富士重工は2017年4月からSUBARU株式会社へと、社名が正式に変わるようです

スポンサーリンク

本日の株主決議にて決定したみたいですね。


2016021903392390c.jpg
以前お伝えしました、SUBARUの社名変更の続報となります。

「株式会社SUBARU」への社名変更が正式決定
~第85期定時株主総会にて承認~
富士重工業株式会社は、本日、第85期定時株主総会を開催し、同総会において第2号議案として付議していた「定款一部変更の件(商号の変更)」が承認されました。これにより、2017年4月1日をもちまして、社名を「株式会社SUBARU」(英文表記:SUBARU CORPORATION)に変更します。
当社は、1917年に創設された飛行機研究所(後の中島飛行機株式会社)を源流とし、幾多の変遷を経て1953年に現在の富士重工業株式会社として設立されました。その後、1958年発売の軽自動車 スバル360に端を発するスバルブランドの自動車事業を中心に、航空宇宙、産業機器などの各事業を発展させてきました。
創業100周年の節目に、社名とブランド名の統一を実施することにより、現在取り組んでいる“スバルブランドを磨く”ことをさらに加速させ、スバルを自動車と航空宇宙事業における魅力あるグローバルブランドとして成長させていきます。
このたびの社名変更を契機として、従来にも増して、経営理念である「“お客様第一”を基軸に『存在感と魅力ある企業』を目指す」ことに取り組み、長年培ってきた「安心と愉しさ」という固有の価値をお客様に提供し続けることで、さらなる持続的成長を目指してまいります。
【ご参考】
・SUBARU(スバル)の由来
スバルは別名「六連星(むつらぼし)」とも呼ばれる星団の名前で、純粋な日本語です。
自動車の名前に和名を使ったのはスバルが最初です。富士重工業が中島飛行機の流れをくむ5社の資本出資によって設立されたことに因んで名付けられました。

富士重工ニュースリリースより
SUBARUのエンブレムである六連星にはこのような意図があったんですね。
Audiのエンブレムの哲学も4社が一体となって……といった意味でしたね。
・富士重工業株式会社 設立までの変遷

1917年  中島知久平、飛行機研究所を創設
1918年  中島飛行機製作所と改称(1931年に 中島飛行機株式会社 に改称)
1945年  富士産業株式会社と改称、航空機製造から民需産業への転換図る
1950年  富士産業(株)は企業再建整備法に基づき、富士工業(株)、富士自動車工業(株)、宇都宮車両(株)など12社に分割
1953年  富士工業(株)など5社の資本出資により、富士重工業株式会社 設立(1955年に 5社を吸収合併)

富士重工も恐らくはそうだろうと思いましたが
源流である中島飛行機製作所は軍需産業からの転換なんですねえ。
富士重工は現在、国内でも圧倒的に勢いのある企業です。
SUBARUは前回の決算にて、営業利益率を13.6%を記録。
この数字は、Audi、BMW、メルセデスといったドイツ御三家の高級車達を軒並み抜いた数字です。
自動車産業では前人未到の営業利益率ではないのでしょうか。
SUBARU自身、ここまで利益率が上昇するとは思わなかったことでしょう。
それだけ高く評価されているわけです。

そのノリに乗っている富士重工。
先日、レヴォーグのSTIを正式リリースしましたね。

2016年の決算では、なんと国内向けの在庫はたったの97台。
工場の生産能力に限界が来ていて、需要に追いついていけないほどの人気です。

IRを見ると、これから4年間かけて一斉にFMCして新たなデザイン、新たなアーキテクチャへと
変化させていくSUBARU。

その一番槍として、インプレッサがデビュー間近です。

これから2020年にかけて、FMCを続ける富士重工もといSUBARUが
どう変化していくのか期待ですね。