スバル、VIZIV-7コンセプトをワールドプレミア!新型トライベッカか?

スポンサーリンク

以前スパイショットされたトライベッカでしょうか?

スバルニュースリリースより、

「SUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPT」を2016年LAオートショーで世界初公開
富士重工業は本日、開催中の2016年LAオートショーにおいて、「SUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPT」を世界初公開しました。

SUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPT
SUBARU VIZIVシリーズは、スバルがお客様にお届けする安心で愉しいクルマづくりの将来ビジョンを具現化したコンセプトシリーズです。このSUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPTは、スバルラインアップ上最大となるボディスタイルで、将来のスバル多人数SUVを提示しています。3列シートの全座席においてゆとりある室内空間を提供するボディサイズとスバル共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC x SOLID”を採用し、2018年にスバルが北米市場に導入予定の3列ミッドサイズSUVのサイズ感を表現します。

2016_1118_1

これは恐らく……以前スパイショットされた、この車ですね。

スバル”トライベッカ”復活か!?3列シートのSUVがスパイショット!
2016/11/18 追記しましたSUVブームに先取りしていたスバル。時流がスバルに追いついたと同時に、稼ぐ力が世界最高の企業へと進...

比較対象とされていた車はCX-9やフォード:エクスプローラーであるから、アウトバック以上のサイズであることがわかっています。

画像

現在公開されている画像はこちら。

尚、内装は現在公開されておりません。

gallery_photo3

gallery_photo8

gallery_photo1

gallery_photo9

gallery_photo2

subaru-viziv-7-concept-11 subaru-viziv-7-concept-2016-la-auto-show-live-photos-04 subaru-viziv-7-concept-2016-la-auto-show-live-photos-01 subaru-viziv-7-concept-2016-la-auto-show-04

VIZIV7conceptのデザインもアウトバックのような、タフな印象を持たせる表情とフロントグリルです。サイズは限界まで大きくしているようですね。

また、ヘッドライトとフロントグリルを直線的なラインが入っています。青色のラインとメッキの二つがあるようですから、グレードやパワートレーンによって異なるのでしょうか?

現在の流行である流形なルーフではなく、むしろ直線的でソリッド感を強烈に印象づけるルーフとルーフレールです。これもスパイショットと共通デザインですね。

動画

現在公開されている動画はこちらです。

概要

3列シートSUVは、まずはVWがアトラスでリリースし、好評となりました。中型のSUVセグメントのための彼らの意図を発表するスバルの順番です。

スバルは、2014年にトライベッカを廃止して以来、この部門のSUVがありません。Vizivは「Innovation for Vision」を意味するViziv-7コンセプトと呼ばれています。 これこそが、次期型のトライベッカとなることでしょう。

サイズに関して言えば、 全長が204.7インチ(5.2m)、幅が79.9インチ(2m)、高さが72インチ(1.8m)と測定されます。

そのホイールベースは117.7インチ(3m)と測定され、Viziv-7は現在のアウトバックよりも約15インチ(38cm)長くなります

見た目の面では、Viziv-7のコンセプトは、フロントバンパーの代わりにホイールアーチの中に実際に組み込まれている印象的なフロントグリル、アグレッシブなヘッドライトと巨大なフォグライトを備えています。

カー&ドライバーによると、このコンセプトの生産版には、スバルが米国特許商標庁に最近登録した「Ascent」がではないかと考えられます。生産車はターボチャージャー付き4気筒エンジンを搭載した2018年初頭に米国で発売する可能性がありますが、オプションの3.6リットル6気筒ボクサーユニットもラインナップされる可能性があります。

このコンセプトについてもっと知るために、2016 LA自動車ショーの報道に注目してください。

というわけで、サイズは

全長5200mm×全幅2000mm×全高1800mmでありホイールベースは3000mmと相当のサイズです。

国内ではラインナップされなそうですね……。

詳細は追って追記します。