スバル、自動運転車の試験許可をカリフォルニアで申請!アイサイトVer4には半自動運転車を開発へ!

スポンサーリンク

予防安全技術において先陣を切ったスバル。アイサイトVer4には遂に半自動運転技術が搭載されるかもしれません。

cnetより、

スバル、自動運転車の試験許可をカリフォルニア州で取得

スバル(富士重工業)がカリフォルニア州車両管理局(DMV)から自動運転技術の試験許可を取得したことが、米国時間2月9日までに明らかになった。同局のリストによると、これでスバルは、BMW、本田技研工業(ホンダ)、Waymo、NVIDIA、Delphiといった自動車メーカーやサプライヤーの仲間入りをしたことになる。現在、カリフォルニア州では全部で22のグループが、自動運転車を公道でテストする許可を得ている。

目下のところ、スバルは半自動運転の技術に本格的に乗り出してはいない。同社の「アイサイト」は、アクティブおよびパッシブな運転支援機能を組み合わせたもので、自動運転よりも安全性に重点を置いている。

スバルはいずれこうした機能に加えて、時速約65km以下で走行時の車線保持制御や自動発進停止に対応するシステムを導入する計画だ。また2020年までに、車線変更を自動化するシステムも実現したいと考えている。

スポンサーリンク

スバルの方針は”事故を減らすこと”

最近では日産が主力ミニバンであるセレナで半自動運転技術を搭載しリリースしましたね。

日産、プロパイロットを搭載した新型セレナを販売開始!金額は231万円~!
思った以上に安いです。日産の意気込みを感じますね。

しかしながらこれは技術においてスバルが劣っているというわけではなく、スバルの方針によるものです。

目下のところ、スバルは半自動運転の技術に本格的に乗り出してはいない。同社の「アイサイト」は、アクティブおよびパッシブな運転支援機能を組み合わせたもので、自動運転よりも安全性に重点を置いている。

スバルの方針は自動運転よりも予防安全であるのです。ですから、これまで開発してこなかった半自動運転車ですが遂に実験テストを開始するということですね。

スポンサーリンク

何の車種に搭載されるのか?

ソースによると2020年までにリリースするようです。

以前IRで告知されたフルモデルチェンジの展開によりますと……

スバルは2020年にかけて、主力車種の新型モデルを次々投入するようです

2017年は新型XVでしょうし、

スバル、XVが正式発表!価格は上昇したものの魅力は健在!
インプレッサに引き続いて、どうやらインプレッサのクロスオーバーである新型XVもリリース直前のようです。

2018年以降は不明ですが、一つはVIZIVコンセプトですね。

タイミング的にはフォレスターのFMCがありそうです。

スバルは2020年にかけて、主力車種の新型モデルを次々投入するようです

2019年には新開発ダウンサイジングターボを搭載するとのことですから、こちらに合わせる可能性が高いと考えられます。

ダウンサイジングターボを搭載するとしたら、新型レヴォーグからとなるかもしれませんね。

詳細はおって追記します。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?