これからのスバルブランドのコンセプトデザインが発表されたようですね

スポンサーリンク

東京モーターショーに向けてSUVコンセプトが発表されました。


あまりモーターショーでお披露目しないスバル。
それが一気にお披露目となったので私もルンルン気分です。
とくに、コンセプトデザインは共通言語のデザインになることも少なくないので
とくに要注目ですね。

【東京モーターショー15】スバルブランドの未来像コンセプト「ヴィジヴ」が進化
富士重工業は、10月30日から11月8日まで一般公開される「第44回東京モーターショー2015」にて、スバル『ヴィジヴ フューチャー コンセプト』を世界初公開する。
ヴィジヴ フューチャー コンセプトは、スバルの安心で愉しいクルマづくりの将来ビジョンを具現化したSUVタイプのコンセプトモデル。アクティブに出かけたくなるデザイン・パッケージに加え、アイサイトを進化させた先にある自動運転技術やダウンサイジングターボとハイブリッドシステムを組み合わせたパワーユニットの採用など、スバルらしい安心で愉しいドライビングを実現する次世代技術を提案する。
デザインコンセプトは「スバル×アクティブライフ」。スバルのデザインフィロソフィー「DYNAMIC(躍動感)×SOLID(塊感)」を具現化し、安心と愉しさの価値が一目でわかり、アクティブにどこかへ出かけたくなるワクワク感あるデザインを表現した。
先進技術としては、スバル独自のステレオカメラ技術「アイサイト」の進化とV2X(車車間・路車間通信)やテレマティクスによるつながる技術を融合させ、「安心と愉しさ」の領域をさらに拡大。スバルらしい自動運転の実現に向けた要素技術を織り込んだ。
パワーユニットは、『XV ハイブリッド』で市場導入したシステムを全面進化させた次世代型ハイブリッドシステムを採用するとともに、『レヴォーグ』でスバルとして初採用したダウンサイジングターボをさらに進化させ搭載。スバルがこだわる走りの愉しさと燃費性能を高次元で両立している。
また、4WDでありながら、シングルモーターをリヤアクスル同軸上にコンパクトに配置することにより、プロペラシャフトを廃止。フラットなフロアを実現している。

ソース:レスポンス
画像はこちら。
956271.jpg
ものすっごい塊感。
これからのスバルデザインはこのようなテイストとなっていくようですね。
ヘキサゴングリルとアイラインを踏襲しつつ、直線的でがっしりしたメカメカしいデザインです。
猫も杓子もSUVの今、燃費や流行でフラットなデザインのSUVが多い中
塊感が強く、がっしりしたデザインのスバルは流行のSUVに比べ強烈に差別化しております。
SUVに特化しているというだけでなく、デザイン的にも特化することで
独自の強み、独自のブランドを強化してきたスバルらしいデザインですね。
そして、パワーユニットにはダウンサイジングターボも導入。
レヴォーグにも搭載された1.6Tエンジンのことでしょうか?
それともまた新しいエンジンを組み込むのかもしれません。
更に、ダウンサイジングターボに加えマイルドハイブリッドを搭載。
今までは一部の車種にしかマイルドハイブリッドを搭載させませんでしたが
これからはほとんどの車種に搭載されるかもしれませんね。
安全装置もアイサイトだけでなくトヨタと同様に、車車間・路車間通信により拡張されております。
……これ、まさかスバル以外とは車間通信できませんとかじゃないよね?笑
果たして、市販型はいつ、どの車種からこのコンセプトが反映されていくのか。
時期的に……インプレッサになるのでしょうかね?