スバルの新型インプレッサスポーツ&セダン、なんと市販型がニューヨークモーターショーでデビュー!

スポンサーリンク

ちょっと前にコンセプトが出たと思ったら
もう市販型の公開です。はえー!


新型インプレッサシリーズの記事一覧です。
インプレッサスポーツのスパイショット→新型インプレッサ!スパイショット流出!
XVのスパイショット→スバルの新型XVがスパイショットされたようですね
インプレッサスポーツのコンセプトカー→次期インプレッサは16年末のようですね
インプレッサセダンのコンセプトカー→インプレッサセダンもスパイショット流出!これでインプレッサシリーズは全部スパイショットされました。
XVのコンセプトカー→新型XVのコンセプトカーが出展されたようですね

スバル、新型「インプレッサ」の発表を予告! ティーザー画像を公開
富士重工業は、3月23日に開幕するニューヨーク国際自動車ショーにおいて、新型「インプレッサ」を世界初公開すると発表した。
5代目となる新型インプレッサは、富士重工業が2014年に発表した中期経営ビジョン「際立とう2020」の中で、次世代モデルの第一弾として位置づける戦略車。今後、スバルの全車種に使われる新開発のプラットフォームを採用する最初の市販モデルでもある。
実車の発表に先駈け、予告として公開された1枚のティーザー画像では、フロント・エンドの一部が明らかになっている。ヘッドライト下辺に合わせて彫り込まれたバンパーの造形や、フロント下端のスポーティなリップスポイラー、強調されたホイールアーチ、「レヴォーグ」や「WRX」でも採用されているグリルをバンパーと一体化したノーズコーンなど、昨年秋の東京モーターショー 2015に出展された「インプレッサ 5ドアコンセプト」との共通点が見られる。だが、ヘッドライト・ユニットは未来的なコンセプトカーとは大きく異なり、オーソドックスなランプと反射板を組み合わせたものになるようだ。六角形のメッシュが張られたフロント・グリルには縁取りがなく、これまでと違うスバルの新しい顔を予感させる。
中身はスバルの伝統通り、水平対向エンジンや「シンメトリカルAWD」と呼ばれる4輪駆動システムが搭載されるはずだ。注目の新プラットフォームは、富士重工によれば性能だけでなく、感性に響く質の高い走り、「動的質感」を高級欧州車並みに高めたと謳っているので、期待する価値は十分にありそうだ。

ソース:autoblog
画像はこちら。
1027190.jpg
ひゅーっ!
スバル特有のホークアイヘッドライト!
ギラッとした力強さとキリッとした切れ長な鋭さです。かっこいい。
現行よりもより鋭さが増したように見えます。
真正面じゃないとよく見えませんが……。
こちらから、ティザー動画も見ることが出来ます。
改めて見るとコンセプトカーは能面のような雰囲気ですね。
目が鋭く、ニヤっとしております。3台目っぽい。
動いているところを見ると雰囲気が変わりますね。

六角形のメッシュが張られたフロント・グリルには縁取りがなく、これまでと違うスバルの新しい顔を予感させる。

たしかに!気づかなかった!
コンセプトカーはどうだっけっかな……。
981060.jpg
ん?
966881.jpg
あれ……?
Subaru-XV-Concept-10.jpg
縁取りあるじゃねーかww
コンセプトカーを見る限りインプレッサとXVは別物のような
デザインとなっているのでXVは敢えて縁取りをしっかりし
インプレッサは縁取りをなくすのかもしれませんね。
確かに縁取りやアンダーガーニッシュがメッキのSUVってタフっぽいし。
一歩間違えるとアレですが
今回のインプレッサは、新しいプラットフォームが与えられる初めての車種で
次世代モデル第一弾として、とても力を入れている車種でしょう。
グリルデザインすらも変わるので、名前やセグメントは同じでも
全くの別車種で、インプレッサのDNAを受け継いだ新しい車だととれます。
どういったデザインでリリースされるのか、全貌は
現地時間3月23日の12時20分、日本時間では3月24日の深夜1時20分みたいです!
後2週間程!楽しみですね!