【噂】新型スバルBRZ、ダウンサイジングターボを搭載し2019にデビュー?

スポンサーリンク

遂にBRZも潮流に乗ってダウンサイジングターボを搭載するのでしょうか。

spyder7の記事より

スバルはこの7月、2ドア・スペシャリティクーペ『BRZ』に改良新型を投入したばかりだが、海外から次世代型に関するレンダリング・スケッチとリポートが入ってきた。

ヘッドライトは、現行の丸みを帯びた形状から、シャープに釣り上がるスピード感のある形状へと変更され、表情は一変する。勿論、確定情報ではないが、フロントエンドが大刷新されることは間違いないだろう。

心臓部には、欧州で主流となっている、ダウンサイジング・ターボが予想され、スバル独自で開発する1.5リットルダウンサイジングターボ+ハイブリッドを組み合わせた、次世代パワーユニットが有力だ。

また、次世代型では「STI」モデルのラインナップも確実視されている。

ワールドプレミアはズバリ、2019年東京モーターショーと予想する。

画像はこちら。

6872

ハイブリッドとスポーツって相性はどうなのでしょうか。

バッテリーの重量や、切り替えのタイムラグが好かれないのかなあ……と思っていましたが、改善されたのか、私が思っている以上にラグは存在しないのでしょうか。

この青いレンダリングイラストは、以前インプレッサでもありましたね。

新型インプレッサのレンダリングイラスト流出したようです
このレスポンスの取材力。 レスポンスは車業界の週刊文春やでー

以前のリーク情報では1.6リッターターボエンジンが搭載されるのでは?という情報もありましたが、それは叶わなかったようです。

以前、2019年にダウンサイジングターボをリリースする、という報道が吉永社長からありましたね。

スバルは2020年にかけて、主力車種の新型モデルを次々投入するようです

たしかにダウンサイジングターボをインプレッサに搭載されないとなれば、最も考えられるのはBRZかもしれません。

デザイン等は一切不明ですが、パワートレインに限って言えばなかなか信ぴょう性はあるのではないのでしょうか。