スズキ新型スイフトスポーツへフルモデルチェンジ!前期型との違い・比較は?

スポンサーリンク

スズキスイフトのスポーツモデル、4代目新型スイフトスポーツのフルモデルチェンジ情報です!

2016年末に、新型のスイフトがリリースされました。

日印欧戦略車であり、看板車の一つであるスイフト。ついにフルモ...

この新型スイフトと同時に新型スイフトスポーツもリリースされるのではないか?とささやかれておりましたがリリースされませんでした。

しかしながら、スズキはしっかりと新型スイフトスポーツを用意しております。

それでは、まずはスイフトスポーツとはどういう特徴の車なのか、見てみましょう。

スポンサーリンク

スズキスイフトスポーツってどんな特徴の車?

スイフトスポーツは、スズキの世界戦略車であり基幹モデルのスイフトをスポーツモデルにチューンナップしたモデルです。スイスポと略されることもあります。

通常のスイフトに比べよりハイパワーなエンジンに加え、アグレッシブなデザインへと変更されており、スイフトスポーツ限定色の黄色が大人気のモデルです。

初代スイフトスポーツ

初代は共有ボディではあったものの、3ドア専用モデルでした。

コンパクトカーにありがちなスポーツモデルはエアロパーツの追加や若干の足回りの強化程度に留まるものの、スイフトスポーツは初代よりエンジンやシートも通常モデルとは変更されています。

本格的なコンパクトスポーツとしてリリースされており、スズキの中でも非常に挑戦的なモデルといえますね。

初代スイフトスポーツはコストダウンのためにグレードを減らし、初代はなんとATがなく5MTのみの徹底的に尖ったモデルでした。

価格はスイフトよりは高いものの、スポーツモデルとしての調整をしつつ他コンパクトカーと同クラスの価格にセーブしたことも人気を博した理由となります。

費用対効果がずば抜けて高い、スズキらしいスポーツモデルですね!

三代目スズキスイフトスポーツの特徴は?

最終モデルである3代目スイフトスポーツは2011年にデビューしたモデルで、2016年後半まで販売されました。

3代目スイフトスポーツ

現在は4代目スイフトのリリースと同時にラインナップから消滅しています。

3代目スイストスポーツでは、これまで変速機がオートマチックもしくはマニュアルだったものがCVTもしくはマニュアルへと変更されました。

CVTの採用は時代の流れに合わせた燃費と走行性能の両立が目的ですが、スイスポは歴代90%前後がMTが選ばれており3代目もCVTを選ぶユーザーは希少です。

3代目スイフトスポーツにおける最大の特徴としては、同クラスのコンパクトスポーツがダウンサイジングターボエンジンを採用する中、スズキだけは1600cc自然吸気エンジンに拘っていたことが上げられます。

モデル末期では、コンパクトスポーツモデルにおいて唯一の自然吸気モデルとなりました。

三代目スズキスイフトスポーツのサイズは?

全長3890mm、全幅1695mm、全高1510mm、車重1050-1070kgです。

スポーツモデルとまでは言えないものの、コンパクトで車重が軽く、自然吸気エンジンであることも相まって小回りが効いて俊敏な運転が可能で楽しい車です。

三代目スズキスイフトスポーツのエンジンは?

スズキ1600ccエンジン

エンジンは1600cc自然吸気エンジンです。

サブコンパクトカーのスポーツカーが次々とダウンサイジングターボエンジンを採用していく中、唯一自然吸気エンジンを採用しています。

ターボの独特なクセが嫌いなユーザーにとって、非常に良い選択肢となったことでしょう。

それでは、4代目スイフトスポーツとの違いを見てみましょう。

スポンサーリンク

スズキ新型スイフトスポーツの違い・比較

3代目と新型スイフトスポーツは何が違うのでしょうか?

一つずつ見てみましょう!

スズキ新型スイフトスポーツはデザインが変更

スズキ新型スイフトスポーツは、エクステリアデザインとインテリアデザインが変更されます。

スズキ新型スイフトスポーツ

エクステリアデザインはスイフトをベースとしていることは同じであるものの、これまで以上にアグレッシブなデザインとなり差別化されています。

インテリアも合理的かつスポーディであり、メーターも非常にかっこいいデザインとなっています。

スズキ新型スイフトスポーツは新プラットフォーム採用により軽量化!

スズキハーテクト

バレーノ以降順次採用されている新型超軽量プラットフォーム、HEARTECT(ハーテクト)が採用されます!

新型スイフトも同様に採用されているプラットフォームですね。

新型スイフトスポーツの新型プラットフォームの採用によって、重量は6MTで970kg、6ATで990kgとなり、先代スイフトスポーツに比べ70kgも軽量化に成功しています。

スズキ新型スイフトスポーツはサイズが拡大!

新規プラットフォームの採用に伴い、ホイールベースと全幅が拡大します。

3代目である前期型スイフトスポーツは全幅が1695mmで抑えられていましたが、1735mmまで拡大し、歴代初の3ナンバーとなります。

スズキ新型スイフトスポーツのエンジンは1.4Lブースタージェットエンジン採用!

スズキ1400ccブースタージェットエンジン

エンジンは1.4Lブースタージェットエンジンとなります。前期型は自然吸気1.6L直4エンジンでしたから大きな変更となります。

エンジンの詳細は以下のとおりです。

新型スイフトスポーツ前期型スイフトスポーツ
最高出力103kW(140PS)/5,500rpm100kW(136PS)/6900rpm
最大トルク230Nm/3,500rpm160Nm/4400rpm

最大出力は微増であるものの、最大トルクは大幅に強化されています。

最大トルクは自然吸気2200ccエンジンと同等クラスであり、ターボエンジンの最大のメリットですね!

燃費はMTが16.4km/L、ATが16.2km/Lとなります。

また、スポーツ性能を維持するため燃料はハイオク指定となります。

こちらは3代目と共通ですね。

スズキ新型スイフトスポーツは6AT&6MTを採用!

新型スズキスイフトスポーツ トランスミッション

スイフトスポーツは3代目で初めてCVTが採用されましたが、4代目スイフトスポーツは再び6ATが採用されるようです!

6ATの採用は燃費が若干落ちるものの、ダイレクトな運転かつスポーディな運転が楽しめるのが特徴です。

スポーツ性能が求められるスイフトスポーツにとって、6ATの採用はナイスな選択ですね。

もちろん歴代通り6MTも採用されます。

スイフトスポーツのユーザーは8割が6MTを選択するそうですから、こちらは外せませんね。

スズキ新型スイフトスポーツはデュアルセンサーブレーキサポートが拡張!

スズキデュアルセンサーブレーキサポート

こちらは3代目スイフトスポーツにはなかったオリジナルの追加機能です。

デュアルセンサーブレーキサポートはスズキの予防安全技術であり、複数のレーダー+単眼カメラで人、標識、障害物を判別します。

最先端の技術であり、様々な安全技術を割安で受けられる素晴らしいパッケージですよ!

更にスイフトスポーツには、デュアルセンサーブレーキサポートに新機能が追加され車線逸脱時自動的にステアリング操作し車線中央へと戻す”車線逸脱抑制機能”も追加されています!

デュアルセンサーブレーキサポートの機能は?

デュアルセンサーブレーキサポートには以下の機能が搭載されています。

前方に障害物や車がいる際、車内に警報を鳴らす前方衝突警報機能、

前方衝突注意警報

緊急時に前方との衝突被害を軽減するためにブレーキ性能を強化する前方衝突被害軽減ブレーキ機能、

前方衝突被害軽減ブレーキ機能

前方との衝突を回避・軽減する自動ブレーキ機能、

自動ブレーキ機能

前方に障害物があり、ペダルの踏み間違いを警告・ブレーキをかける誤発進抑制機能、

誤発進抑制機能

ウインカーなしで車線変更しようとするときに警告する車線逸脱警報機能、

車線逸脱警報機能

車のふらつきが多くなると警告するふらつき警報機能、

ふらつき警報機能

先行車が走った時、警告する先行車発進お知らせ機能、

先行車発進お知らせ機能

ハイビームを自動で切り替えて、夜間の視野を確保できるハイビームアシスト機能、

ハイビームアシスト機能

そして半自動運転技術とも言える、アダプティブクルーズコントロールです。

アダプティブクルーズコントロール

これらの技術は雨に非常に弱かったものの、スズキのデュアルセンサーブレーキサポートはワイパー圏内に全てのセンサーを収めてあるため、天候不順でもある程度利用可能です。

デュアルセンサーブレーキサポートセンサー

スズキ新型スイフトスポーツには全方位モニターパッケージも搭載!

全方位モニターパッケージ

こちらは3代目スイフトスポーツにはなかったオリジナルの追加機能です。

スイフトに採用された、全方位モニターパッケージが追加されます!スイフトスポーツは車幅が拡大しているため、素晴らしい配慮ですね!

新型スズキスイフトスポーツの価格は?

新型スズキスイフトスポーツの価格は以下の通りです。(税込価格)

6MT1,836,000円
6AT1,906,000円

セーフティパッケージ追加で86,400円

セーフティパッケージ+全方位モニターパッケージで144,720円

有料カラーで21,600円

3代目スイフトスポーツは以下の通りです。

6MT1,814,400円
6AT1,887,840円

比較すると約2万程度の値上げとなっています。

スポンサーリンク

新型スズキスイフトスポーツの比較まとめ

NA1.6Lから1.4Lターボエンジンに変更
馬力は136psから140psへ強化
ミッションはCVT+6MTから6ATと6MTへ変更

金額は約2万値上げ
新しいプラットフォームによって重量が70kg減少、サイズ拡大
デュアルセンサーブレーキサポート搭載
全方位モニターパッケージ搭載
スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする