗を受けやすく静粛性や乗り心地に問題がありましたが、これらを大幅に改善することができるでしょう。

現行型のスズキスペーシアは全てのモデルで生産調整

2017年8月末より現行型スペーシアカスタムの生産調整となり、一部グレードやカラーが選択できない状態となっていました。

2017年11月上旬において、現行型スペーシアカスタムZ、スペーシアも生産調整となり一部グレードやカラーが選択できません。

現行型スペーシアシリーズの購入を検討されている方はご注意ください。

スズキ新型スペーシアのエンジン

スズキ新型スペーシアのエンジンはSエネチャージを改良化させたマイルドハイブリッドエンジンが採用されます。

これまでのSエネチャージは発進時のアシストのみだったものの、バッテリー容量の拡大・技術の熟成によって一部EV走行も可能となります。

また、燃費は同ハイトワゴン最高クラスまで向上します。現行の30.6kmから33km近くまで向上すると考えられています。

一方でスペーシアカスタムにはワゴンRスティングレー同様に、Sエネチャージ+ターボエンジンが搭載されるでしょう。

燃費が良い上パワフルな運転が可能となるエンジンです。

軽自動車におけるハイトワゴンの火付け役といえるワゴンR。 ...

スズキ新型スペーシアはデュアルセンサーブレーキサポート搭載

スズキデュアルセンサーブレーキサポート

スズキ新型スペーシアにはデュアルセンサーブレーキサポートが搭載されます!

デュアルセンサーブレーキサポートはスズキの予防安全技術であり、複数のレーダーに加え単眼カメラで人、標識、障害物を判別します。

最先端の技術であり、様々な安全技術を割安で受けられる素晴らしいパッケージですよ!

デュアルセンサーブレーキサポートの機能一覧

デュアルセンサーブレーキサポートには以下の機能が搭載されています。

前方に障害物や車がいる際、車内に警報を鳴らす前方衝突警報機能、

前方衝突注意警報

緊急時に前方との衝突被害を軽減するためにブレーキ性能を強化する前方衝突被害軽減ブレーキ機能、

前方衝突被害軽減ブレーキ機能

前方との衝突を回避・軽減する自動ブレーキ機能、

自動ブレーキ機能

前方に障害物があり、ペダルの踏み間違いを警告・ブレーキをかける誤発進抑制機能、

誤発進抑制機能

ウインカーなしで車線変更しようとするときに警告する車線逸脱警報機能、

車線逸脱警報機能

車のふらつきが多くなると警告するふらつき警報機能、

ふらつき警報機能

先行車が走った時、警告する先行車発進お知らせ機能、

先行車発進お知らせ機能

ハイビームを自動で切り替えて、夜間の視野を確保できるハイビームアシスト機能、

ハイビームアシスト機能

そして半自動運転技術とも言える、アダプティブクルーズコントロールです。

アダプティブクルーズコントロール

これらの技術は雨に非常に弱かったものの、スズキのデュアルセンサーブレーキサポートはワイパー圏内に全てのセンサーを収めてあるため、天候不順でもある程度利用可能です。

デュアルセンサーブレーキサポートセンサー

更にスズキ新型スペーシアには後方にもセンサーが設置されることで後退時の衝突被害軽減ブレーキも追加されます。

スズキ新型スペーシアは全方位モニターパッケージ追加

全方位モニターパッケージ

スイフト以降順次搭載されている、上から見下ろすようにモニターで確認出来る全方位モニターパッケージが追加されるでしょう!

オプションとはなると考えられますが、運転が苦手な人でも全方位モニターパッケージがあれば安心して駐車できますね。

スズキ新型スペーシアの先進装備

スズキ新型スペーシアには先進装備には他にもスリムサーキュレーターが搭載されます。

エアコンの風が後部座席まで届く素晴らしい装備です。

スズキ新型スペーシアの先進装備の画像

他にも以下の先進技術が搭載されます。

  • 前方部の死角を確保できる前方位モニター用カメラ
  • 速度やナビをフロントガラスに投影するヘッドアップディスプレイ
  • パワースライドドアを閉めている間にロックを予約できるパワースライドドア予約ロック

スズキ新型スペーシアの先進装備の画像

細かいところまでに気の回るオプションですね。

スズキ新型スペーシアの発売日

スズキ新型スペーシアコンセプトは東京モーターショーで公開されました。

一方で現在リークされている発売時期は年末に間に合わせる予定で動いており、
2017年12月初めに発売となることが考えられています。

スズキ新型スペーシアの価格

スズキ新型スペーシアの価格は現在のところリークされておりません。

しかしながら歴代スペーシアはカスタムに限り値上げを行っていることや、
同クラスとの比較において価格を抑えめにしていることからノーマルモデルは大きな値上げはされないと考えられます。

ただしカスタムの上位グレードではSエネチャージ+ターボエンジンを採用することからある程度価格が上がるでしょう。

スポンサーリンク

スズキ新型スペーシアのフルモデルチェンジ情報まとめ

  • コンセプトモデルは東京モーターショーで公開
  • 新型プラットフォームのハーテクト採用
  • 新型Sエネチャージ、Sエネチャージ+ターボエンジン搭載
  • デュアルセンサーブレーキサポート搭載
  • 全方位モニターパッケージ搭載
  • 発売日は2017年12月予定
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする