スズキ、新型スイフトスポーツへフルモデルチェンジ!1.4Lターボ搭載へ!

スポンサーリンク

様々な場所でスイフトスポーツの噂が流されておりましたが、どうやらやはりリリースされるようです。

2016年末に、新型のスイフトがリリースされました。

スズキ、新型スイフト発表!リーズナブルで超高性能のテクノロジーを搭載!
日印欧戦略車であり、看板車の一つであるスイフト。ついにフルモデルチェンジとなりました。

この新型スイフトと同時に新型スイフトスポーツもリリースされるのではないか?とささやかれておりましたがリリースされなかったので、スイフトスポーツは廃盤となるのか?という噂もありました。

しかしながら、スズキはしっかりと新型スイフトスポーツを用意しております。欧州にてテストされているスイフトスポーツがスパイショットされていましたね。

次期型スイフトスポーツが欧州にてスパイショット!1.4リッターターボを搭載し2017年デビューか?
相変わらずマスキングだらけですが、次期型スイフトのスパイショットとは明らかに違うデザインであることがわかりますね。

上記にあるように、新型スイフトスポーツには後輪部にプロペラシャフトがあります。

ここから、4WDもリリースされるのではないかとささやかれています。

また、デザインが半年ほど前にリークされました。

新型スイフトのレンダリングCGが流出したようです
時期的にはそろそろ出てきてもおかしくない時期。 随分とハイペースで小型車へのシフトを目指していますね。

こちらは新型スイフトと言われておりましたが、スイフトとは違うデザインであったためスイフトスポーツである可能性があります。

それでは、現段階の噂やインタビューを見ていきましょう。

スポンサーリンク

スイフトスポーツってどんな車?

スイフトスポーツは、スズキの世界戦略車であり基幹モデルのスイフトをスポーツモデルにチューンナップしたモデルです。スイスポと略されることもあります。

通常のスイフトに比べよりハイパワーなエンジンに加え、アグレッシブなデザインへと変更されており、スイフトスポーツ限定色の黄色が大人気のモデルです。

初代は共有ボディではあったものの、3ドア専用モデルでした。

コンパクトカーにありがちなスポーツモデルはエアロパーツ程度の変更が多いものの、スイスポは歴代エンジンやシートも通常モデルとは変更されています。

本格的なコンパクトスポーツとしてリリースされており、スズキの中でも非常に挑戦的なモデルといえますね。

コストダウンのためにラインナップを減らし、初代はなんとATがなく5MTのみの徹底的に尖ったモデルでした。

価格はスイフトよりは高いものの、スポーツモデルでありながら他コンパクトカーと同クラスの価格にセーブしたことも人気を博した理由となります。

費用対効果がずば抜けて高い、スズキらしいスポーツモデルですね!

現行モデルは?

現行モデルである3代目スイフトスポーツは2011年にデビューしたモデルで、2016年後半まで販売されました。現在は4代目スイフトのリリースと同時にラインナップから消滅しています。

3代目スイストスポーツでは、これまで変速機がオートマチックもしくはマニュアルだったものがCVTもしくはマニュアルへと変更されました。

CVTの採用は時代の流れに合わせた燃費と走行性能の両立が目的ですが、スイスポは歴代90%前後がMTが選ばれており3代目もCVTを選ぶユーザーは希少です。

3代目スイフトスポーツにおける最大の特徴としては、同クラスのコンパクトスポーツがダウンサイジングターボエンジンを採用する中、スズキだけは1600cc自然吸気エンジンに拘っていたことが上げられます。

モデル末期では、コンパクトスポーツモデルにおいて唯一の自然吸気モデルとなりました。

サイズは?

全長3890mm、全幅1695mm、全高1510mm、車重1050-1070kgです。

コンパクト、車重が軽い、自然吸気エンジンであることも相まって小回りが効いて俊敏な運転が可能で楽しい車です。

エンジンは?

エンジンは1600cc自然吸気エンジンです。

サブコンパクトカーのスポーツカーが次々とダウンサイジングターボエンジンを採用していく中、唯一自然吸気エンジンを採用しています。

ターボの独特なクセが嫌いなユーザーにとって、非常に良い選択肢となったことでしょう。

それでは、4代目スイフトスポーツの情報を見てみましょう。

スポンサーリンク

4代目スイフトスポーツの情報は?

新型スイフトが発売される直前から、様々なリークが始まっています!

一つずつ見てみましょう!

開発者からのインタビューで存在が確定!

新型スイフトを開発責任者のインタビューがレスポンスに掲載されていました。

【スズキ スイフト 新型】 RStはターボ搭載、スイフトスポーツはどうなる?…開発責任者が明かした

新型スイフトの開発を担当した小堀昌雄チーフエンジニアに聞いたところ、「いま商品企画を進めています。皆様のご期待を超えるものになるようにしたいと思っています」とスイフトスポーツの存在を認めた。

先代のスイフトスポーツが1.6NAなので、1.5NA相当の1.0ターボでは不足と言われかねません」と話した。さらにパワーのあるエンジンが期待できそうだ。

以上のインタビューを見る限り、バレーノやスイフトに搭載されている1.0ターボは搭載されないことを示唆していると判断できます。

そうなると、欧州で主に展開されている1.4リッターターボエンジンが搭載されることになるのでしょう。

国内では、2017年7月に行われたラインナップの追加によって、新しく新設されたエスクードのみが同エンジンを採用しています。

スズキ、新型エスクードへマイナーチェンジ!国内向けに1.4Lターボを追加!
スズキ・エスクードの欧州マイナーチェンジと日本マイナーチェンジ情報です!

これまでのスイフトスポーツよりも更にスポーディなスイフトスポーツになりそうですね!

海外からデザインのリーク!

autoevolutionより、

新型スイフトスポーツは、お手軽ですばしっこい車となるでしょう。

これまでのスイフトスポーツ。それはホットハッチにしては力不足でしたが、日常使いでありながら、運転を楽しむユーザーには最適な車でした。

それに加え、数少ないコンパクトカースポーツグレードにおける自然吸気エンジンを採用した車でした。現在はダウンサイジングターボによって、大抵の車種がこの流れに沿った組み合わせとなりました。悲しいことに、最後まで残っていたスイフトスポーツもダウンサイジングターボが適用されることとなるでしょう。

ダウンサイジングによるメリットは大きいですーーートルクに対しCO2の排出量が減ることにより、税金が安くなるのですから。

そして、これまでのスイフトスポーツとは全く違う、別物となって再生するのです。

発表時期は2017年、フランクフルトモーターショーとなるでしょう。

suzuki-swift-sport-rendering-looks-like-the-perfect-affordable-hooning-machine-114184_1

以前このデザインのレンダリングCGがリークされたこともあり、4代目スイフトスポーツはこのデザインとなるのではないかと考えられています。

こちらの記事でも1.4Lターボエンジンが搭載されるのではないか?とされていますね。

新たなスパイショットも!

新たなスパイショットがフランスにて撮影されました!

スイフトの独特なフォルムでありながら、通常のスイフトスポーツと異なりマフラーが2本出しです。

間違いなくテスト中のスイフトスポーツですね。

重量のリークも!

car scoopより、

次世代スイフトスポーツ、870kg未満へ。

現在のスズキスイフトスポーツは正確に1,045kgであり、太りすぎとまでは言わないがホットハッチには少しバランスが悪い。しかしながら、次世代スイフトスポーツに対しCarThrottleは175kg落ちる可能性があるとし、870kgまで軽量化出来ると考えている。

組み合わせされるエンジンは1.4リッターターボエンジンであり、最大トルクは220Nmまで開放されるだろう。そうなれば、軽量化も含めるとこれまでで最も素早いスイフトスポーツが出来上がる。

なんと180kg近い減量が可能ではないか?という報道もあります!

実際に新型スイフトは新しいプラットフォームの採用によって大幅な軽量化に成功しており、最軽量グレードは3代目と比較して約140kgの減量化に成功しています。

870kgまで軽量化するのは難しいかもしれませんが、900kgを切る可能性は十分にありそうですね。

発売次期は2017年9月か?

2017年年末という噂がありましたが、口コミサイトによると2017年9月頃に発売というリークが入ってきました!

2017年11月に行われるフランクフルトモーターショーに正式発表が行われると考えられていましたから、相当前倒しとなりそうですね!

スポンサーリンク

現在噂されている4代目スイフトスポーツの情報をまとめると?

現在、以下の情報がリークされています。

4代目スイフトスポーツは2017年9月以降に発売
1.4リッターターボエンジンが搭載される
金額は200万前後、3代目モデルよりも若干高額になる?
新しいプラットフォームによって大幅に重量が減少。900kgを切るグレードも?

続報は追って追記します!

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?