スバル、新型XVをジュネーブモーターショーにてデビューへ!

スポンサーリンク

インプレッサから間髪をいれず、XVをリリースするようです。

スバルニュースリリースより、

スバル 2017年ジュネーブ国際モーターショーに新型「SUBARU XV」を出展

富士重工業は、スイスで開催される第87回ジュネーブ国際モーターショー(プレスデー:3月7日~8日/一般公開日:3月9日~19日)にて、新型「SUBARU XV」を世界初公開します。現地時間3月7日(火)11:00*より、スバルブースにて吉永泰之代表取締役社長がプレスカンファレンスを行います。

また、日本国内での新型SUBARU XVの先行予約受付を3月9日(木)より開始します。
スバルオフィシャルウェブサイトの専用ページでは、国内仕様の新型SUBARU XVに関する情報を随時配信する予定です。

2017_0123_1

考察

画像を大きくしたものはこちら。

sc0000

サイズはインプレッサのようなCセグメントをそのまま大きくしたようなスポーディなデザインですね。

リアウィンドウを寝かしてありますが、ルーフ自体はそこまで大きく寝かしてありません。

スバルの標語である、DINAMIC×SOLIDらしいデザインであるといえます。

グリル周りやフォグ周りは殆ど見えませんが、うすーく見えるヘッドライトはインプレッサのような鋭さが分かります。

逆に明るく見えるテールライト側はむしろ新型インプレッサ同様、横長に引き伸ばされてサイドビューからも見えるようになっていますね。

全体像から見ると、Aピラーからスラっとリアに向かって伸びるデザインはワゴンのような印象を受けるデザインです。

新型インプレッサとの比較

サイドビューから見る比較デザインはこちらです。

sc0000sc0001

サイド部分のプレスラインはほぼ共通ですね。印象的なヘコミ方をしています。

カモフラージュをとってみないとわかりませんが、全体的にインプレッサスポーツによく似たデザインとなっていますね。これがXVのよさでもあります。

2017ジュネーブモーターショーが開催される現地時間3/8(日本では3/9)には実車が公開され、国内でも見れるようになるでしょう。

こちらのページでは公式による続報を、以下のページではリーク情報を中心に掲載していこうと思います。

スバル、XVが正式発表!価格は上昇したものの魅力は健在!
インプレッサに引き続いて、どうやらインプレッサのクロスオーバーである新型XVもリリース直前のようです。
スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?